Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】転職エージェントとの面談に服装・持ち物

初回公開日:2018年02月06日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職エージェントの面談で服装・持ち物はどのようなものでしょう。面談の予約をしたのは良いけれど、どのような服装で行ったら良いのか分からない人はかなりいます。そこで、転職エージェントとの面談における服装、注意点などを記事にしたので、見てみて下さい。

男女別転職エージェントとの面談に服装

転職エージェントとの面談での服装は、女性の場合は私服でも良いでしょう。もしも気になる人は、転職エージェントに直接電話で聞いても良いです。言われることとしては、私服でも良いですと言われるでしょう。

転職活動はただでさえ大変なので、転職エージェントと会う時は、リラックスできるような私服が良いでしょう。また、男性の場合も同じで基本的には私服でも良いです。ただし、特別な理由がある時はもちろんスーツで問題ないです。

転職エージェントと面談することが直接採用の評価になったりすることは無いので、気にしないで私服を着ていきましょう。

私服

私服で転職エージェントと面談する時は、常識的な服装である必要があります。あまり派手な服装であれば、転職エージェントと面談するのに適した服装だとは言えないでしょう。採用と直接関係ない転職エージェントとの面談ですが、常識の範囲であまり目立つ服装を控えた方が良いです。

このあたりの事は、転職に対してどのような心構えがあるかによってだいぶ変わってきます。人によっては、何も気にしないで自分のお気に入りの私服を着ていく人もいるでしょう。

自分の好きな服装をするのは、良いですが転職に対してどのような姿勢で取り組むかは服装一つとってもあらわれるもので、あくまでも極端な派手な服装は控えましょう。

スーツ

スーツで転職エージェントと面談する時は、転職活動用のスーツで問題ないです。ネクタイなどもしっかりとして面接の時の同じようなスーツで行って転職エージェントに見てもらうことで、転職エージェントにどのような服装が良いか具体的に教えてもらうことができます。

これは、非常に面接の時に役に立つ情報となり、この服装なら大丈夫と自信をもって面接にのぞむことができます。また、転職用ではないスーツを着ていった場合でも問題はありません。

私服ではなくスーツの方が良いと判断する人は、あまりこだわらないスーツを着て面談を受けても良いでしょう。

転職エージェントとの面談後のお礼の仕方

転職エージェントとの面談のお礼の仕方としては、メールで早めにお礼を伝えることが良いでしょう。特にタイミングが大切で、できれば転職エージェントと面談したその日のうちにお礼のメールを送っておきましょう。

内容としては、「面談をしていただいた田中と申します。本日は貴重なお時間を割いていただき、面談をしてもらい有難うございます」となります。内容は、人によって色々と変えても良いでしょう。

大切なことは、転職に対するやる気を転職エージェントに伝えるために、メールで感謝の気持ちと今後と予定などを伝えることがポイントです。

転職エージェントとの面談の準備するべき持ち物

転職エージェントとの面談で準備するべき持ち物としては、履歴書や職務経歴書などがあります。これは、転職エージェントが直接見て添削してくれます。どこを修正すればより良い履歴書や、職務経歴書になるかを教えてくれます。

転職エージェントはそれほどこまかなところまで添削しないので、ある程度自分で良いと思える履歴書、職務経歴書を作成しましょう。時間がなくて二つの書類を作成することが難しい場合は、履歴書だけでも良いです。

ただし、志望動機と自己PRは自分なりに良く考えたものであれば転職エージェントも真剣に添削してくれます。

質問

転職エージェントとの面談における質問は事前にまとめておくと良いでしょう。実際に転職エージェントとの面談になった時に緊張したりする人もいて、その結果何を質問して良いか分からなくなったりします。

そのような時でも対応できるように質問をリストアップしておくと良いでしょう。そうすることで、後で聞いておけば良かったと思うような事が無くなります。また、直接面談で質問することはとても重要なことで、会って話して聞いた情報でしか判断できないような事もあります。

そのために転職エージェントは面談の機会をもうけるわけですが、その面談の時に十分に意味のある面談にしたいのであれば、事前に質問を準備しておきましょう。

履歴書

転職エージェントと面談する時に履歴書は、ある程度仕上げたものを提出しましょう。転職エージェントは面談の時のその履歴書を見てさまざまな事を把握してあなたに質問してきます。

その目的としては、転職で必要とされる考え方がしっかりしているかや、キャリアなどをしっかりと把握することです。そうすることで、履歴書を提出した面談を通して実際の転職活動をシミュレーションして何が問題になって、何がアピールできるのかも転職エージェントは指摘してくれます。

この助言が非常に大切で、最終的には転職活動で判断基準の一つとなるのが転職エージェントと助言なので、履歴書はある程度しっかりと仕上げて定職しましょう。

転職エージェントとの面談で本音は言えるのか

転職エージェントとの面談では本音は言えます。言い換えると本音が言えるのは、転職エージェントであり、応募する企業ではありません。そのため、転職エージェントにどれだけ本音を言えたかが大切です。

本音を言う事で、応募した会社の面接を受ける前にある程度企業側の考え方を転職エージェントは教えてくれるでしょう。その結果、応募する前から事前に面接などで何が重要であるか転職エージェントに教えてもらえます。

何か一つでも気になることがある場合は、転職エージェントに聞いてみると良いです。全ての事がクリアになった状態で応募すれば、多くの無駄を省くことができるでしょう。

転職エージェントとの面談のキャンセル方法

転職エージェントとの面談のキャンルの方法は基本的に電話かメールで良いでしょう。特に面談の日程が近い時は、電話で確実に担当者に伝えることが大切です。言い方としては、「大変申し訳ありまえんが、諸事情で予定している面談をキャンセルさせてもらっても良いでしょうか」と言うと問題ないでしょう。

メールでキャンセルする方法としては、早い段階でメールで、キャンルとする時は伝えることがポイントです。また、返信がなかなかこない時は、こちらから電話して伝えることになります。

いずれにしても転職エージェントとの面談のキャンセルは非常に重要なことなので、電話かメールで確実に伝えましょう。理由としては、今後またお世話になる可能性もあるからです。

電話

電話で転職エージェントとの面談をキャンセルする時は、今後また別の日程で面談を希望する人は、しっかりと早い段階で伝えましょう。

転職エージェントとからした場合、ただの面談のキャンセルなのか、これ以上サービスを利用しないのか知りたいところもあります。そのため、今後継続して利用する場合は、そのようにはっきりと言えると言いでしょう。

メール

メールで転職エージェントとの面談をキャンセルする時は、できれば早めにメールしましょう。転職エージェントも忙しくて常にメールを確認しているわけではありません。内容としては、自分が面談をキャンセルする理由についてしっかりと記載されている事が大切です。

転職エージェントは面談をキャンセルしたことで再度面談をしてくれないわけではないので、今後の事も考慮して「今後ともよろしくお願いします」と最後に記載すると良いでしょう。

Latests