Search

検索したいワードを入力してください

協定書には印紙が必要なのか・締結の流れ・例文・契約書との違い

更新日:2022年06月28日

みなさんは、「協定書」という書面をご存知でしょうか。また、活用したことはあるでしょうか。協定書には印紙は必要なのでしょうか。締結までのながれはどのようなものなのでしょうか。みなさんの協定書がスムースに作れるように、ご紹介します。

協定書の解除方法が気になるという方も多くいらっしゃるのでは、ないでしょうか。

協定書の解除方法は、とてもかんたんです。協定を解除するという、内容の書面が、残りの協定者に届けば、その効果が発揮されます。

つまり、いつでも協定書は不履行にすることができるということです。だからといって、簡単に協定書を締結してはいけませんが、この情報を知っておくだけで、心が軽くなることは確かです。

協定書は慎重に

協定書は、専門家に依頼しなくても自分たちでも作ることが可能な書類です。そして今しがたご紹介しましたとおり、いつでも協定を破棄できる書類でもあります。

法的な効力も薄く、強制力もほとんどありません。しかし、安易に協定書にサインをしてはいけません。

しっかりと内容を精査し、作成の際にも、不信な点は無いかよく調べてください。そうしないと、ご自身にとって、不利な状態になる可能性もあります。

協定書を作成する場合は、よく注意して、安易にサインをしないように気をつけてください。

協定書の乱用はやめよう

協定書の乱用はいけません。

「どのような場合でも、協定書を作っておけば、安心。」という訳でもありません。本当に必要な際などに、徹底的にしらべて、しっかりと内容を確認しながら作りましょう。

また、協定書であれば収入印紙も、必要ない場合もあります。しかし所轄の税務署でないと、正確な判断はしてもらえませんので、心配な場合は、専門家などに作成してもらうか、ご自身で作成されたあとに、所轄の税務署に持参して、調べてもらいましょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests