Search

検索したいワードを入力してください

夏のオフィスカジュアル|例/羽織/マナー

更新日:2020年08月20日

印象を左右するオフィスでの服装。夏のオフィスカジュアルでどんな服を着たらいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。ここではNGポイントや具体的なコーディネートをご紹介します。夏のオフィスカジュアルで悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

夏のオフィスカジュアルの正解って?

オフィスカジュアルでは、少しかっちりとしたシンプルな服装が基本です。今回は、夏のオフィスカジュアルにおける「これだけは注意したい」というNGポイントと、具体的なコディネートをご紹介します。オフィスでの服装はとても重要で、選択を間違えば常識がないと思われかねません。しかし、オフィスカジュアルには明確な正解がなく、各企業によって基準がまちまちなのが現状です。

ただ、一般的に「こういった服装はオフィスには不向き」といった、NGなスタイルがあり、それさえ気を付ければ、常識がないと思われるようなことにはならないので、あまり不安になる必要はありません。ようやく会社にも慣れて少しはおしゃれを楽しみたいという人や、季節が変わってまたオフィスでの服装に悩んでいるという人はぜひ参考にしてください。

仕事においても印象というのは大切です。暑い夏は、どうしても服装がゆるくなってしまいそうになりますが、オフィスではきちんと節度あるファッションを心がけると印象もよくなります。

夏のオフィスカジュアルのコーディネート例

夏のオフィスカジュアルでは、少しかっちりとしたシンプルな服装を心がけましょう。各アイテムの色は、基本的にベーシックなものを選ぶようにします。ここでは、こんなアイテムや色がといった具体的な例をご紹介しますので、まずは実際のコーディネートのイメージを掴んでください。

メンズのコーディネート例

メンズのオフィスカジュアルは、ビジネスカジュアルとも言われます。メンズのオフィスカジュアルでは、スーツのように上下セットでの着こなしではなく、基本的に上下別の色で組み合わせます。最近はクールビスが取り入れられており、夏場は「ノージャケット、ノーネクタイ」というスタイルも一般的になりつつあります。

コディネートとしては、紺やグレー、ベージュなどベーシックなカラーの長ズボンにワイシャツが無難です。ワイシャツは無地、ストライプやチェックなどの柄物、カラーなどは問いませんが必ずビジネス用のものを着用しましょう。また靴は夏でも革靴を履くようにし、ベルトは靴に合わせたものを着用しましょう。

レディースのコーディネート例

まずパンツにするかスカートにするかで悩まれるかもしれませんが、これはどちらでも構いません。自分の好みや気分などでチョイスしましょう。パンツは短くても八分丈までのもの、スカートは膝丈のものを選びましょう。色は黒や紺がです。グレーやベージュも問題ありません。ベーシックな色を選びましょう。

有数スは半袖のブラウスが無難です。もちろんシャツでも構いません。色は夏なので涼しげで清潔感がある白がです。水色も夏のオフィスカジュアルにはです。こちらもボトムスと同様、基本的にはベーシックな色を選びましょう。靴は黒やベージュのローヒールパンプスが無難です。

羽織モノはどう選べばいいの?

かっちり決めたいならジャケット

メンズの夏のオフィスカジュアルでは、クールビズにより「ノージャケット、ノーネクタイ」が浸透しつつありますが、社外の人と会う場合などジャケットの着用を求められる場面も多々あります。そういった場合は紺やグレーなどのダークトーンのビジネス用のジャケットがです。女性の場合も紺やグレーの無地のジャケットが無難です。

また、レディースの夏のオフィスカジュアルにおいては、清潔な印象を与えられる白のジャケットもです。

防寒対策についても考えよう

夏のオフィスは、クーラーがガンガンきいている場合もあり、ずっと社内にいると思いのほか寒いということもあります。内勤などの室内にいることが多い人は、防寒対策として羽織モノを用意するようにしましょう。男性はジャケットが無難です。色は紺やグレー、ベージュなどのベーシックなカラーを選びましょう。

シンプルなものなら構いませんが、はっきりとしたストライプやチェックなどのジャケットは、例え防寒対策としてであっても先輩の服装を参考にしてから取り入れるようにしましょう。女性の場合は、カーディガンがです。色は白やグレーなどのベーシックなものが無難です。少し慣れてきたらパステルカラーのカーディガンを取り入れてみるのもです。

夏のオフィスカジュアルのマナー

夏のオフィスカジュアルにおける一般的なNGポイントは、カジュアルすぎる、派手すぎる、露出度が高い、清潔感がないの4点です。ここでは、どういった服装がNGポイントに引っかかるか具体的な例をご紹介します。NGポイントを押さえ、マナーある服装を心がけましょう。

ヨレやしわ、汚れ

仕事では身だしなみや清潔感というのはとても大切です。洗濯のし過ぎでヨレヨレになっていたり、しわや汚れのある服を着ていると印象が良くありません。ヨレヨレになっていないかや汚れがないかを確認した上で、シャツなどのアイロンがけが必要な服にはきちんとアイロンをあて、ピシッとしたものを着用するようにしましょう。

次のページ:オフィスカジュアルをマスターしよう!

初回公開日:2017年08月21日

記載されている内容は2017年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests