Search

検索したいワードを入力してください

会社宛ての封筒の書き方と注意点|宛名の書き方4つ

初回公開日:2018年01月01日

更新日:2020年05月27日

記載されている内容は2018年01月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会社宛に封書を出すときには、いろいろなルールがあります。宛名の下につける「御中」っていったい何?手紙を出す相手の名前がわからないときはどうするの?今回は、こういった疑問にお答えして、会社宛に出す封書の宛名の書き方について紹介します。

封筒の書き方

会社宛ての封筒の書き方と注意点|宛名の書き方4つ
※画像はイメージです

就活で履歴書を郵送したいけど、封筒の宛先の書き方がわからない。あるいは、仕事上の取引先に対して失礼にならない書式が分からない、などと困ったことはありませんか。

会社宛に送るのであれば、「御中」を使用したり、個人宛に送るのであれば、「様」を使用するなど封筒の書き方にはさまざまなマナーがあります。

今回は、そんな封筒の宛名の書き方を、書体や宛先ごとにご紹介します。

会社宛てと個人宛て

取引先へ手紙を出す場合、会社宛なのか、会社所属の個人担当者様宛なのかによって封筒の宛先の書き方は変わってきます。

会社宛であれば、「御中」を使用して、会社の中の誰かに宛てて手紙を出すのであれば、「様」や「殿」などを用いて封筒を書くようにしましょう。会社宛に封筒を書く際に、「御中」と「様」を一緒に使用するのは誤った書き方ですので、注意しましょう。

会社宛と個人宛の封筒の書き方を知っておけば、いざという時に困りません。

会社宛ての封筒の書き方

会社宛の場合、会社名の後に「様」と付けている手紙は、間違った書き方をしています。「御中」と「様」には、明確な使い分けのルールが存在しています。

「御中」は、会社宛てで封筒を送る際に使用する言葉ですので、会社宛ての封筒であれば、「御中」と記載するようにしましょう。

個人宛ての封筒の書き方

会社宛ではなく、会社の中の個人に宛てて封筒を出す場合には、「様」や「殿」といった言葉を使用しましょう。

担当者の苗字のみわかる場合の書き方としては、宛名に苗字だけ・所属部署だけを書いても問題ありません。宛名とは、手紙を出したい相手を特定するための物です。単に名前がわからないから宛名に名前を書かないという事は失礼には当たりません。

また、名前がわからない場合は、肩書きまで書いておけば問題ありません。

会社宛ての封筒の宛名4種類

会社宛ての封筒の書き方と注意点|宛名の書き方4つ
※画像はイメージです

会社宛の封筒を記載する時の書き方として、「様」だけでなく、「御中」や「殿」、「行」などさまざまな宛名が存在します。

プライベートで封筒を送るのであれば、多少間違えたとしても問題はありませんが、会社宛に封筒を送るのであれば、正しい書き方で封筒を書くようにしましょう。

会社宛ての封筒の宛名の使い分けについてご紹介します。

会社名の書き方

会社や他の団体宛に手紙を出すときは、宛名の最後に「御中」と付ける必要があります。

宛名の会社名は、(株)や(有)のように省略せずに、株式会社および有限会社と書くのが正しい書き方です。

例外として、相手の会社名が長い場合にどうしてもスペースに入りきらず、会社名を二行で書く必要のある時には(株)や(有)という表現を用いることができます。

部署名の書き方

宛名に部署を付記する場合、住所と会社名を記載した後に部署名を記載するようにしましょう。

また、担当部署宛に送る場合、先方の部署名の下のみに「御中」と付けます。

ただし、手紙を読んで欲しい人が特定できている場合は相手の名前の下に「様」を付けるだけで構いません。会社宛だからといって御中を付ける必要はないので、注意しましょう。

会社の個人名の書き方

会社の個人名の書き方としては、宛名に会社名や部署名を書いた後、行を変えて文字下げをして役職→氏名→様の順に書きます。会社名と部署名が一行に収まらない場合、切りのいいところで改行しても構いません。

相手の役職・肩書きがわかっている時の書き方は、文字数によって変わります。役職名の文字数が4文字以下なら、相手の名前の上に小さめの字で書きましょう。また、役職名が5文字以上なら、名前の右に小さめの文字で書きます。

「〇〇行き」

「行き」は返信用封筒などで自分宛に送ってもらう文書の時、へりくだった意味で宛名の最後に小さく付けます。

初めから封筒に「様」や「御中」などと書いて送るのは、相手に尊大な態度をとったと見なされ、失礼に当たりますので、自社名には、へりくだった表現の「行」を用いるようにしましょう。

「〇〇御中」

御中という言葉には、「この宛名の中にいるどなたか担当者様へ」という意味があります。

つまり、御中は「宛先の会社の誰に読んでもらうか決まっていない手紙」を出す際に用いる必要があります。

「御中」という言葉が耳慣れないため、会社宛であっても「様」と付けたくなってしまう場合もありますが、しっかりと使い分ける事が大切です。

Latests