Search

検索したいワードを入力してください

新年の挨拶はいつまで?マナーや挨拶をする相手の基準について解説

更新日:2022年06月24日

新年の挨拶に関する基本的なマナーをご存知でしょうか。この記事では、新年の挨拶に関する基本的なマナー、おすすめの贈り物について解説しています。新年の挨拶について不安や疑問がある方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

「新年の挨拶はいつまでにすればいいのか」
「新年の挨拶をする基準はあるのか」
「電話やメールでもいいのか」
このような疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。

新年の挨拶は、ビジネスパーソンにとって重要な恒例行事です。あなたは新年の挨拶に関するマナーについて、どのくらい知っていますか。

この記事では、新年の挨拶の仕方やお年賀に関するマナーなどについて解説しています。

この記事を読むことで、年の初めの挨拶の仕方がわかり、ビジネスチャンスにつなげることができるでしょう。また、正しく挨拶を行うことができれば、新年から気持ちよく仕事をスタートすることができるでしょう。

新年の挨拶について詳しく知りたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

新年の挨拶は必要?

「年始の多忙な時期に挨拶に伺うのは迷惑ではないのか」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ビジネスにおいて挨拶は非常に重要です。新年の挨拶をきちんと行うことで、晴れ晴れとした気持ちで新しい1年を始められるでしょう。

新年の挨拶はいつまでにすべき?

新年の挨拶はいつまでにするべきなのか、悩む方もいるのではないでしょうか。

ビジネスにおいて、取引先との関係を円滑にするために、いつまでに新年の挨拶を済ませるべきなのか知っておく必要があります。

ポイント①営業初日の挨拶は控える

営業初日は先方も何かとバタバタしているものです。多忙な営業初日の挨拶は控えましょう。

基本的に新年の挨拶回りは1月7日の松の内までに行うのが良いとされています。それが難しい場合は、小正月の1月15日頃までに訪問すると良いでしょう。

メールの場合、一斉送信は相手に対して失礼に当たるので、各個人のアドレス宛てに1件ずつ丁寧に送るようにしましょう。

ポイント②松の内の違いに注意

松の内とは、正月の松飾り、すなわち門松を立てておく期間のことです。

松の内は、東日本では1月1日から1月7日まで、西日本では1月1日から1月15日までとなっています。地域によって松の内の期間が違うので注意しましょう。

ポイント③松の内後に挨拶する場合

松の内を過ぎてしまった場合は、「あけましておめでとうございます」と言う必要はありません。

ただ、「新年のご挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします」などのように、きちんと挨拶をしておくのが良いでしょう。

新年の挨拶のマナーは?

年始は多忙な時期なので、相手の迷惑にならないよう気をつけておきたいものです。

取引先と良い関係を築いていくために、しっかりと新年の挨拶のマナーを押さえておきましょう。

ポイント①必要に応じて手土産を添える

新年の挨拶は、「今年も良い関係を築きたい」という気持ちを伝える大切な機会です。

手土産を添えることで、日頃の感謝を伝えることができ、今後の相手との関係をより円滑にする手助けとなるでしょう。

次のページ:新年の挨拶をする基準は?

初回公開日:2022年06月24日

記載されている内容は2022年06月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests