Search

検索したいワードを入力してください

「徴収」の意味と使い方・対義語・敬語|収納/徴集/回収

更新日:2023年10月31日

徴収には、回収や領収など他にも近い意味の言葉があります。これらはお金に関する言葉なので、使い方を間違えて恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。なので、徴収と、徴収に近い言葉の意味をしっかり区別できるようにしておきましょう。

「徴収」の使い方と意味

「徴収」という言葉を耳にすることがあります。徴収と聞くと、何かに対してお金を支払うという印象しか湧かないという人も多いです。しかし、単にお金を支払うということであれば、回収や領収など他にも徴収と近い言葉があります。

これらの言葉の意味を知っておかないと、使い方を間違えて恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。なので、徴収と、徴収に近い言葉の意味をしっかり区別できるようにしておきましょう。

「徴収」の意味

「徴収」は大きな意味で言うと、金銭などを取り立てることを表します。ただし、その金銭などを取り立てる内容が定まっています。徴収では主に、国や公共団体が国民から租税、手数料、現品などを取り立てるときに使われます。

「徴収」の使い方

上記で述べた通り、徴収は国などが、国民から金銭などを取り立てるときに使う言葉です。ですが、税金などは口座から自動的に引き落とされたり、コンビニなどに自ら足を運んで支払うこともあります。

この場合は取り立てではありませんが、ときに徴収という言葉を使うときもあります。徴収という言葉は強制的や威圧的なニュアンスが強いです。なので、徴収という言葉を使うと、相手に反感を与えてしまうことがあります。

「徴収」の意味の由来

徴収という言葉は日常生活ではたまに耳にする程度です。しかし、源泉徴収という言葉には徴収という言葉が含まれています。なので、人によっては毎年最低1回は徴収という言葉を耳にしています。

実際に源泉徴収という言葉を聞いたことがあっても、その仕組みを知らないという人は多いです。

「徴収」との意味の違い

徴収はお金を取り立てるという意味があります。しかし、お金を取り立てるというだけの意味であれば、徴収以外にも似たような言葉があります。

徴収に似た言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。また、徴収とどのような意味の違いがあるのでしょうか。

集金

お金を支払うという意味では徴収よりも、集金という言葉の方が日常生活ではよく使います。自治会費や新聞代など、集金人がお金を集めるために、支払いの必要な人たちのいる場所に足を運びます。

集金の際には基本的に現金でやりとりします。1件1件回らないといけないので、時間も手間もかかります。しかし、銀行などを通さないため、手数料がかからないという利点があります。

参加費と会費

自治会費などは集金によって集められることが多いです。集金人が月に1回、家を回ってお金を集めてくれます。

このとき、その月にイベントなどがあったときに会費と参加費をまとめて集金されることがあります。中には、イベントに参加していなくても参加費を集金されることもあります。

本来、参加費は催しや活動に参加する際に、参加者が負担しなければいけない費用です。なので、地域のお茶会などでお菓子やお茶代などが参加費として集められることがあります。会費は会の運営に必要なお金を集めるので、会に所属しているだけで支払う必要のあるお金です。

不参加なら参加費はいらない?

なので、「今月は交流会があったので会費が少し高くなる」と言われたとき、これは参加費なので、しっかりと事前に不参加の意思表示が伝わっていれば、会費の差額分は支払う義務のないものです。

しかし、定期的に行っているイベントがあり、そのイベントが会費によって成り立っているという場合もあります。その場合は事前に説明があるはずなので、このような場合は、イベントに不参加でも支払わなければなりません。

回収

次のページ:「徴収」の意味を柔らかくする

初回公開日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests