Search

検索したいワードを入力してください

滞りなくの意味・使い方例文3例・類語・滞るの意味と使い方

初回公開日:2017年10月04日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスの場面や改まった場ででよくみる「滞りなく」の意味と使い方を類義語や例文、使用する場面をイメージして整理します。計画どおりに物事が進んでいる場合や、計画どおりに完了した場合に、「滞りなく」を用います。正しく理解し、正しい場面で使えるにようにしましょう。

「支払いが滞る」とは、「支払いが順調に進んでいない」、「何らかの問題によって支払いが妨げられている」ような状態を意味する表現です。金銭の動きに関してはどうしても問題が生じやすく、滞りが発生することも少なくないでしょう。

・今月は予想外の出費が多く、生活費の支払いが滞っている。
・会社側の不手際で、給料の支払いが滞っている。

以上のようにして使われます。

交通が滞る

「交通が滞る」とは、「交通面において順調に進んでいない」、「何らかの原因によって、交通が妨げられている」という状況を意味する表現です。事故や災害、交通量の増加によって、交通の流れは乱れやすく滞りやすいでしょう。「渋滞」とは、交通の滞っていることを表す言葉です。

・休日ということもあり、交通が滞っている。
・交通が滞る原因には、事故や自然災害などが考えられる。

以上のように使われます。

「滞りなく」を使ってみよう

滞りなくの意味・使い方例文3例・類語・滞るの意味と使い方
※画像はイメージです

「滞りなく」とは、物事が順調に、スムーズに進んでいることを表す言葉でした。

イベントやプロジェクトが当初の計画どおり順調に問題なく進んだ、完了したという報告に使われることが多いでしょう。他にはセレモニーなど、成功裏にプロジェクトが完了したお礼を述べる際にも使われます。結婚式やお葬式といった冠婚葬祭のお礼挨拶でも決まり文句として使用されることも押さえておきましょう。

円滑に過ごすために

「滞りなく」とは、物事を順調に進めることを意味する言葉です。では、「滞りなく」物事を運ぶためには、どうすれば良いのでしょうか。未来を想像し、予測することが大切です。あらゆる事態を想定し、それに備えることが成功の可能性を高めます。

物事に取り組む際には、綿密な計画を立てることがカギです。「備えあれば憂いなし」という言葉を頭においてみてください。

Latests