Search

検索したいワードを入力してください

スーツのボタンのマナー・ボタンの付け方・ボタンの数|開ける

更新日:2020年08月20日

皆さんは、スーツを着るときにボタンをどうやって留めていますか。スーツのボタンには、留め方やマナーが存在します。そんなスーツのボタンの、留め方やマナーを詳しく紹介しています。スーツを着る方は、ぜひ読んでボタンマナーを実践してみてください。

スーツのボタンのマナー

スーツを着るときに、ボタンは全て留めたほうがいいのか、それとも一部だけ留めた方がいいのかなど、スーツのボタンの留め方で困ったことはありませんか。なんとなく、周りに聞きづらいボタンマナーについて詳しく紹介します。

シングルスーツのボタンマナー

シングルスーツには、1つボタン・2つボタン・3つボタン・4つボタンなどのジャケットの種類があります。この中で、2つ以上のボタンが付いているシングルスーツには共通点があり、それは「アンボタンのマナー」になります。

同じシングルスーツであっても、ボタンの数によってボタンの留め方はバラバラで、それぞれのボタンマナーがあります。そのため、ボタンの個数によってボタンの留め方はいろいろです。しかし、逆にどのボタンの数のシングルスーツであっても、共通して守らないと行けないボタンマナーも存在します。

また、ボタンマナーを守らないとせっかくスーツを着ていても、スーツラインが綺麗にでなかったり、シワの原因になってしまう場合もあるので、ボタンマナーはしっかり守ることをします。

アンボタンのマナー

先ほど全種類のシングルスーツで、共通しているボタンマナーがあることを紹介しましたが、それがこの「アンボタンマナー」のことになります。

アンボタンとは、スーツの1番下に付いているボタンのことになり、「アンボタン」とは英語で「ボタンを外す」という意味になります。そして名前のとおり、アンボタンは留めてはいけません。そのためアンボタンマナーとは、このアンボタンを留めないことになります。

アンボタンを留めない理由は、ボタンを留めたまま動いたり座ったりすると、スーツにシワができたり、綺麗なスーツのシルエットが崩れてしまうからです。ただし、モッズスーツなど細身に見せたい4つボタンのデザインスーツでは、逆に付いているボタン全部を留める場合もあります。

また、このアンボタンのマナーは男性特有のマナーになります。そのため、女性がスーツを着た場合は、このマナーは適応しないためボタンは全て留めましょう。

座るときのボタンマナー

シングルスーツを、着ているときに着席する場合には、ジャケットに付いているボタンを全て外してから座りましょう。このボタンマナーは、ボタン数にかかわらずに、どのジャケットでも共通したボタンマナーになります。

座るときに「ボタンを全て外す」理由は、ジャケットのボタンを留めたままで座ると、体が曲がることで、ジャケットにシワがよったり型崩れをおこす原因になります。また、ボタンを留めていることで、ジャケットが上へ上がってしまい見た目も悪くなってしまいます。そのため、座るときはボタンを全てはずことがボタンマナーです。

では逆に、座っている状態から立った場合は、再びボタンを留めるのが正式なマナーになります。このときのボタンの留め方は、ジャケットに付いているボタンの数によって留め方が違うので、着ているジャケットのボタン数に合せた留め方をしてください。

ベストとシングルスーツのボタンマナー

最近、若い人に流行っているスリーピースのスーツですが、スリーピースのベストにはたくさんのボタンが付いています。このボタンはどのように留めたらいいのでしょうか。また、ボタンが付いているのはベストだけはなく、ジャケットにも付いています。このジャケットのボタンの留め方も一緒に詳しく紹介します。

まずベストのボタンマナーから紹介します。ベストのボタンマナーは、シングルスーツのボタンマナーと同じで、アンボタンのみ開けるのがマナーになります。それ以外のボタンは、全て留めましょう。ここで、アンボタンまで留めるとベストに変なシワができるので気をつけましょう。

ですが、残念なことに日本では「かっちり」した印象を与えるために、アンボタンまで留める方が多くいますが、それではせっかくのスーツラインが綺麗に見えないためやめましょう。またジャケットのボタンは、状況など関係なく全てのボタンを外すのが正解です。

ダブルスーツでのボタンマナー

少し前まで、日本のビジネスシーンでは、ダブルスーツを着ている方はあまりいませんでした。ですが、最近では若者にがでてきているため、ダブルスーツを着る方も増えてきています。そんなダブルスーツを着たときの、ボタンマナーはあるのでしょうか。

もちろんダブルスーツにもボタンマナーがあります。そんなダブルスーツは、ボタンの数が多いのが特徴になり、ボタンの個数でのタイプがたくさんあります。そのため、そのボタンの留め方も種類がたくさんあり、自身の体型や着ていくシーンなどに合せて選ぶ必要があります。

また、シングルスーツのボタンマナーにもあったように、座った時にボタンを外す行為も、ダブルスーツの場合には、ボタンを外したりせずに終始ボタンを留めておくのがマナーになります。なぜなら、ダブルスーツの場合は、重なっている部分が多いため、ボタンを外してしまうとだらしなく見えてしまうからです。

スーツのボタンの留め方はある?

スーツを着るときに、スーツのボタンはどのように留めていますか。スーツのボタンの留め方には、ボタンルールという決まりが存在します。実は、このボタンルールを知らずに、毎日スーツを着ている方が多く存在しています。

そんな、ボタンルールを知らないでスーツを着てしまうと、スーツが型崩れしてしまったり、せっかくスタイリッシュなスーツスタイルが、野暮ったいイメージになってしまいます。また、ジャケットにムダなシワが付く原因にもなります。

そんなボタンルールは、日本人にはあまり馴染みがないため、首相クラスの方でもルールが守られておらず、国際交流の場の映像でも、間違えていることが確認できます。そんな、スーツのボタンルールは、スーツ文化の伝統が根強く残るイギリスでは、大切に守られています。そのため、外国の方と会う機会が多い方は、恥をかかないためにもボタンルールを学びましょう。

スーツのボタンの数

スーツには、ボタンが付いています。そのボタンの数は、日本でよく着られているシングルスーツの中でも、1つボタン・2つボタン・3つボタン・4つボタンの4つの種類があります。今回はその中でもよく着られている2つボタン、3つボタンの2つの種類を中心に紹介します。

2ボタンスーツの特徴

次のページ:スーツのボタンを開けるのはあり?

初回公開日:2018年05月04日

記載されている内容は2018年05月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests