Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】メンズのオフィスカジュアルコーデ・靴・シャツ|就活

更新日:2020年08月20日

ビジネス環境の多様化でメンズのオフィスカジュアルコーデが必要となってきています。メンズのオフィスカジュアルはポイントを押さえればだれもが簡単にできるコーデです。今回は、メンズのオフィスカジュアルコーデについてご紹介していきます。

メンズのオフィスカジュアルのコーデとは?

メンズのオフィスカジュアルが必要な時代です。職場の服装が自由になった反面、オフィスカジュアルのコーデには気を使います。基本はジャケット、シャツ、パンツのコーデです。カジュアルダウンし過ぎないビジネスウェアととらえておけば確実です。信頼や清潔感がアピールできればよいでしょう。そこに個性とセンスが加わればできるメンスのおしゃれオフィスカジュアルコーデの完成です。

オフィスカジュアルの基本は?

メンズのオフィスカジュアルのジャケットの色はグレーかネイビーで落ち着きと信頼、まじめさをアピールします。シャツはスーツのときのワイシャツではなく、ボタンダウンや襟が小さいなどのデザイン性のあるものにします。

ネルシャツは厚みがありカジュアルなイメージが強いので避けます。シャツは白が基準ですが、ネイビーの格子模様などはさわやかで健康的なイメージがあるのでコーデできます。ボトムスはカジュアルはチノパン、フォーマル時はスラックスと覚えておきましょう。

メンズのオフィスカジュアルコーデにネクタイをプラスするなら、ニット製や差し色としてビビットカラーがおしゃれです。

春は?

メンズのオフィスカジュアルは春はトレンチコートの出番です。短めがおしゃれですが、ジャケットよりも長い丈をチョイスしましょう。ネイビーやベージュ色のダブルのトレンチコートで、襟が大きめでデザイン性のあるタイプがです。前を全開にしてもカジュアルシーンでコーデしてもおしゃれに着こなせるからです。

ダーツシャツとは?

春先はジャケットを脱ぐことも多い季節です。そんなときは身体にフィットするダーツの入ったシャツを着ていきましょう。細身のスラックスとコーデしてオフィスカジュアルのすてきメンズになれます。ネイビーカラーのシャツをチョイスすれば、さわやかでクールにセンスアップできます。

春のカラーは?

春のメンズのオフィスカジュアルは、ピンクやペパーミントグリーン、レモンイエローなどのパステルカラーのシャツをコーデして柔らかみを出しましょう。ネクタイをパステルカラーや柔らかみのある色や柄にするのもよいでしょう。ボトムスも白、うす茶やベージュ、グレーとこちらも春らしいあたたかみのある色をコーデします。春のメンズのオフィスカジュアルの差し色として、白のベストやセーターがさわやかでです。

夏は?

メンズのオフィスカジュアルな服装のチョイスの際に、シャツではなくてTシャツなどのカットソーでもOKな会社があります。カジュアルダウンし過ぎないようにシンプルをモットーにコーデしていきましょう。

インナーは白の無地を選びます。着丈がいちばんのポイントです。身体のラインにフィットする丈の短いタイプのジャケットとインナーを選びます。インナーの白のカットソーはパンツの外に出すので、短めで絶対にジャケットの下から裾は出ない長さの物を選んでください。ジャケットは麻などの涼しい素材の物を選ぶと快適に過ごせます。

スーパークールビズは?

スーパークールビズの会社はポロシャツでの通勤OKという場合があります。ポロシャツの色は白か黒かグレーのモノトーンカラーをチョイスしましょう。細いラインやごくわずかな差し色のあるデザインのポロシャツを選ぶとおしゃれで個性が出せます。ポロシャツをボトムスにインするときは茶か黒の細身過ぎないベルトをしめます。ボトムスはグレーや黒などの地味なカラーがです。

夏の白パンツは?

夏はメンズのオフィスカジュアルに白のパンツを取り入れたい季節です。白パンツは難しく考えずにさわやかに誠実に穿きこなすことが大切です。黒のベルトで腰の部分を引き締めればどんな色とも合う白なので、最高にかっこよくコーデできます。

靴は黒で、ジャケットやシャツは好きにチョイスしてください。ネイビー、グレー、ブラウンなどの有数スが落ち着いていてオフィス向きです。上半身をなるべく濃い目の色にすると信頼と爽やかさが増します。

秋は?

初回公開日:2017年11月08日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests