Search

検索したいワードを入力してください

ダブルスーツは若者の中で流行しているのか|ビジネス/ボタン

更新日:2020年08月20日

ダブルスーツにどんなイメージがありますか。今のダブルスーツは昔のダボついているラインから離れタイトなラインになり、イメージが全く違うスーツに仕上がっています。そんな素敵なダブルスーツの着方を紹介しているので学びながら格好良く着てみてはいかがでしょうか。

ダブルスーツとは

スーツの種類には、シングルとダブルの2種類あります。そのなかのダブルスーツとは、上着(ジャケット)の打合せ部を大きく重ね合わせるシルエットになり、ボタンが縦に2列あるスーツの総称になります。ボタンの数は、一般的には各列1~4個程度でボタンを掛け合わせるデザインによって、ばらつきがあります。

トレンチコートなどに似た見た目なので、シングルよりも容姿に派手さが増し、身体を大きく見せてくれる効果があります。

現在は、片方でしかボタンが留めれないスーツも多いですが、元々は左右両方でボタンを留めることができました。シングルのスーツとは違い、お腹周りなどのスタイルを隠しやすいことから、ルーズなタイプのダブルスーツがバブル時代から流行し、太目の体型が多い中高年以上に好まれ愛用されています。ですが、最近では体にフィットさせるタイプのダブルスーツを選んで着用する若者が増えています。

ダブルスーツを着こなすポイント

ダブルスーツを、おしゃれに格好良く着こなすためには、スーツの基本的な着こなしの方法とは別に1番重要なことは「ダブルスーツ自体がおしゃれ」であることがポイントになりますが、それ以外にも、ダブルスーツをおしゃれに着こなすためのポイントが6つあるのでご紹介します。

フィット感のあるシルエット

ダブルスーツを着るときは、必ず体型にフィットしたダブルスーツを着用するのがダブルスーツの基本になりますが、そのとき「ウエストが絞られているダブルスーツを着る」のがスーツをおしゃれに着こなすポイントになります。特にウエストが気になる方や、上半身が大きい方は、ゆとりのあるダブルスーツを選んでしまいがちですが、ゆとりのあるダブルスーツは全的に締まらないシルエットになるの避けてください。

おしゃれ感を出してダブルスーツを着たいときは、スリーピースのダブルスーツがです。クラシカルな印象だけではなく、スタイリッシュでおしゃれな印象も与えられます。その理由は、スリーピースのダブルスーツを着たときに、ジャケットの前ボタンを全て外すことで、おしゃれシルエットと呼ばれる「Yライン」を作ることができ、このシルエットを作ることで大人びた印象とおしゃれな印象の両方をもってもらえます。

細部で華やかさを演出

ダブルスーツのジャケットは、ラペルのピークドラペルを選んでください。ラペルとは、下襟のことになり、その襟の形の種類のなかに「ピークドラペル」の形があります。ピークドラペルとは、下襟の先端が上向きになって尖っている襟のことで、日本では「剣襟」と呼ばれています。

ピークドラペルの襟は、華やかさとドレッシーなイメージなので、銀行員のような堅い雰囲気の職場での着用は難しいですが、そうでなければビジネスシーンで着ても大丈夫です。

ベントとは、ジャケットの背中に入っているスリットのことになり、真ん中にスリットが1本入ったものを「センターベント」、両サイドに縦に切れ目が入ったものを「サイドベンツ」、スリットがないものを「ノーベント」と呼んでいます。ダブルスーツでは、サイドベンツの方がクラシックなイメージを与え、椅子に座るときなどにジャケットのボタンが留まっていないことで、パッと開くジャケットが格好いいです。

パンツで男らしさを際立てる

パンツを買うときに、1番重要なポイントは「タック」になります。タックとはパンツの前側に作ったヒダのことになり、タックが1つのものをワンタック、2つをツータック、タックがないものをノータックと呼んでいます。

タックを作ると腰回りにゆとりができるので全体のバランスが崩れそうですが、ダブルスーツの場合は、上半身が大きく見えがちなので、着る人の体系によってバランスが違います。自分の体型に合っているパンツを選んでください。タック付きのパンツにはクラシカルな印象を強調することができます。

次のポイントが、パンツの裾です。パンツの裾にもダブルとシングルの2種類があり、折り返しが付いているものがダブルになります。ダブルにすると、足元にほどよい存在感ができダブルスーツの特徴である上半身の重厚さとのバランスが取りやすくなります。裾の幅は、3.5cm~4cmの間に収めると全体のバランスを崩さずに着られます。

シャツで印象をコントロール

ダブルスーツを着るときに着るシャツで1番意識しないといけないのは、「カフス」になります。カフスとは、シャツなどの袖口の部分になり、ボタンが付いているタイプと付いていないタイプがあります。ダブルスーツにあうカフスとは、カッタウェイカフスかスクエアカフスかのどちらかになります。

・カッタウェイカフスとは、角を斜めにカットしたカフスのことでスッキリとしたシャープなデザインが特徴になり、ダブルスーツがもっているドレッシーさをアップさせてくれ、結婚式などの華やかなシーンにです。

・スクエアカフスとは、角がカットされていないカフスのことで、オーソドックスなカフスですが柔らかすぎず堅すぎない印象を与えてく、ビジネスシーンでダブルスーツを着るときにはこちらがになります。

カフスの形で着ているスーツのイメージが変わってくるので、ダブルスーツを着るときはシャツの細部にまでこだわってみましょう。

ネクタイでシックに

次のページ:若者にダブルスーツは流行ってる?

初回公開日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests