Search

検索したいワードを入力してください

「ありますか」は敬語?使い方・例文や間違った表現なども紹介

更新日:2023年10月07日

「ありますか」の敬語表現を正しく使えていますか?本記事では、「ありますか」という言葉について、意味や正しい使用方法、また間違った表現などを詳しく解説しています。この記事を参考にして、正しい敬語表現を身に付けてみましょう。

「ありますか」を使う場合の注意点

「ありますか」という表現は、一応は敬語表現と言えますが、かなりカジュアルな表現となるために、目上の方やビジネスシーンで使用する場合には、より丁寧な表現を使用する必要があります。

親しい間柄の上司や先輩であれば「ありますか」という表現でも問題ない場合もありますが、目上の方との会話やビジネスシーンでどちらの表現を使うか迷った時には、より丁寧な敬語表現を使用しておけば安心と言えるでしょう。

より丁寧な敬語表現をする際に誤ったフレーズが使用されている場合も多いので、正しい敬語表現を理解しておく必要があります。

「ありますか」を丁寧に言い換える表現

「ありますか」の丁寧な敬語表現として使用されているフレーズには「ございますか」以外にも、いくつか存在しています。

ここで紹介しているフレーズを使用することで、より丁寧な表現とすることが可能です。目上の方との会話やビジネスシーンで活用できるフレーズとして、是非参考にしてみて下さい。

「おありですか」

「おありですか」というフレーズを使用すれば、より丁寧で好印象を与えるコミュニケーションが可能です。初対面の相手との会話や役職が上の方との会話など、かしこまったシーンに最適の表現と言えるでしょう。

「おありですか」は尊敬語と丁寧語が組み合わさってできたフレーズなので、二重敬語ではなく、正しい表現として使用できます。

「ございますか」より少し丁寧な敬語表現として、理解しておくようにしましょう。

「おありでしょうか」

「おありでしょうか」というフレーズを使用すれば、「おありですか」より丁寧な印象を与えるコミュニケーションが可能です。

会社の重役クラスや大口クライアントへのプレゼンの質疑応答などでは、例えば「質問はおありでしょうか」といった表現を使用してコミュニケーションすることをおすすめします。

使うシーンを誤ると、丁寧すぎて不自然に感じられる敬語となるので、適切なシーンでのみ使用するようにしましょう。

「ありますか」に似ている間違った表現

「ありますか」の丁寧な敬語表現として、間違った表現となってしまうフレーズがいくつか存在しています。

間違った表現にもかかわらず、耳にする機会が多いフレーズなので、正しい敬語表現ではないことをしっかりと理解して、うっかりと使ってしまうことのないように、注意しましょう。

「ありますでしょうか」

「ありますでしょうか」というフレーズは非常に耳にする機会も多いのですが、「ありますか」の丁寧な敬語表現としては間違った表現となります。

「ありますでしょうか」は、「ある」の丁寧語「あります」と「だろうか」の丁寧語の「でしょうか」が組み合わさった二重敬語です。二重敬語は文法的に誤りのあるフレーズと言えるので、誤って使うことがないように注意しましょう。

「ございますでしょうか」

「ございますでしょうか」というフレーズも「ありますでしょうか」のフレーズと同様に、丁寧な敬語表現としては間違った表現となります。

「ございますでしょうか」も、「ある」の丁寧語「ございます」と推測の丁寧語「でしょうか」が組み合わさった二重敬語です。このフレーズも誤って使うことがないように、注意しましょう。

「ありますか」の英語表現

次のページ:「ありますか」などの敬語は正しく理解して使いましょう

初回公開日:2018年03月14日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests