Search

検索したいワードを入力してください

「安心しました」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「安心しました」の敬語表現を使うことができるようになれば、周りの人と気持ちを共有することができるようになります。気持ちの共有は信頼関係を築くための重要な要素ということができるでしょう。この記事から「安心しました」の敬語表現と使い方について徹底的に調べましょう。

「安心しました」の敬語表現とは?

何かの事が生じたために心配してしまうことはたくさんあります。それに、そのことに自分の家族や親しい友人が関わっているのであれば、何の情報がなかったとしても心配だけが膨らんでしまうのではないでしょうか。

そして、心配をたくさん抱いていたものの、実際には何も起きていなかったことを知った時には、誰でも「安心しました」というフレーズを使いたくなると言えるのではないでしょうか。実際には、無意識にこのフレーズを使っている人もたくさんいます。

素直な気持ちを伝えるために大切

でも「安心しました」の正しい敬語を使うことができなければ、自分の率直な気持ちを周りの人に伝えることが難しくなってしまいますし、場合によっては、周りの人を不快な気持ちにさせてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるためにも「安心しました」の敬語表現を理解することは非常に重要と言えます。実際のところ、敬語をしっかり使うことのできる大人にならなければ、円滑なコミュニケーションを図ることは難しいと言えるからです。

「安心しました」の敬語での使い方

「安心しました」という言葉を敬語で使うのは非常に難しいこととされています。それとも、いくつかの敬語について学ぶことによって、自分が普段の会話の中で使ってみたいと感じるフレーズを見つけることができる可能性もあります。

それに「安心しました」の敬語をたくさん知っておくことによって、損をすることはないでしょう。自分の言葉のバリエーションが少ないことによって恥ずかしい気持ちになることはありますが、語彙が豊富であることによって損をすることはほとんどありません。

敬語の種類

ある人たちは「安心しました」の敬語表現は1つだけであると考えていますが、実際のところはそうではありません。敬語にもいくつかの種類があるので「安心しました」の1つの敬語だけを理解していたとしても、他の敬語表現には精通していないという可能性があります。

いろんな敬語の種類について理解することができるようになる必要があるでしょう。そのようにすることによって、自分の考えを自由に相手に対して敬意を込めながら伝えることが可能になるからです。

安心いたしました

1つ目に上げることのできるフレーズは「安心いたしました」になります。「安心いたしました」と言う敬語表現を使うことによって「安心しました」とほとんど同じ意味を相手に対して伝えることが可能になります。

何かの情報を得ることによって自分の気持ちを安らげることができるのであれば「安心しました」というフレーズを使う代わりに「安心いたしました」という敬語表現を使うことができるでしょう。

そのようにして自分の率直な感情を周りの人に伝えることが可能になります。自分の気持ちを伝えることによって周りの人が不快な気持ちになってしまっては意味がありませんが、このフレーズはしっかりとした敬語なので、周りの人の理解を得やすくなるに違いありません。

使い方

「安心しました」の敬語表現である「安心いたしました」という言葉を理解していたとしても、自分の会話の中で実際に敬語表現を使うことは難しいと感じる人は少なくありません。なぜなら、敬語表現の使い方について理解することができていない人が多いからです。

どういうことかと言いますと「安心しました」の敬語表現の意味について理解することができていたとしても、どのような状況で使うことができるのかについては精通していない人が多いということです。

そのため「安心しました」の敬語表現をどのようにして使うことができるのか、これから詳しく紹介します。自分の普段の生活の中の状況と照らし合わせて考えてみましょう。そのようにすることによって、すぐに会話の中に取り入れることのできるフレーズを見つけることができるでしょう。

安心しましたので

例えば「安心しましたので」というフレーズを使いながら「安心しました」の敬語表現を作成することができます。このフレーズの使い方は少しだけ難しいと言えます。なぜなら「安心しましたので」という敬語表現を使った後に、他のフレーズを付け足す必要があるからです。

「安心しましたので、ゆっくりとご飯が食べられます」という例文を作ることもできるでしょう。この敬語表現を使っている人は、何かの心配事があったので、ご飯を食べることができていなかった可能性があります。

しかし、その心配を解消する何らかの情報を得ることができたので「安心しましたので、ゆっくりとご飯が食べられます」という発言をすることが可能になります。自分の家族や友人について心配してご飯が喉を通らないと感じた後に、良いニュースを聞くことができたのであれば、この敬語表現を使用することができるでしょう。

メールでの使い方

普段の会話の中で「安心しました」の敬語表現を上手に使うことができていたとしても、メールの中ではそれと同じ表現を使うことのできない場合があります。書き言葉にすると不自然になってしまうフレーズや、相手に対する失礼な発言だと捉えられてしまう表現もあるので注意する必要があります。

では、具体的にどのような文章で「安心しました」の敬語表現をメールの中に記すことができるのでしょうか。普段からメールを送る機会の多い人は、メールの中で使うことのできる具体的な例文を理解しておく必要があるでしょう。

仲がよいのであれば「安心しました」で大丈夫

普段から親しい関係のある上司に対してメールの連絡をするのであれば「安心しました」という言葉で十分でしょう。すでに紹介したように敬語使用されていることになるからです。気心が知れている関係のある人に対して「安心しました」という敬語表現を使ったとしても問題はありません。

むしろ、この敬語表現が使われることによって、固すぎるイメージを相手に与えることを防げるので、お互いの信頼関係を再確認することのできるメールとも言えます。しかし、普段から親しくすることのない上司に対してメールを送るのであれば「安心しました」ではなくて、もっと深い敬意を示されている表現を用いるようにしましょう。

ビジネスでの使い方

ビジネスでは、自分の言葉遣い1つで新しい契約を交わすこともできますし、場合によっては、自分の言葉遣いが原因となって、逆に契約を打ち切られてしまう可能性もあります。

つまり、自分が正しい言葉遣いをすることができないのであれば、取引先の人に対して良いイメージを与えることができないということができます。ビジネスマンとしての能力を成長させていきたいのであれば、正しい敬語を使うことができるようにならなければなりません。

では「安心しました」の敬語表現をどのようにしてビジネスの場面で使うことができるのでしょうか。普段から営業なのに入っている人にとって必見の情報を見つけることができるでしょう。

安心いたしました

簡単に「安心いたしました」というフレーズを使うことによって「安心しました」の敬語表現を作成することができるでしょう。「安心しました」と相手に伝えることができる意味は同じなので、複雑に考えすぎることなく使うことのできるフレーズと言えます。

それでも「安心いたしました」という言葉だけでは不安に感じるのであれば、どのようなフレーズを付け足すことができるのでしょうか。取引先の人に対する、もっと深い敬意を示すことのできるフレーズを紹介します。

おかげさまで

「安心いたしました」よりももっと深い敬意を取引先の人に対して示したいのであれば、このフレーズに「おかげさまで」と付け足すことができるでしょう。取引先の人が気を利かせてくれたことによって、自分や自分の会社の心配事が少なくなったのであれば「おかげさまで、安心いたしました」という敬語表現を使うことができます。

このフレーズを使うことによって「ご協力してくださったおかげで安心しました」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。基本的には、他のフレーズでも同じような意味を伝えていることになりますが、相手に指名される敬意が深くなっているので、ビジネスの場面で大活躍してくれるフレーズということができるでしょう。

「安心しました」を敬語表現するときの例文

「安心しました」の敬語表現について理解することができていたとしても、例文に精通していなければ自分の会話の中で使うのは難しいと言えます。そのため、これから「安心しました」の敬語表現を使われている例文を詳しく紹介します。

よかった

「安心しました」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現
※画像はイメージです

例えば、自分ではなくて会話をしている相手の人が心配を抱えているとしましょう。相手と自分との信頼関係を深めるためには、相手が抱えている心配事を、自分の心配ごとのように感じる必要があります。

そして、もし相手の抱えている心配事がなくなったのであれば、自分の心配事がなくなったかのような表現をする必要があります。そのような時に活躍してくれるのが「安心しました。よかったです」という敬語表現になります。

意味を簡単に分かりやすく説明するのであれば「無事だったんですか。良かったです」という考えを相手に対して伝えることが可能になります。親しい人の心配ごとを、自分のように感じている事を表現することのできる、便利なフレーズということができるでしょう。

「安心しました」の別の敬語表現の例とは?

「安心しました」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現
※画像はイメージです

「安心しました」という言葉を別の敬語表現を使いながら例文を作成することができます。例えば「親身に対応してくださったので、安心しました」という敬語表現を作成することができるでしょう。

このフレーズの意味をわかりにくく感じる人はほとんどいないはずです。意味としては「親切にしてくれたので、心配がなくなりました」という考えを相手に対して伝えることが可能になります。

お互いの信頼関係で成り立つ取引や契約があるはずです。そのような契約を結んでいる取引先の人が、非常に親切であることに気づいたのであれば、このフレーズを積極的に使うことができるでしょう。

「安心しました」の謙譲語

敬語の中でも謙譲語は目上の人に対しても使うことのできる便利なフレーズだと言われています。なぜなら、謙譲語には深い敬意が含まれていることになりますので、自分から見てかなり目上の人だと感じる人であったとしても、この表現で対応することができるようになるからです。

では「安心しました」という便利な言葉を、敬語の謙譲語で言い換えるのであれば、どのようなフレーズにすることができるのでしょうか。

いたしました

単純に「いたしました」というフレーズを使うことによって「安心しました」の謙譲語を作成することが可能になります。「安心いたしました」は敬語の謙譲語になりますので、自分と会話をしている人が会社の社長であったとしても使用することができます。

「他にも良い表現があるのではないか」と感じられる方もおられるでしょうが、謙譲語が使われていることによって苛立ちを感じる人はほとんどいないので心配する必要はないでしょう。

「安心しました」の尊敬語

「安心しました」の尊敬語について学ぶ必要があります。「敬語なら謙譲語だけを学べば大丈夫だ」と感じている人がいるのも事実ですが、謙譲語は堅苦しいイメージを相手に対して伝えてしまう可能性があるので、親しい上司が取引先の人と会話をしている時には、尊敬語を使うことができるでしょう。

自分の言葉にバリエーションを持たせるためにも「安心しました」の尊敬語を詳しく紹介します。これから紹介されるフレーズをしっかりと記憶して、普段の会話の中で使うことができるようになりましょう。

安心される

「安心しました」を尊敬語では「安心される」というフレーズで言い換えることができます。しっかりとした敬語なので、目上の人に対しても使うことのできる表現になります。例えば「安心されたのではないでしょうか」という同調を促す質問を使うことによって、親しい上司や取引先の人と気持ちを共有することができるでしょう。

「安心しました」の丁寧語

「安心しました」の丁寧語は「安心しました」です。あまり深い敬意が示されていないように感じる人もいる可能性がありますが、丁寧語も敬語の1つになるので、目上の人に対しても使うことができます。

普段からコミュニケーションをとることの多い信頼のおける上司と会話をしているのであれば「安心しました」のような丁寧語を使用することができるでしょう。

「安心しました」の敬語で気持ちを共有する

「安心しました」という言葉を無意識のうちに使っていることはたくさんあります。心配事がなくなったのであれば、誰でも「安心しました」という言葉を使いながら、自分の心が落ち着いていることを示したいのではないでしょうか。

そのように感じているのは自分だけではなくて、自分と一緒にいる周りの友人や職場の同僚も同じです。そのため「安心しました」の敬語表現を使うことによって、自分の気持ちを相手に対して伝えることもできますし、相手の気持ちを悟ることによって気持ちを共有することも可能になります。

そのような重要な単語になりますので、これからも「安心しました」の敬語表現を使いながら、お互いに気持ちの共有をすることができるように工夫していきましょう。

Latests