Search

検索したいワードを入力してください

「寄与する」の意味と使い方・類語・反対語・敬語・読み方

初回公開日:2018年06月13日

更新日:2020年02月08日

記載されている内容は2018年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みなさんは「寄与する」の意味をご存じですか。なかなか日常生活で利用する機会がないために、本来の意味を間違え覚えてしまう人もいます。そんな「寄与する」の意味や使い方をちゃんと理解して使うことで新しい教養が身につくでしょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「寄与する」の意味と使い方・例文

ここでは、まず「寄与する」の意味を理解してから、「寄与する」を用いてどのような使い方ができるかを例文を挙げてご紹介します。

寄与するの意味

まず、「寄与する」の「寄与」の漢字の意味には、世の中の社会や他の人などのために力を尽くして役立つことになります。では今度は文字一字ずつみていきますと、「寄」は「よせる」や「より」の言い方ができ、「何々寄り」とか「我が身を寄せる」などで「人に頼る」の意味合いが強いです。

「与」は「与える」で捧げるの意味合いが強くなります。寄り添い合い助けあうことや頼ってきたら与えることをすることが、二つを合わせると意味合いがもっと強くなります。

寄与するの使い方例文

使い方はいろいろあるなかで分かりやすく例文を交えて「寄与する」を用いて紹介します。

・「今後の若者が社会に大きく寄与することがすぐ近くまできている」

・「社会の発展のために全財産を投げ打ってユニセフ募金に寄付する」

・「被災した人たちの元気になればと災害ボランティアに寄与する」

・「地域の清掃に率先して寄与することで自然に手伝う人が増えた」

・「社会のゴミ問題を削減するために企業だけでなく一人ひとりの取り組みが大きく寄与する」

他の「寄与する」の使い方は

「寄与する」を例えばジャンル別に使うとどんな感じになるか試してみましょう。例えばスポーツであれば、「トレーナーやコーチが寄与することで選手は力を発揮できる」や、「アスリート選手が高い身体能力を維持できるのはマシンの力が寄与する」も事例になります。

他のジャンルであれば政治経済で、「4年に1度のオリンピックは世界平和の友好の明かしで寄与するところが大きい」もあります。また、「田舎での開発が遅れているので大企業が人材を派遣し寄与する」も事例になります。

「寄与する」の類語・同義語

「寄与する」の類語としてどんな言葉がまず思いつくでしょうか。そんな、社会や人の役に立つの意味に類語している言葉を、意義素ごとに分類しました。それぞれの意義素ごとに違いを見比べてみましょう。

類語の機能発揮による良い影響をもたらすこと

「寄与する」の類語には、幾とおりの言葉があり、ここでは機能的な部分で力を発揮して全体的に良い影響をもたらすことの意味になります。その類語を見比べてみましょう。

・期待以上の結果を上げる

・業績を回復させてくれた

・営業面で想像以上の戦果を立てる

・いい働きをすることで幹部から褒められた

・新人が期待とおりに働くことで効率よくなった

結果を出したことによる要因

「寄与する」の類語の意味の中で、結果を出したことにより得られる要因をあらわす類語があります。その類語を簡単にではありますが見比べてみましょう。

・国外で働いている人の援助を尽くす

・1人で困っていたのを使えるようになるまで供する

・困っている社会をできる範囲ではあるが力になる

・少しでもあなたの力に役立ちたいと助力する

・自分たちのチームが優秀な成果を残す

人から認められる物事を成し遂げたこと

よく目に見える形での結果や要因も合わせ、人から認められたり喜ばれてしてその結果に物事を成し遂げることができたことも「寄与する」の類語の1つになります。その類語を簡単にではありますが見比べてみましょう。

・戦禍において武勲を立てる

・会社の業績で手柄を上げる

・革命的な発明により社会に功績を残す

・将来の医療を変えるほどの名を残す

・誰も成し遂げなかった実績を残す

・いくつものプロジェクトをまとめて成功を収める

「寄与する」と似た言葉との違い

よく「寄与する」の言葉と間違われて使う言葉があります。そんなちょっとした勘違いによって今後の人生で失敗しないように今のうちに意味の違いを理解しておきましょう。

貢献する

「貢献する」のまずは読みとして「こうけんする」になります。「貢献する」の意味は、持っている力を出し尽くして良い結果をもたらしてあげることです。よく文例としてあるのが、我がチームの能力で会社の発展に貢献するプロジェクトがやっときたなどが使い方になります。

なかには、わが社の成果がその地域の貢献度が高いために、地域のみなさんから喜ばれてたなどに例文としてあります。よく「寄与する」と「貢献」は同じ意味合いで捉えられることがありますが、「寄与」は物事が上から下に向かい、「貢献」は物事が下から上へと向かう感じが意味合いとしては違ってきます。

資するなど

よく「寄与する」に似ている言葉に、「資する」がありますが、何が違うか分かりますか。まずは読みとして、「しする」になり漢字の「資」は、資料や物資などのあるものの意味として指す側になります。

「寄与する」はどちらかと言えば社会や人の役に立つこととして使われますが、「資する」においては、何かの目的や方針に則って援助することにニュアンスが近くなります。「寄与する」にも似ていますが、援助することへの意味合いでは「資する」が強い言葉です。

献身する

「献身」の言葉も「寄与する」に近い言葉になりますが、正確には異なる意味になります。「寄与する」では人の役に立とうとしますが、「献身する」は、社会や人の役に立つ前に自己犠牲を含んだ、自分自身のことを顧みないで役に立とうとしているので尊いときなどに使う言葉です。

例えば、「被災で怪我した人々が雨風にさらされていたので献身てきに介護した」などの事例になります。他にも「身寄りがない子どもたちがホームレスしてるので、出来る範囲で献身てきに助けた」も事例になります。

尽力する

「尽力する」は、持っている力を全て尽くすこと自体になり、感じの「尽」は、尽くすことからきています。簡単な使い方ですと、災害救助において多くの人が尽力するなどが例文になります。

または、助けていただいた人たちのお礼の言葉で、救助していただきご尽力に感謝の言葉がありませんが例文として使われます。意味合いでは、社会福祉や町の発展などに尽力するなどを利用するのを目にします。

「寄与する」の反対語・対義語

日常の生活などをしていれば会社で役立つことをすることもあるでしょう。私生活においても地域社会や福祉などでも寄与することはできます。では、逆に「寄与する」の反対語・対義語は何になるでしょうか。簡単な言葉であれば、役に立つの反対は「役に立たない」になります。

では、役に立たないで思いつく言葉といえば、役立たず、関与しない、係わらない、何もしない、与からないなどが反対語として主に挙がります。本来であればそんな考えや気持ちにならずに、役に立つことができればお互いに良いことでしょう。

「寄与する」の敬語

敬語はどのようなときにまず使いますか。目上の人を敬う時に使ったり相手側の立場を立てるときなどに使われます。そんなちょっとした違いを理解しているだけで実際に利用するときに考えず使うことができますので、ここで覚えておきましょう。

尊敬語など

まずは「寄与する」は語尾に、「する」が基本形になっています。では、尊敬語はどうなるのでしょうか。尊敬語の場合は、「なさる、される」を用いて「寄与される」や「寄与なさる」になります。

では、ついでに謙譲語や丁寧語もついでに知っておきましょう。謙譲語では、「いたす」、「させていただく」が語尾について、「寄与いたす」や「寄与させていただく」になります。丁寧語の場合は、ただ丁寧に述べる言葉になるので「寄与します」などでいいです。

謙譲語など

「寄与する」の謙譲語は何になるかご存知でしょうか。まず謙譲語とは、自分自身が相手に対して自分がへりくだる表現になり、自分を下にすることで相手を上にもっていかせたいときに使います。

ここでの謙譲語は、「いたす」や「させていただく」が「する」のかわりになります。使い方の具体例で言えば、「労力的にここまでしか寄与させていただくことができずに申し訳ない」と使うこともできます。

丁寧語など

「寄与する」の謙譲語は何になるか、ご存知でしょうか。まず謙譲語とは、自分自身が相手に対して自分がへりくだる表現で、自分を下にすることで相手を上にもっていかせたいときに使用します。

ここでの謙譲語は、「いたす」や「させていただく」が、「する」のかわりになります。使い方の具体例で言えば、「労力的にここまでしか寄与させていただくことができずに申し訳ない」と使うことも可能です。

「寄与する」の用法

「寄与する」の言葉については上述で教えてきました。今回は、違う言い方での「寄与」を簡単にではありますが用法をご紹介しましょう。

寄与できる

「寄与できる」を用いて使った例文では、どんなのがあるか具体例を見てみましょう。「この機能を使えば生産アップに寄与できる」が具体例になります。「寄与できる」は、役に立てるの意味になり「~で寄与できる」が普通の使い方です。

他の事例として、「いつもの音楽では少しさびしかったのでテンポが少し明るい音楽を入れたらみんなの気持ちが楽しくなり寄与できることの楽しみを知った」も一つの事例です。

寄与させるなど

「寄与させる」を用いて使った例文では、どんなのがあるか具体例を見てみましょう。「神社仏閣が災害により損壊したので、お布施を寄与させることにした」が具体例になります。「~が寄与される」が、普通の使い方になります。

他の事例として、「公共機関が発達してなかったので、公共ラインの技術を寄与させる」も使い方の一例です。

「寄与する」の読み方

「寄与する」の読み方は、「きよする」です。どんなときによく使われるかと言えば、「~に寄与する」が一般的に用いられることがあります。そんな「寄与する」ですが、ビジネスシーンでよく使われる言葉でもあり、好んで使う人もよく見受けられます。発音が少し難しいので、ハッキリ言えるようになりましょう。

「寄与する」の言葉を知ったあとに

なかなか人や社会の役に立つって難しいことです。普通であれば、自分自身の生活や仕事が最優先になり、そこから結果として社会や人の役に立つことができることが多いでしょう。

意識的に何かに寄与することをしようと考えても、実際にそれを行動に移して結果として役に立つことができるのもごく僅かです。「寄与する」の持っている本来の意味を理解し、他の類語や反対語との違いもはっきりわかることで、教養をより深めていけるでしょう。

Latests