Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月06日

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

スーツを纏うビジネスマンの必須アイテムのネクタイについて本記事では選び方を紹介していきます。ネクタイの選び方として、年代・色・柄はどのような部分を気にして選んだら良いかなど説明していきます。ネクタイをプレゼントしようと考えている人もぜひ参考にしてみてください。

年代別ネクタイの選び方とは?

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

ネクタイの選び方に悩む方は多いのではないでしょうか。本記事ではネクタイの選び方について色や柄などポイントを紹介していきます。まずはじめに10代・20代・30代・40代・50代と年来に沿ったネクタイの選び方についてポイントをあげていきます。

自分の年齢にはどんなネクタイが良いのか、また彼氏や友人の男性にプレゼントにネクタイを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

10代のネクタイの選び方とは?

10代のネクタイというと10代後半、社会に出たばかりの方や大学生へのプレゼントという意味合いが多いのではないでしょうか。若い年代なのでその年の流行に合った色、柄のネクタイをチョイスするという選び方が良いでしょう。

または、今後長く使っていくことを見越して定番的な色・柄・デザインのネクタイを抑えてよくというのも良いでしょう。社会人として一般的なネクタイの色といえば青、柄でいうとストライプのネクタイが若さと定番のタイプとしておすすめです。

PAULSMITH ネクタイ

10代におすすめなネクタイとしてイギリスのお洒落ブランドとして名が高いPAULSMITH(ポールスミス)のレジメンタルストライプ柄ネクタイを紹介します。クリアなブルーがすがすがしく10代の若い雰囲気とマッチするでしょう。水色系のネクタイは黒やグレー、ネイビーのスーツとの相性も抜群です。爽やかに決めたい時の1本になるでしょう。

PAULSMITH(ポールスミス)はバッグや小物、メンズウェアを中心に展開しているブランドです。シンプルなデザインの中に鮮やかなカラーを取り込む個性的なセンスが10代・20代など若い世代から熱い支持を受けています。PAULSMITH(ポールスミス)のネクタイは入学祝い、就職祝いなどにも喜ばれるでしょう。

20代のネクタイの選び方とは?

20代の男性のネクタイの選び方はスーツスタイルとしてスマートな印象を好む方が多いでしょう。20代の男性は比較的細身の方が多く、スタイル良く見せたいという部分も大きい年齢です。スーツの選び方としても細身のシルエットを選択することが一般的でしょう。

ネクタイの幅はスーツのジャケットのラペル(下襟)の幅と揃えることが基本です。細身のシルエットのスーツの場合、ラペル(下襟)が細いこともあるのでネクタイの幅もあわせて細身のものがスマートな印象を引き立てる意味でも良いでしょう。

Vivienne Westwood ネクタイ

20代に人気があり、おすすめのネクタイのブランドはVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)です。ネクタイの剣幅は約7cmと細身でスタイリッシュなフォルムが20代のビジネススタイルとも相性ぴったりでしょう。

色味も誠実な雰囲気を感じさせる深いブルーに彩度の高いブルーと水色が混ざり合うチェック柄はお洒落な印象もあり素敵です。20代の若々しいイメージにもピッタリでしょう。

30代のネクタイの選び方とは?

30代のネクタイの選び方として抑えるべきポイントとして、この年齢からネクタイのデザインについてもある程度自由が利く年代になってきます。「そろそろ落ち着きたい」という人と「まだまだ冒険したい、若々しさを保っていたい」という意識で分かれてくる年齢でもあります。

この年代の場合は中堅を担う立場になってくる人が多いです。年齢としても少し落ち着いた印象を持たせたい場合はグレーや黒などシックなトーンのネクタイがおすすめです。若々しい雰囲気を取り入れておきたい人はイエロー、ピンクなど華やかなカラーを持ってきても良いでしょう。

UNITED ARROWS green label relaxing ALTEA ネクタイ

30代のネクタイとしてお洒落なファッションブランドUNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)からALTEA(アルテア)のネクタイを紹介します。

ALTEA(アルテア)はイタリアのネクタイ専業メーカーです。シルク100%なので高級感もあり、落ち着きある小さなドット柄デザインは襟元のアクセント付けとして活躍します。色はグレーにドット柄というシックなデザインなので、落ち着きある30代を目指す方に良いでしょう。

そのほかカラーバリエーションとしてはグレ―のほかに優しいペールピンクとサックスが展開されています。柔らかく華やかな雰囲気が欲しいという方はピンク、爽やかなで若々しい印象を求める方はサックスがおすすめです。

40代のネクタイの選び方とは?

