Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】スーツのかっこいい着こなし方

初回公開日:2018年06月04日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年06月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

春の季節になると街中には新入社員の方、営業活動に奮闘されている方などなど、スーツの装いの人々が増えます。いっしょくたにスーツといっても一種類だけというわけではなく、各TPOに適したスーツの種類や着こなしがあったりします。今回はスーツについて紹介させて頂きます。

男性・女性別スーツのかっこいい着こなし方は?

【メンズ・レディース別】スーツのかっこいい着こなし方
※画像はイメージです

ビジネスシーンの戦闘服ともいえるスーツですが、かっこいい着こなしは普段できているでしょうか。かっこいい着こなしとはどのようなことなのかご存じでしょうか。これから、男性、女性別にかっこいいスーツの着こなし方をご紹介していきましょう。

男性のスーツのかっこいい着こなし方とは?

はじめに男性のスーツのかっこいい着こなし方をご紹介していきます。スーツをかっこよく着こなすためにポイントが5点あります。かっこよく着こなすポイントを順番にご紹介していきます。

1:自分のサイズにあったジャケットを選ぶ

スーツのかっこいい着こなし方のポイントの一つ目は「自分のサイズにあったジャケットを選ぶこと」です。自分にあったサイズのジャケットを着ていないとだらしなく見えてしまったり、野暮ったく見られてしまったりします。では自分のサイズにあったジャケットを選ぶコツはご存じでしょうか。自分のサイズにあったジャケットを選ぶコツも合わせてご紹介しましょう。

1:ジャケットの肩山(肩の縫い目の所)と肩の有数の位置が合うサイズを選ぶこと。

2:腕をおろしたときにジャケットの袖口からシャツの袖口が1cmから1.5cmほど出る長さになること。

3:ジャケットのボタンを閉めたときにウエストに握りこぶし1つ分位入る多少のゆとりがあること。

4:着丈の長さの目安はお尻が隠れるくらいの長さがあること。

この4点が自分のサイズにあったジャケットを選ぶコツです。

2:自分のサイズにあったパンツやパンツ丈を選ぶ

スーツのかっこいい着こなし方のポイントの二つ目は「自分のサイズにあったパンツやパンツ丈を選ぶこと」です。

自分のサイズにあったパンツではないとダルダルしてかっこ悪く見えてしまったり、パンツ丈が短すぎたり、長すぎたりするとこちらもだらしなく見えてしまいます。では、自分のサイズにあったパンツやパンツ丈を選ぶコツはご存じでしょうか。自分のサイズにあったパンツやパンツ丈を選ぶコツを合わせてご紹介しましょう。

1:パンツのウエストの位置はおへそから若干下の位置に合わせて、お腹を凹ませないでもウエストに手のひらが入るくらいのもの。

2:パンツの太もも周りがしゃがんだときに膝が曲げづらいことがないもの。

3:パンツ丈は靴の甲に裾が軽く触れる程度の長さにする。

この3点が自分のサイズにあったパンツやパンツ丈を選ぶコツです。

3:自分のサイズにあったワイシャツを選ぶ

スーツのかっこいい着こなし方のポイントの三つ目は「自分のサイズにあったワイシャツを選ぶこと」です。

サイズの合わないワイシャツを着ていると相手に窮屈そうに見えてしまったり、大きすぎるものを着ているとだらしなく見えてしまいます。では、自分のサイズにあったワイシャツを選ぶコツはご存じでしょうか。自分のサイズにあったワイシャツを選ぶコツを合わせてご紹介しましょう。

1:ワイシャツのボタンを閉めたときに首の回りに指が1本入る程度のゆとりがあるもの。

2:ワイシャツの袖の長さはボタンを留めた状態で腕を下に降ろしたときに、手首から1.5cm程かかる長さにする。

3:ワイシャツの肩幅は、肩の有数の位置にちょうど合うサイズ。

4:ワイシャツの着丈は、裾がパンツに少しかかるくらいのもの。

この4点が自分のサイズにあったワイシャツを選ぶコツです。

4:ネクタイの長さと結び方

スーツのかっこいい着こなし方のポイントの四つ目は「ネクタイの長さと結び方」です。

ネクタイが長すぎるとだらしなく見てしまったり、ネクタイが短すぎるとカジュアルに見えてしまったり、結び方も雑だとだらしなく見えてしまったりします。では、ネクタイのバランスのいい長さやネクタイの結び方のコツはご存じでしょうか。ネクタイの長さの選び方や結び方のコツをご紹介しましょう。

1:スーツに合わせるネクタイはネクタイのラペル(下襟)の幅と同じ幅を目安にする。

2:ネクタイの長さは、ベルトに先(大剣)が少しかかる長さを目安にする。

3:ネクタイを結ぶ時は、ディンプル(くぼみ)を作る。

この3点がネクタイの長さの選び方と結び方のコツです。

5:ビジネス向きの革靴を選ぶ

スーツのかっこいい着こなし方のポイントの五つ目は「ビジネス向きの革靴を選ぶ」です。ビジネス向きではない革靴を履いているとカジュアルな印象を与えてしまいます。では、ビジネス向きの革靴の選び方はご存じでしょうか。ビジネス向きの革靴の選び方のコツをご紹介しましょう。

1:ビジネス向きの革靴を選ぶときはストレートチップ、プレーントゥータイプを選ぶ。

2:ビジネス向きの革靴の色は黒か茶色を選ぶ。

3:革靴の色と、ベルトは色をそろえましょう。

この3点がビジネス向きの革靴を選ぶコツです。

女性のかっこいいスーツの着こなし方は?

ここまで男性のかっこいいスーツの着こなし方についてご紹介してきました。では、女性のかっこいいスーツの着こなし方についてご紹介していきましょう。かっこよくスーツを着こなすポイントが点あります。スーツをかっこよく着こなすポイントを順番にご紹介していきましょう。

1:自分のサイズにあったジャケットを選ぶ

かっこいいスーツの着こなし方のポイント一つ目は「自分のサイズにあったジャケットを選ぶ」です。サイズの合わないジャケットを着ているとかっこ悪く見えてしまいます。自分にあったサイズのジャケットを着ましょう。ポイントとしては肩幅を目安に選ぶと型崩れせず綺麗なシルエットになります。

2:スカートの丈は短すぎない

かっこいいスーツの着こなし方のポイント二つ目は「スカートの丈は短すぎないこと」です。やはり短すぎてしまうとビジネスの場面ではだらしなく見えてしまいます。スカートの丈は膝が隠れるくらいが好ましいでしょう。

3:スーツにあう靴であること

かっこいいスーツの着こなし方のポイント三つ目は「スーツにあう靴であること」です。やはりどんなにかっこよくスーツを着こなしていても、足元の靴がスーツにあっていないと全体の印象が悪くなってしまいます。女性の場合は、パンプスがスーツにあう靴です。汚れていたり傷ついていてもだらしなく見えてしまうので、日頃からしっかりお手入れをしておきましょう。

ブランド別スーツのかっこいい着こなし方は?

Latests