Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】転職の時のスーツ・色・柄・インナー

更新日:2020年08月20日

転職のときのスーツ選びってなにが重要なの?転職のときは新卒とは違ったスーツでいかないと、印象が悪くなってしまいます。そうならないために出きる、「こなれ感」を出しつつ、マナーを守った転職のスーツ選びとは?女性も男性もこれを読めば分かります!

男性の転職のときのスーツの

転職は就職活動だからといって、黒のリクルートスーツで面接に行こうとはしていませんか。それは頼りない印象に見せてしまったり、スーツで得られる好印象のポイントを逃してしまっています。

まず、スーツの色は黒、婚、、濃いめのグレー、ボタンは、ジャケットのボタンは、三つボタンなら真ん中のみ、二つボタンなら上だけ留めてください。ワイシャツはホワイトが基本です。襟の高いシャツはネクタイが下がりやすいので避けた方がいいでしょう。

ネクタイは印象に大変重要なアイテムです。決まりはありませんが、ビビットなカラーや奇抜なガラは避けた方が無難でしょう。よくあるストライプや、小柄のチェックガラなどに収めておきましょう。ベルトは革がくたびれていないものを選んでください。糸が出ていたり、そういったものは印象が悪いです。

女性の転職のときのスーツの

シンプルで清潔感のあるスーツを選びましょう。白屋ビビッドなカラーのスーツは避けてください。ボタンは、必ず留めてください。ただし、三つボタンなら真ん中のみ、二つボタンなら上だけ留めるようにしましょう。インナーは淡く清潔感のあるカラーがベストでしょう。しかし、真っ白なワイシャツに濃い色のスーツを合わせてしまうと、新卒の就職活動生のようになってしまうので、気をつけた方がいいでしょう。丸襟のブラウスや少しカジュアルなワイシャツでこなれ感を出しましょう。その方が、自然と余裕やゆとりがあるように見えます。

ストッキングは無地の肌色にしましょう。タイツや柄物のストッキングは似つかわしくないので避けた方がいいでしょう。クツはシンプルな黒がいいです。ストラップはついていてもかまいません。ヒールが5センチ以内になるように気をつけてください。

転職のときのスーツの色

転職のときのスーツの色で、あたえる印象の違いを検証していきましょう。スーツの色は大変重要です。スーツの色だけで転職活動者の印象がガラッと変わります。

スーツの着こなしをきわめて、自分の転職したい企業に向けて、印象を自由に扱えるような人になりましょう。

グレー

グレーのスーツの印象についてです。転職で使いやすいグレーのスーツは「知的」や「誠実」、「謙虚」といった印象を与えます。そのため転職活動のときにスーツを新調する場合には手が出しやすいです。

チャコールグレーは落ち着いた大人の印象を与え、知的なイメージをあたえます。しかしいささか転職には渋すぎるフォーマルなイメージになってしまいます。逆にライトグレーは、カジュアルなイメージで、華やかなのはいいのですが、転職活動というシチュエーションにおいては、チャラチャラとしたイメージになってしまうので、転職活動のスーツには向いていません。中間の、ミドルグレーからダークグレーのスーツが、転職にはちょうどいいカラーです。

ネイビー

転職のときに、グレーのスーツの次に手が出しやすいのが、ネイビーのスーツです。ネイビーのスーツは「戦略的」、「真面目」といったイメージをあたえてくれます。

明るいネイビーなら、若々しくおしゃれな印象に見せることができますが、転職活動にはあまり向いているとはいえません。中間から、濃いネイビーなら落ち着いたシックな印象を与えることができます。

ダークネイビーのスーツなら茶系のネクタイがよく似合います。少し明るめの茶系でネクタイを合わせて、顔周りの印象がよくなるように、明るくなるように工夫するのがいいでしょう。

やはり定番の黒は忘れることができません。しかし転職の際は黒を選ぶと、リクルートスーツのようになってしまい、社会人に馴染めていない、使い回しをしてお金をケチっている、スーツを持っていない、などの印象をあたえることになってしまいます。

ですが黒のスーツがけっして間違っている訳ではないです。ただ、リクルートスーツのイメージがつよすぎるだけです。

そのため、チョークストライプが入っていたり、シャドウストライプが入っているスーツを選ぶ必要があります。必要があるというより、その方がこなれ感がでて、好印象を得るのに効果的です。黒スーツが着たい場合や、黒スーツしかない場合は、ストライプで垢抜け感を出していきましょう。

転職の時のスーツの柄

転職の時のスーツの柄ですが、スーツの柄も近年はさまざまなものが出ています。なかには転職に向いていない派手すぎたり、奇抜すぎる柄のものもあるので、転職活動のときは新調に選んだ方がいいでしょう。

転職活動に向いているスーツの柄をご紹介していきます。

ストライプ

柔らかい黒やネイビー、グレー、どのいろでもストライプ程度の柄なら転職活動に使えるスーツでしょう。証明写真に使用することもできます。

あまりはっきりとしたストライプが心配なら、シャドウストライプで落ち着いた印象にするのもひとつの手です。ヘリンボーンストライプも知的な印象になり、控えめでいい印象を与えることが出きるでしょう。結論を言ってしまえば、どの種類のストライプを転職活動に着ていっても大丈夫です。その代わり、スーツ自体の色には注意してください。あまりにも明るいネイビーや茶色のスーツだと、悪目立ちしてしまいます。ファッション系の転職であれば有利に働くこともありますので、どんな企業に転職するのかで、ッスーツのカラーは変えていった方がいいでしょう。

次のページ:転職の時のスーツのインナー

初回公開日:2018年01月12日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests