Search

検索したいワードを入力してください

「ありますか」は敬語?使い方・例文や間違った表現なども紹介

更新日:2023年10月07日

「ありますか」の敬語表現を正しく使えていますか?本記事では、「ありますか」という言葉について、意味や正しい使用方法、また間違った表現などを詳しく解説しています。この記事を参考にして、正しい敬語表現を身に付けてみましょう。

普段、何気なく使うことの多い「ありますか」という言葉は、目上の人との会話やビジネスシーンで使用する際には、より丁寧な敬語表現に直して使用する必要があります。

ですが、この「ありますか」のより丁寧な敬語表現を正しく使いこなせていると自信のある人は、少ないのではないでしょうか。使用頻度の高い言葉なので、この言葉を正しく理解して相手に失礼のないコミュニケーション能力を付けることは、とても重要です。

この記事では「ありますか」の敬語表現、例文、間違った表現に加え、英語表現についても紹介しています。

記事を読むことで、「ありますか」を正しく使えるようになるでしょう。

「ありますか」の正しい敬語表現を理解し、目上の方との会話においてまた、メールやプレゼンなどのビジネスシーンで適切な使い分けができるようにするために、是非この記事を参考にしてみて下さい。

「ありますか」は敬語?

「ありますか」は敬語?使い方・例文や間違った表現なども紹介

「ありますか」という言葉は「あります」の疑問形で、一応は敬語表現とはなりますが、より丁寧な敬語表現が存在しています。

親しい間柄の人との会話であれば「ありますか」を使用することに問題はありませんが、より丁寧な敬語表現も知っておくことで、使い分けができた方が良い言葉です。

ここでは「ありますか」の敬語表現について紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

ビジネスでは「ございますか」が一般的

「ありますか」のビジネスで使用される丁寧な敬語表現では「ございますか」が一般的です。

「ございますか」という表現でも十分に敬意を払っている言葉遣いではありますが、さらに敬意をこめて表現をしたいときには「失礼ながら~」「お手数ですが~」といった枕詞に続けて「ございますか」を使用してみましょう。

この表現はかなり丁寧な表現方法となるので、親しい間柄の人に対して使用するとおおげさな印象になってしまいます。会話の相手毎に正しく使い分けができるようにしておきましょう。

「ありますか」の敬語としての使い方・例文

ここでは「ありますか」とその敬語表現を使ったそれぞれの例文を、いくつかの場面毎で紹介します。

言葉の受け手にどのように印象の差がでるかも確認できるので、「ありますか」の丁寧な敬語表現を理解するための参考として役立ててみて下さい。

時間を尋ねる場合

  • 明日はお時間ありますか?

まずは時間を尋ねる場合の例文です。予定などを聞く場合に頻繁に使われるフレーズだと思いますので、確認しておきましょう。

まずは「ありますか」を使って時間を尋ねた場合「明日はお時間ありますか」となります。

次に「ありますか」の丁寧な表現「ございますか」を使って尋ねた場合「明日はお時間ございますか」となります。

受け手の印象もかなり変わるので、適切に使い分けができるようにしておきましょう。

質問を受ける場合

  • 何か質問ございますか?

次に質問を受ける場合の例文です。予定などを聞く場合と同様に、ビジネスシーンでも頻繁に使われるフレーズとなりますので、確認しておきましょう。

まずは「ありますか」を使って質問を受ける場合「何か質問ありますか」となります。

次に「ありますか」の丁寧な表現「ございますか」を使って尋ねた場合「何か質問ございますか」となります。

目上の方との会話やビジネスシーンで「ありますか」を使うと、不躾な印象を与えてしまうので、丁寧な敬語表現の使い方をきちんと理解しておきましょう。

経験や物の有無を尋ねる場合

  • 資料はございますか?
  • 野球観戦の経験はございますか?

最後に経験や物の有無を尋ねる場合の例文です。こちらも日常的によく使用されるフレーズとなっているので、確認してみましょう。

まずは「ありますか」を使って経験や物の有無を尋ねた場合「資料はありますか」「野球観戦の経験はありますか」となります。

次に「ありますか」の丁寧な表現「ございますか」を使って尋ねた場合「資料はございますか」「野球観戦の経験はございますか」となります。

ビジネスシーンでは経験や物の有無を尋ねる機会も多いので、きちんと使い分けができるようにしておきましょう。

次のページ:「ありますか」を使う場合の注意点

初回公開日:2018年03月14日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests