Search

検索したいワードを入力してください

慰労会の意味・慰労会の案内/司会/挨拶の進め方と例9つ

初回公開日:2017年07月11日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2017年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人になると数多く経験する事になる慰労会。今更聞けない慰労会の基本を1からわかりやすく解説します。慰労会を成功に導くにはどういった事に気を付けると良いのか、準備から案内状の書き方、慰労会当日の進行までノウハウをギュッと集約しています。

「慰労会」とは

上司から慰労会を開催しようと言われてもそもそも慰労会って一体なんですかと疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。慰労会とは何をするのか、どんな時やるものなのかをお話します。

「慰労会」は成果・業績・努力をねぎらうもの

慰労会の意味・慰労会の案内/司会/挨拶の進め方と例9つ
※画像はイメージです

慰労会は大きなプロジェクトや長期に渡る仕事での労をねぎらう会の事です。

他にも長年に渡って会社に尽力してきた人の定年退職をねぎらう機会として送別会を企画する事があります。内容としては乾杯、歓談の時間、スピーチ、記念品や花束の贈呈、余興などを行います。

慰労会の進め方

やる事が多く、慰労会をどのように進めればいいか分からなくなっていませんか。慰労会の進め方としては、まず、案内状を出すところから始まります。次に司会進行について考えます。では、どのようにすればよいのかを例文を交えて見ていきましょう。

「慰労会」の案内状

慰労会の案内状には、主役の名前、慰労会の目的、日時、会場、会費、出欠の連絡欄、お名前の記入欄を記入します。

主役が複数人の場合はメンバーの書き忘れがないように必ず確認をしましょう。日時は、依頼者に大まかな開催時期を確認し、日程を調整します。

会場は主役や慰労会の内容によって変わるので先輩や幹事の依頼者に相談し、移動に負担にならないように選びます。会費は、1人あたり高くても5000円までにしましょう。

例文1:メール

件名:(○○の慰労会のご案内)❲関係者各位❳○○の件、次に内容に入ります。お疲れ様でした。無事、納品にいたりました。

つきましては、○○部長より「慰労会をやりましょう。」というお話があり、この度開催する運びとなりました。○月○日(○)の○時○○にて開催します。会費は○円です。ご返信は○日(○)までにいただけますでしょうか。では、よろしくお願いいたします。

○○部○○○○内線○○○

例文2:書状

社員各位〇〇部(名前)〇〇さん慰労会のご案内次に内容に入ります。この度、〇〇さんが平成〇〇年〇〇月〇〇日で定年退職されます。

つきましては、〇〇さんへの感謝と慰労、そして今後の更なるご活躍を祈念するささやかな会を企画いたしましたのでぜひご出席ください。

日時:〇〇月〇〇日会場:〇〇〇〇駅 徒歩〇〇分会費:〇〇円ご出席ご欠席(どちらかに〇)お名前:〇〇〇〇

例文3:ハガキ

◯○○の案内(内容)拝啓 →時時候の挨拶(本題)さて、このたび○○○を下記のとおり開催する運びとなりました。御多忙とは思われますが、皆様のご来会をお待ちしております。敬具

(記)日時、集まる時間、場所、 電話番号、会費、※なお、準備の都合上、お手数ですが◯◯月◯◯日までに返信用はがきにて出欠をお知らせください。幹事氏名、お問い合わせ連絡先。(返信用のハガキ)出欠欄、氏名欄、住所電話番号、返信期限

「慰労会」の司会

慰労会の進行の基本としては開会の宣言から始まり、(幹事)挨拶、乾杯、歓談の時間、送り側からの代表のスピーチ、記念品や花束の贈呈、主役からの言葉、締め、閉会の宣言で終わるようにします。

余興を付け加える場合は、歓談後にするとよいでしょう。挨拶や乾杯、スピーチなどの役割を決めましょう。記念日や花束の準備も必要です。

例文1:プロジェクトの成功

本日はお集まりいただきありがとうございます。プロジェクトの成功を祝し慰労会を始めます。本日司会の○○です。よろしくお願いします。はじめに◯◯より挨拶をお願いします。◯◯より乾杯の音頭をお願いします。

それではしばらくご歓談ください。次に○○から挨拶をお願いします。代表○○一言挨拶をお願いします。最後に全員で万歳三唱をします。それでは本日はこれでお開きといたします。皆さん、気をつけてお帰り下さい。

例文2:定年退職

それでは○○さんの送別会をはじめさせて頂きます。司会の○○です。(挨拶、乾杯の音頭、お食事とご歓談の時間までは例文い1と同様です。)それでは○○から皆を代表しお別れの言葉をお願いします。それでは、花束の贈呈をいたします。

(退職者)最後に一言お願いします。全員で拍手をしてお送りします。名残惜しいですが、本日はこれでお開きといたします。皆さん、気をつけてお帰り下さい。○○本当にありがとうございました。

「慰労会」の挨拶

慰労会の意味・慰労会の案内/司会/挨拶の進め方と例9つ
※画像はイメージです

慰労会には、幹事として挨拶する事があります。慰労会では開会の宣言をした後、幹事の挨拶として話し、部長や課長の挨拶につなぐ必要があります。それでは例文を見て行きましょう。

例文1:目上の方へ

ただ今、紹介にあずかりました○○です。僭越ながらご挨拶申し上げます。○○チーム方々、この度はプロジェクトの成功おめでとうございます。皆様の仕事への姿勢を見て感銘を受けました。私も、皆様をお手本とし、仕事に精進していく所存です。

お疲れになられたことでしょう。本日は、○○チームの方々の疲れを癒やし、楽しんで貰えるよう余興などを用意しておりますのでどうぞお楽しみ下さい。

例文2:同僚へ

ただ今、紹介にあずかりました○○です。私からご挨拶申し上げます。○○チームの皆さん、プロジェクトが成功した事、自分の事のように嬉しいです。皆さんの仕事への姿勢を見て負けていられないと活力をもらいました。

私も、皆さんのように仕事に精進していきます。本日は、○○チームの皆さんの疲れを癒やし、楽しんで貰えるよう余興などを用意していますのでどうぞ楽しんで下さい。

例文3:後輩へ

ただ今、紹介にあずかりました○○です。私から皆さんへご挨拶申し上げます。○○チームの皆さん、プロジェクトが無事に成功したようで安心しました。皆さんの仕事への姿勢を見て成長したなと感心しました。これからも切磋琢磨しながら頑張りましょう。

本日は、○○チームの皆さんの疲れを癒やし、楽しんで貰えるよう余興などを用意しています。どうぞ楽しんで下さい。

例文4:取引先へ

ただ今、紹介にあずかりました〇〇会社の○○と申します。僭越ながらご挨拶申し上げます。○○チームの皆様、この度はプロジェクトの成功おめでとうございます。皆様の仕事への姿勢を見て感銘を受けました。

皆様と同様に仕事に精進していく所存です。今後とも御社とのお付き合いの程、よろしくお願いします。本日は○○チームの方々の疲れを癒やし、楽しんで貰えるよう余興などを用意しておりますのでどうぞお楽しみ下さい。

大人なら知っておきたいモノの言い方ノート

働く上で敬語はよく使いますが、敬語正しく使えているでしょうか。よく使う敬語も正しく使えていなければ相手に伝わりません。時には相手を怒らせてしまう事もあります。大事な慰労会の場で失敗なんてこともありえます。失敗する前にこの本はいかがでしょうか。

「慰労会」を開いてもらったら

新人社員の方や退職者の方、プロジェクトに取り組んだ方、色々な人がいらっしゃる事でしょう。慰労会を開いてもらったのはいいけど、挨拶で何を話せばいいのかわからない、何を話していいのか悩んでいるという方は参考にして下さい。

「慰労会」を開いてもらった時の挨拶

慰労会の意味・慰労会の案内/司会/挨拶の進め方と例9つ
※画像はイメージです

まずは感謝を述べます。この度は、私(たち)のために慰労会(歓迎会、送別会)を開いてくださりありがとうございます。次に新人の方や退職者の方は(私○○は○年○月○日からこちらでお世話になっている○○です。{をもって退職いたします。})と話します。

内容としてこれまでのエピソードや意気込みなどを話していき、最後に、({今までありがとうございました。}これから(も)、よろしくお願いします。)と締めます。

「慰労会」を成功させよう

慰労会を成功させるためには、主役の方に喜んで貰えるようなサプライズとして余興やプレゼントを考えたり、準備が必要です。他にも会場の演出づくりに飾りや音響などがあります。今回は参考までにプレゼントや花束についてご紹介します。

花束やプレゼントも効果的

慰労会の意味・慰労会の案内/司会/挨拶の進め方と例9つ
※画像はイメージです

花束やプレゼントを選ぶ時は主役の方に合わせて色合いや種類を変えます。例えば、退職者の方には大きめの花束とメッセージ入りの色紙(残るもの)、新入社員の方には小さめの花束と手帳(消耗品)を。

慰労会の主役の方には中ぐらいの花束と入浴剤(癒やし系グッズ)などをお渡しするとよいでしょう。他にも、コーヒー、付箋やボールペン、アロマキャンドルなどの消耗品や癒やし系グッズから写真や手紙のように残るものもあります。

Latests