Search

検索したいワードを入力してください

「多岐にわたる」の意味と使い方・漢字・類語・敬語|活動/分野

初回公開日:2018年06月13日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2018年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「多岐にわたる」という言葉を、普段耳にしたり使ったりしたことがあるのではないでしょうか。「多岐にわたる」という言葉の正しい意味を知っていますか。「多岐にわたる」の意味や使い方、言い換え表現や漢字についてくわしくご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「多岐にわたる」の意味と使い方・例文

「多岐にわたる」という言葉を耳にしたり使ったりしたことがありませんか。仕事内容を紹介する際や、就職活動で自分の経歴を伝える際にも「多岐にわたる」という言葉を使います。「多岐にわたる」という言葉の正しい意味は理解しているでしょうか。

言葉は正しく意味を理解して使うことで、自分の考えを相手に伝えたり、相手の考えを理解したりすることができます。「多岐にわたる」という言葉の意味と使い方、例文についてくわしくご紹介します。

多岐にわたる仕事・事業

仕事や事業内容を説明する際に「多岐にわたる」という言葉を使います。意味は、事業が広範囲に及んでいることです。就職活動の際に「多岐にわたる」という言葉は、自己アピールのための表現として使うことができます。

「多岐にわたる」の使い方

今まで「多岐にわたる」というように、さまざまな業務の経験がある際には、どのような業務の経験があり、どうやって取り組んできたのかという説明をアピールポイントとして使うことができます。「多岐にわたる」経験を元に、今後はどのような活動をしたいか伝えましょう。

多岐にわたる活動

ひとつのグループや企業が、さまざまな活動を行っている場合には「多岐にわたる活動」という言葉を使います。多岐にわたる活動とは、専門の分野が多いことや、活動内容がいろいろな分野に及ぶことをいいます。

使い方の例文

「多岐にわたる活動」という言葉の使い方の例文をご紹介します。

・私は大学時代に多岐にわたる活動をしていて、その中のひとつに海外ボランティア活動の経験があります。

・彼は学生時代から、多岐にわたる活動に携わっていると有名です。

・彼女は芸術に関する才能に優れていて、バレエやダンスだけではなく、衣装のデザインまで多岐にわたる活動を行っているといいます。

・今は小説の執筆や、シナリオライターとして活動していますが、将来的には舞台の演出や映画監督など多岐にわたる活動を行いたいと考えています。

・今は飲食関係の事業を展開していますが、これからは福祉やボランティアなど多岐にわたる活動にも力を入れようと思っています。

多岐にわたる分野

「多岐にわたる分野」とは、物事の範囲や領域、人の活動範囲があらゆる方面に分かれているという意味を表しています。

使い方の例文

「多岐にわたる分野」という言葉の使い方の例文をご紹介します。

・私の出身校からは、俳優や歌手、政治家など多岐にわたる分野で活躍している人が多く輩出されています。

・我が社は、医療や福祉だけではなく、飲食関係の事業も手掛けていて、多岐にわたる分野で事業を行っています。

・彼は自分の才能を試したいといって、歌やダンス、陶芸など多岐にわたる分野にチャレンジしているそうです。

・この発明は、将来多岐にわたる分野で評価されることになるでしょう。

・彼女の開発したシステムは、医療だけではなく多岐にわたる分野で使用されています。

「多岐にわたる」の漢字

「多岐にわたる」という言葉の「多岐」という言葉は、物事が多方面に分かれているという意味を持っています。「多岐にわたる」の「わたる」という言葉の漢字表記は「渡る」と「亘る」どちらが正しいかご存知ですか。間違いやすい漢字表記や、「多岐」の意味など、「多岐にわたる」という言葉にまつわる漢字についてくわしく解説します。

「多岐」とは

「多岐」とは「たき」と読みます。意味は物事が多方面に分かれていることです。また、道筋がいくつにも分かれていたり、方針がいろいろあったりするという意味もあります。

「多」という漢字

「多」という漢字は、音読みで「た」、訓読みで「おおい」と読みます。画数は6画で、小学校2年生で習う漢字です。「多」の意味は、おおいこと、量がたっぷりあることです。漢字のなりたちは、「夕べ(ゆうべ)」を重ねることで、日の重なりを表していると考えられています。

「岐」という漢字

「岐」という漢字は、音読みで「き」と読みます。画数は7画で、常用漢字です。「岐」の意味は、わかれみちです。漢字のなりたちは、「支(し)」が「き」と変わって読み方を示していて、もとは「岐山(きさん)」という山の名前であったと考えられています。

「渡る」

「渡」という漢字

「渡」という漢字は、音読みで「と」、訓読みで「わたる」「わたす」と読みます。画数は12画で、常用漢字です。意味は、わたる、わたす、向こう側へいく、向こう側へ届けるです。漢字のなりたちは、「度」という文字がはしからはしまで指をわたしてはかるという意味と、「と」という読み方を示していて、「水」がわたるという意味を示していると考えられています。

「亘る」

「多岐にわたる」の「わたる」という言葉を「亘る」と書くことがあります。「亘る」という言葉の意味は、ある期間や範囲に及ぶことです。「亘る」という漢字は常用外漢字といって、常用漢字表には記載されていない漢字です。

注意点

「多岐にわたる」という言葉の「わたる」という漢字について、ひとつ注意しなければならない点があります。「渡る」と「亘る」どちらか迷う場合には「わたる」とひらがなで書くことをおすすめします。

「多岐にわたる」の使い方の例文

「多岐にわたる」という言葉の使い方の例文をご紹介します。

・舞台や映画だけではなく、声優としても活躍する彼女の多岐にわたる活動は、さまざまな分野から注目を集めています。

・専門は心理学ですが、彼の才能は多岐にわたるため専門とは異なる分野の活躍も期待されています。

・彼の知識が多岐にわたることは、とても有名であらゆる企業が注目しています。

・風景だけではなく、そこに住む人々の生活にも密着して、多岐にわたる写真の撮影を行いました。

・このシステムは多岐にわたるプログラムが組み込まれていて、最新の技術だといわれています。

「多岐にわたる」の類語・言い換え

「多岐にわたる」という言葉の類語や言い換え表現と、意味や使い方についてご説明します。

「多岐にわたる」の類語

「多岐にわたる」という言葉の類語と意味をご紹介します。

・幅広い(はばひろい):活動の範囲が広いこと。

・広範(こうはん):範囲が広いこと。

・網羅(もうら):残らず取り入れたり、余りなく尽くしたりすること。

・手広い(てびろい):場所や規模、関係する範囲が広いこと。

・広範囲にわたる(こうはんいにわたる):広い範囲に及ぶこと。

・多方面(たほうめん):多くの方面や、いろいろな分野のこと。

・幅広い分野(はばひろい分野):広い範囲で活動すること。

・多角的(たかくてき):物事をあらゆる方面から検討したり、行ったりすること。

多岐に及ぶ

「多岐にわたる」という言葉を「多岐に及ぶ」と言い換えができます。「多岐に及ぶ」の意味は「多岐にわたる」と同じ意味のほかに、能力がさまざまな方向に達しているという意味もあります。

「多岐に及ぶ」の類語

「多岐に及ぶ」の類語と意味をご紹介します。

・多面的(ためんてき):いろいろな方面にわたっているということ。

・多彩(たさい):色とりどりで、華やかなこと。

・多才(たさい):あらゆる方面に才能があること。

・分野をまたいだ(ぶんやをまたいだ):さまざまな方面に能力があること。

・バラエティ豊か(ばらえてぃゆたか):種類や数が多いことや、さまざまな能力があること。

使い方の例文

「多岐に及ぶ」という言葉の使い方の例文をご紹介します。

・彼の俳優としての活動は、ミュージカルから映画まで多岐に及ぶ。

・人間が生きていくことに関連している学問の分野は、医学や社会学だけではなく、教育学や心理学など多岐に及ぶ。

・この制度が見直されたことで、多岐に及ぶ効果が期待されています。

・私が進学を希望している学校は、授業内容が多岐に及ぶことも魅力のひとつです。

・彼女の著書は、恋愛から育児、料理などテーマは多岐に及ぶことが有名です。

多種多様

「多岐にわたる」という言葉の意味のひとつである、「物事が多方面に分かれている」という意味の言い換え表現として「多種多様(たしゅたよう)」という言葉を言い換え表現で使うことができます。「多種多様」とは、種類が多いことや、物事がさまざまであるという意味があります。

使い方の例文

「多種多様」という言葉の使い方の例文をご紹介します。

・世の中には多種多様な職業があることを忘れてはいけません。

・父の跡を継ぐことだけを考えて生きてきたけれど、多種多様な生き方があることを知りました。

・多種多様な趣味があるということを、理解するのが大切です。

・多種多様な生物が共存していくことが、人類の課題のひとつではないでしょうか。

・わが社の業務内容は多種多様なため、さまざまな人材がそろっています。

「多岐にわたる」の敬語

「多岐にわたる」という言葉の敬語表現について、ご説明します。「多岐にわたる」の尊敬語での表現は、「多岐にわたって活躍されていらっしゃる」「多岐にわたって活躍していらっしゃる」という表現が多く使われています。

「多岐にわたって活躍されていらっしゃる」という表現は、二重敬語のため違和感を覚える場合があります。「多岐にわたって活躍していらっしゃる」という表現も敬語です。より丁寧に伝えたいからといって、過剰に敬語を使わないように注意が必要です。

「多岐にわたる」は正しく使いましょう

「多岐にわたる」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。「多岐にわたる」という言葉は、物事が多方面に分かれているという意味があります。「多岐にわたる」の「わたる」を「渡る」「亘る」と漢字表記する場合もありますが、迷う際にはひらがなで書くことをおすすめします。

「多岐にわたる」は「多岐に及ぶ」「多種多様」など言い換え表現を使うこともできます。また、多方面に分かれているという意味のほかに、能力がさまざまな方向に達しているという意味もあります。

言葉は正しく意味を理解して使うことが大切です。自分の考えを相手に伝えたり、相手の考えを理解したりするために、「多岐にわたる」という言葉を正しく使いましょう。

Latests