40代のネクタイの選び方はどのようなポイントがあるでしょうか。40代となるとそれなりの地位に立って仕事をしている方が多くなってくるでしょう。お洒落や好みという価値基準も若い頃と比べて変化し、より洗練されていく年代でもあります。ある程度名の知れたブランドにこだわるという方も多いのではないでしょうか。

FRANCO BASSI ネクタイ

40代のネクタイとしておすすめブランドはFRANCO BASSI(フランコバッシ)です。FRANCO BASSI(フランコバッシ)は1973年にフランコ・バッシ氏が創設したイタリアブランドで、伝統に裏打ちされた仕上がりと、流行を感じさせるお洒落なデザインが人気を博しています。

クラシカルな雰囲気と程よい若さを感じさせるデザインが多くの40代男性から注目を浴びているブランドです。こちらは落ち着いたベージュとブラウンのストライプです。太めのストライプを交えていることで、センスの高さを印象づけることができるでしょう。

50代のネクタイの選び方とは?

50代のネクタイの選び方というと、50代はこだわりが強くなっている傾向にある年代です。ある程度自分の好み、落ち着く色や柄というものはその人個人で決まっているので冒険をするということは少ないでしょう。プレゼントする場合は相手の好みを事前にチェックしておくことをおすすめします。

年齢的にも素材の良いものを身に着けたほうが良いので、ネクタイの素材の選び方としては王道のシルクがおすすめです。デザインは茶色や紺色、えんじなどが好まれ渋く落ち着いた模様が好まれる傾向にあるでしょう。

dunhill ネクタイ

50代のネクタイの選び方としてはある程度知名度の高いブランドを選んで置くことが無難でしょう。こちらはDunhill(ダンヒル)の落ち着いたえんじ色のネクタイです。軽くしなやかな手触りが人気の上質なマルベリーシルクを使っているので見た目の生地の美しさも魅力的です。ビジネスシーンからパーティシーンまで幅広く使えるデザインでしょう。

Dunhill(ダンヒル)は英国の高級ファッションブランドなのでプレゼントとしてもおすすめです。イギリス王室御用達となるほどメンズファッションとして高い地位のあるブランドなので50代のネクタイとしてもピッタリでしょう。

ネクタイの色の選び方とは?

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

ネクタイの色の選び方とはどのようなポイントがあるでしょうか。ネクタイは色によって相手に与える印象が変わってくるといわれています。営業など第一印象、人柄によって左右される職業の方はネクタイの色にも十分注意したほうが良いでしょう。

ネクタイの色の選び方として、一番進められるカラーは青系でしょう。青のネクタイのイメージは爽やか・誠実・冷静さ・真面目です。仕事において最も重要な部分を感じさせます。また、青は感情を落ち着かせる効果のある色でもあるので、冷静な話し合いを進めていくビジネスの場面で非常に効果的なカラーでもあります。

仕事のモチベーション、活力を高めたい時におすすめなカラーです。ネクタイにこの色をもってくることで普段よりもやる気がみなぎってくるでしょう。周囲への印象としても積極性・情熱的・自己主張などをアピールしていきたい時におすすめです。注意点としては赤は攻撃性を意味する色でもあるので、商談の際は赤のネクタイは控えたほうが良いでしょう。

明るい印象を高めたいときのネクタイの色の選び方としては黄色がおすすめです。黄色は温かい光の色であり、ユーモア・元気などの印象を与えます。周りと楽しく仕事をしていきたいと考える方は黄色のネクタイをスーツにチョイスしてみましょう。仕事での会食などがある際は相手と打ち解けるためにも黄色のネクタイがおすすめです。

40代や50代など年齢層が高めになるとおすすめのネクタイのカラーとしてあがってくるのは茶色系のネクタイです。茶色のネクタイはクラシカルな印象があり、堅実・信頼・安定感など感じさせます。暖色系なのでネイビーに比べて温かみもあり相手の安心感が高まる色でもあるでしょう。

ネクタイの柄の選び方とは?

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

次はネクタイの柄の選び方について紹介していきます。一言にネクタイといっても柄はストライプやドット、チェックなどいろいろなタイプがあります。

ストライプ

FENDI ネクタイ

ストライプは真っすぐなラインから、誠実・知的・フレッシュという印象を与えます。就職活動でのネクタイの選び方としてもまずおすすめされるのがストライプ柄でしょう。ストライプは定番の柄といわれています。

初めてネクタイを購入するという方や就職活動を開始する方、入社して第一印象を保ちたい方は基本のストライプを選ぶと無難という意味でも良いでしょう。大きなインパクトこそないものの枠を外れない選び方も大切です。

こちらのネクタイはイタリアを代表するラグジュアリーブランド・FENDI(フェンディ)のネクタイです。落ち着いた濃紺に茶とホワイトの細い線の配色は、男性の色気と落ち着きを感じさせてくれるデザインでしょう。

ドット

Drake's ネクタイ

ネクタイの選び方の中でストライプと同じく人気の柄としてドット柄もおすすめの模様の一つです。ドット柄も爽やかな印象を与えます。おすすめなのが季節的にも春や夏でしょう。特に小さなドット柄は軽い印象が涼し気で季節的にぴったりです。

ドット柄のネクタイでおすすめがのDrake's(ドレイクス)のネクタイです。Drake's(ドレイクス)は英国を拠点として最高級のハンドメイドネクタイなどを作る紳士服ブランドであり、世界中のビジネスマンから人気を博しています。

色はネイビー・ダークネイビー・パープル・グレーなど知的な印象を求める方にぴったりのカラーが揃っています。良質な記事を取り扱っていることもあり贈り物としてもおすすめです。

チェック

BURBERRY ネクタイ

チェック柄のネクタイは、ストライプよりもカジュアル度が高く、バリエーションが豊富なので気が付くといくつかチェック柄のネクタイを持っているという人も多いのではないでしょうか。チェック柄のネクタイの選び方は太めのチェックか細めのチェックかというところで変わってくるでしょう。

使用されている色数、色味の差にもよって変わってくるところがありますが、太めのチェックのほうがカジュアル度は高く細めのチェックであれば繊細なイメージを高めることができるでしょう。チェック柄のネクタイのポイントとしてチェックの幅は重要です。

チェック柄のネクタイとしてBURBERRY(バーバリー)のネクタイを紹介します。こちらはブランドを代表するチェック柄を大胆に取り入れてたネクタイです。太めのチェックですが色味を抑えているのでカジュアルすぎず、落ち着きやエレガントな雰囲気を感じさせます。

和柄

YAMAZAKI 和柄・麻の葉模様

ネクタイの選び方として個性的な部分を取り入れたいという方は和柄がおすすめです。周りはストライプやドットが一般的なので個性が光る模様をネクタイに取り入れることはお洒落な雰囲気はぐっと高まるでしょう。

こちらは麻の葉模様のデザインのネクタイです。和柄の代表的な柄であり、色味の差が激しくはないので奇抜すぎる印象はありません。シルク100%なので光沢も美しくエレガントな雰囲気が漂い素敵なビジネススタイルが完成するでしょう。

何度か同じ相手にネクタイをプレゼントしている場合、こちらのような和柄を選び方の一案として抑えておくのもおすすめです。カラー展開も7色と多く珍しい和を感じさせる緑やえんじ、紫なども素敵でしょう。

麻模様のネクタイが欲しかったので助かりました。
お値段は少々値を張りますが日本製なので安心できる価格です。
私のパソコンでは紫色に見えましたが、実物は赤みがかった紫色です。

出典: http://amzn.asia/dukjgxD |

無地

Turnbull&Asser ネクタイ

無地のネクタイはスーツやシャツの柄を気にすることなく合わせられるという点で、使いやすい柄でしょう。1本持っておくと無難といわれているのでネクタイの選び方としても無地のネクタイを購入しておくことはおすすめです。

無地のネクタイを選び方としての注意点は素材です。無地なので模様があるネクタイとは異なり、生地の粗が目立ってしまいます。できれば天然素材、シルクやウールを高密度で使用している上質なネクタイを選びましょう。

無地のネクタイとして、英国御用達の高級シャツブランドTurnbull&Asser(ターンブル&アッサー)のネクタイを紹介します。素材はシルク100%、色はネイビー・シルバー・ブルーの3色展開です。

色の選び方としてはスーツと同系色のネクタイを合わせると統一感が増すでしょう。クリエイティブ系の場合はポイントになるカラーとして鮮やかなブルーもワンポイントとして光るでしょう。

プレゼントのネクタイの選び方とは?

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

プレゼントとしてネクタイを相手に贈る場合はどのようなところで選び方を考えていくとよいでしょうは。次はプレゼントとしてのネクタイの選び方を紹介していきます。

よく来ているスーツの色は?

プレゼントとしてのネクタイの選び方として大切になってくるのは、相手がよく着用するスーツの色について把握しておくことは大切でしょう。選び方としてプレゼントを贈る相手が着ているスーツと同系色のネクタイを選ぶとまず失敗が少ないでしょう。

例えば、よくネイビーのスーツを着ている場合は青色系のネクタイを選びます。ブラウンやベージュ系のスーツであればブラウン系のネクタイを選ぶとよいでしょう。

相手の年齢を考える

プレゼントする相手によってネクタイの選び方も変えていく必要があるでしょう。40代や50代の相手には、20代向けの明るい色のネクタイは着用しづらく、逆に20代の人にハイブランドといわれる高級なネクタイをプレゼントしても、スーツと合わせたときに浮いてしまうことがあるでしょう。

相手の好みを考える

プレゼントは相手が喜んでくれるということが第一です。プレゼントを贈る相手の好みを考えることがプレゼントの選び方として最も重要な部分になるでしょう。普段よくつけているネクタイを覚えておくこともポイントです。

業種など

プレゼントとしてのネクタイの選び方として注意点は相手の職場によって、使えるネクタイは限られている場合があることです。一般的に堅い業種といわれている金融系や、営業職についているという方は清潔感や真面目さという印象が大切になってきます。

ビジネススタイルにお洒落かどうかは二の次になってくる部分なので、ネクタイに派手な色や模様、個性的なデザインのものはプレゼントしても使ってもらえないという可能性が高いでしょう。堅い業種の場合、選び方としてのおすすめはネイビーやダークグレーなどの落ち着いた色味でストライプ、小さめのドットなど、ベーシックなものが良いでしょう。

逆にアパレル業界やクリエイティブな業種についている相手にはセンスを魅せる意味でピンクや黄色、紫などビジネススタイルのアクセントになるネクタイがおすすめです。ネクタイの選び方は必ずプレゼントを贈る相手の職業を把握しておきましょう。

ネクタイの選び方をマスターしよう!

【年代別】ネクタイの選び方・色・柄の選び方|プレゼント

ネクタイの選び方について年代別の選び方、色の選び方、柄の選び方など紹介していきましたがポイントを抑えることができましたでしょうか。日々のモチベーションをあげるために好みの色や柄のネクタイを選ぶという方法も良いですが、ネクタイは顔に近い位置にあり相手の印象に残る部分です。

第一印象が大切になる業種についている方はネクタイを選ぶ際は、どう見られたいかという部分も意識することもネクタイの選び方として重要になってくるでしょう。良い印象を周りにもってもらうとそれだけでコミュニケーションもとりやすく、仕事の円滑に進むのでネクタイの選び方はしっかりとマスターしておきましょう。

Latests