Search

検索したいワードを入力してください

会社宛ての封筒の書き方と注意点|宛名の書き方4つ

更新日:2020年05月27日

会社宛に封書を出すときには、いろいろなルールがあります。宛名の下につける「御中」っていったい何?手紙を出す相手の名前がわからないときはどうするの?今回は、こういった疑問にお答えして、会社宛に出す封書の宛名の書き方について紹介します。

「〇〇様」

「御中」は、会社宛や学校などの組織・団体に文章を送る時に使用する言葉です。会社内の特定の個人に宛てた手紙を送るのであれば、「御中」ではなく、「様」を用いるようにしましょう。

また、部長や課長などの役職名には、その役職名自体に敬称が含まれているので、役職には「様」をつけません。先に役職名を書き、名前の後に様を付けることが正しい書き方です。

「〇〇殿」

「殿」という言葉は、目上の人が目下の人に対して使用する言葉となりますので、目上の人に宛てて使用するのは不適切です。

公用文などであったとしても、「様」が用いられることが多いですので、「殿」か「様」か迷った場合には、「様」を使用しておくと無難です。

また、宛名に役職名を記入する際は「様」より「殿」を使う方が良いとされる場合もあります。

履歴書を書こうとしている人におすすめのサービス

会社宛に封筒を書こうとしている人の中には、履歴書の送り方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

履歴書を送る前に、リクルートエージェントで添削してもらうことをおすすめします。

履歴書は、書類選考で大事になりますので、履歴書を客観的に見てもらい、添削してもらうことで、書類選考が有利になります。

封筒の種類別の書き方と注意点

封筒には、縦書きの封筒と横書きの封筒がありますが、封筒の種類によって書き方や注意点が異なります。

例えば、縦書きの封筒であれば、切手は封筒の左上に貼るのが正しいのですが、横書きの封筒であれば、切手を右上に貼ります。

切手の場所1つであっても、間違えてしまうと相手に失礼になります。封筒の種類別の書き方と注意点についてご紹介します。

縦書きの書き方と注意点

縦書きの封筒の場合、切手は封筒の左上に貼ります。

宛先の住所は郵便番号枠の右端のラインに揃えて、上から一文字分下げたところから書き始めます。

自分の住所・会社名・部署名・名前を封筒裏面の左側に書きます。本来は封筒の中央に書くのが正しいのですが、近年の封筒には左側に郵便番号の欄が印刷されている封筒が多いため、左側に書くのが一般的です。

横書きの書き方と注意点

お得意様や取引先に気兼ねのない文章にしたいときや、連絡事項の伝達を行うときは横書きの洋封筒を用いることもできます。

横書き封筒の場合は、切手を右上に貼ります。間違える方が多いので注意しましょう。住所は、会社名の次に部署名の順番に書きます。

住所の書き始めが端により過ぎないよう、左端から2文字くらいのスペースを空けたところから書き始めるようにしましょう。

数字の書き方と注意点

番地などの数字は、マナーとして漢数字で書きましょう。ビル名や階数も忘れずに書くようにします。

また、数字が二ケタになる場合は、「二十四」と記載するのではなく、「二四」と「十」を略して記載するようにします。

友達同士の手紙であれば、そこまで注意する必要はありませんが、正式な書類を書く時や目上の人に宛てて記載する場合には、マナーを守って記載するほうが良いでしょう。

ビジネスで使える封筒の書き方を理解しよう

今回は、手紙を封筒で出す際の宛名の書き方をご紹介しました。今まで自分が間違ったやり方をしてきたと気づかれた方も多いのではないでしょうか。

面接などで身だしなみが重要とされるように、手紙を出すときには宛名の書き方が非常に大事になってきます。

宛名の書き方が間違っていることは、スーツのネクタイが曲がっているくらい恥ずべきことですので、ビジネスで使える封筒の書き方は把握しておくようにしましょう。

会社宛てと個人宛ての違いを理解しよう

ビジネスや個人でのやり取りでも、宛名の書き間違い一つだけで相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。

内容がどれだけ魅力的なものでも、宛名が間違っていれば読まれないこともあるほどです。これから良い関係を築こうとしている相手に対して、自分の評価を下げてしまうのは非常に勿体ないです。

手紙を出す際は、会社宛と個人宛の違いなど気を付けるべきマナーをしっかりと調べてから宛名を書くようにしましょう。

初回公開日:2018年01月01日

記載されている内容は2018年01月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests