Search

検索したいワードを入力してください

「尊敬の念」の意味や使い方とは?例文や対義語・英語表現も併せて解説

更新日:2022年11月07日

「尊敬の念」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。本記事では「尊敬の念」と「畏敬の念」の違いや「尊敬の念」の例文などを紹介していきます。「尊敬の念」という言葉の意味を知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「尊敬の念ってどんな意味の言葉なの?」
「尊敬の念と畏敬の念の違いって?」
「尊敬の念という言葉はどんな風に利用すればいい?」
このように、「尊敬の念」の意味や使い方について知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、「尊敬の念」の意味や「尊敬の念」と「畏敬の念」の違いなどを紹介します。この記事を読むことで、「尊敬の念」がどのような意味を持つ言葉なのか理解を深めることができるでしょう。

また、「尊敬の念」という言葉を使ったさまざまな例文や「尊敬の念」の言い換え表現についても紹介するため、「尊敬の念」という言葉をどのように使えば良いのか把握できるでしょう。

「尊敬の念」の意味や使い方について知りたい人は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

「尊敬の念」の読み方

「尊敬の念」は「そんけいのねん」と読みます。

「尊敬の念」という言葉は日常生活ではあまり使わない表現でもあるため、どのような感情・感覚なのか意味を理解していない方もいるでしょう。また、ビジネスシーンで多用される言葉ということから、正しい使い方を把握してはいないものの、何となく使っているという方も少なからずいます。

今回は「尊敬の念」という言葉の意味や使い方などをご紹介していきます。

「尊敬の念」の意味

今回のテーマである「尊敬の念」という言葉の意味について確認していきます。「尊敬の念」とは、相手を尊敬する気持ちのことです。

「尊敬の念」とは、優れた人物を尊び敬う心のことです。目の前にいない人物に対してでも、敬いの心と言葉で「尊敬の念」をあらわすことがあります。

上記の内容から、「尊敬の念」とは、相手を敬う気持ちや尊ぶ思いを指す言葉だと言えるでしょう。

「尊敬の念」と「畏敬の念」の違い

「畏敬の念」とは、相手のことをおそれ多く思うほどに敬う気持ちを意味する言葉です。「畏敬の念」は偉大な人を相手にする場合はもちろん、神秘的な自然現象などに対しても用いられます。

そのため、「尊敬の念」は人に対して用いますが、「畏敬の念」の場合は人以外に対しても用いられるという違いがあります。

「尊敬の念」の使い方

「尊敬の念」を使った言い回しとしては、「尊敬の念を抱く」「尊敬の念を覚える」「尊敬の念に堪えない」といったフレーズがメジャーです。

しかし「尊敬の念」の言い回しのニュアンスの違いなどが分からず、会話や文章の中でどのように使っていけば良いのかと、頭を悩ませる方も少なくないでしょう。

そこで、例文などを元に正しい使い方をご紹介していきます。会話やメールでのやり取りの際に、ぜひ参考にしてみて下さい。

就職活動

「尊敬の念」は就職活動でよく使われる言葉です。例えば「○○様の〇〇を拝見して以来、尊敬の念を抱いております」といった言い回しをすることで、相手に対する憧れの気持ちや敬う思いを丁寧に伝えることができます。

面接では「○○氏に尊敬の念を抱いておりますので、ぜひ御社に貢献したい」という言い回しをします。「尊敬の念」は人間に使用する言葉なので、会社そのものには使えないからです。

手紙

「尊敬の念」を手紙で使うことができます。「尊敬の念」はどちらかというと堅苦しい言葉遣いなので、目上の人などにきちんとした手紙を書く場合にはぴったりの言葉です。

機会があれば使ってみましょう。相手からよろこばれます。

「尊敬の念」の例文

「尊敬の念」の一般的な使い方についてご紹介していきます。「尊敬の念」とは上記でもご紹介したように、他人に憧れる気持ちや敬意を意味する言葉です。そのため「尊敬の念」を向ける対象は、必ず人物となります。

物に対して尊敬の念という心は抱かないので、「御校に尊敬の念を抱いています」「貴社の製品に尊敬の念を覚えました」といった言い方や書き方はしません。

次のページ:尊敬の念を抱く

初回公開日:2017年07月15日

記載されている内容は2017年07月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests