Search

検索したいワードを入力してください

管理不行き届きとは?管理不行き届きの始末書|お詫びの仕方・例文

更新日:2020年05月30日

管理不行き届きとは?管理不行き届きについて説明します。仕事をしていれば、トラブルはどうしてもつきものです。仕事で部下がトラブルを起こしてしまった際、先方へどのように謝罪をするかポイントや管理不行き届きによる謝罪の例文を紹介します。

管理不行き届きとは?

ふだん生活しているなかで、「管理不行き届き」という言葉を聞いたことがありますか?テレビのニュースなどで耳にしたことがあったり、言葉自体と直接かかわるような仕事をしている方も多いのではないでしょうか。

今回、その管理不行き届きという言葉について、その意味や始末書の書き方など、いくつかの観点から説明していきます。

そもそも「不行き届き」って?

「管理不行き届き」という、ひとつの言葉ではなく、○○不行き届きとして言葉が成り立ちます。まずは不行き届きを理解していきましょう。

「行き届き」とは、隅々まで行き渡っている様子や、十分に行き届いていることを指します。頭に不が付いていることから、否定する言葉となりますので、隅々まで行き渡っていない、十分に行き届いていない、不十分なこと、満足に出来ていない様子を指します。

管理不行き届きとは

不行き届きの意味を理解したところで、管理不行き届きの意味を考えます。先程の「不行き届き」の頭に管理が付きました。つまり「管理」+「不行き届き」です。くっつけただけなので、管理が隅々まで行き渡っていない、十分に行き届いていない、管理が不十分なこと、様子を指します。

○○不行き届き

管理不行き届きの意味を理解したところで、不行き届きの頭には他にどんな言葉をくっつけた言葉があるか考えます。

・監督不行き届き
・連絡不行き届き
・指導不行き届き

どれも十分に行き届かなかった際に使われる言葉です。

監督不行き届きとは違うの?

意味は大きく違いません。管理不行き届きとしても、監督不行き届きとしても使われますが、監督不行き届きと使われるのは、多くは職場においてです。仕事の指示や指導が隅々まで行き届いていないことを指します。上司が部下がミスをした際など、自分の監督が不十分だったとし、お詫びする際などにも使います。監督不足とも言えます。

連絡不行き届き

その時の状況などに応じて監督・連絡・指導・管理など様々な不行き届きがありますが、連絡は連絡不足という意味です。連絡が十分に行き届いていないことを指します。連絡が不十分だった為に情報が行き渡らなかったときなどの様子を指します。

指導不行き届き

こちらも管理不行き届き、監督不行き届きと大きく違いません。指導という言葉が使われていますが、監督不行き届きと同じく職場などにおいて使われることが多いです。仕事を進めていくうえで、指導が足りなかった、指導が行き届いていないことを指します。上司が部下がミスをした際など、自分の指導が不十分だったとし、お詫びする際などにも使います。指導不足とも言えます。

同義語~同じ意味のことば~

【管理不行き届き】
・管理不十分/管理不足
管理不行き届きと同じ意味として使われます。意味は同じく、満足に管理が出来ていないことを指します。

【監督不行き届き】
・監督不十分/監督不足
監督不行き届きと同じ意味として使われます。意味は同じく、満足に監督が出来ていないことを指します。

【連絡不行き届き】
・連絡不十分/連絡不足
連絡不行き届きと同じ意味として使われます。意味は同じく、満足に連絡が出来ていないことを指します。

【指導不行き届き】
・指導不十分/指導不足
指導不行き届きと同じ意味として使われます。意味は同じく、満足に指導が出来ていないことを指します。

管理不行き届きの際の始末書

次のページ:始末書とは何をかけば良いの?

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests