Search

検索したいワードを入力してください

敬語「勉強になりました」の意味とは?使い方・例文・謙譲表現を解説

更新日:2023年10月06日

「勉強になりました」の正しい使い方や敬語表現に悩む方もいるのではないでしょうか。本記事では「勉強になりました」の意味や使い方、敬語表現などについて解説しています。正しい敬語を理解し、ビジネスなどで活かせるために詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

「勉強になりましたには、どんな意味が含まれているのだろう?」
「勉強になりましたって、正しい敬語表現なの?」
「他にも、勉強になりましたと同じ意味がある言い方はあるの?」
このように「勉強になりました」について、疑問を持つ方もいるでしょう。

本記事では、「勉強になりました」の意味や使い方、敬語表現などについて解説していきます。

この記事を読むことで、「勉強になりました」の正しい意味や使い方を知ることができ、日常生活やビジネスシーンなどで適切に使用することができるようになるでしょう。

また敬語や他の言い換えを知ることで、相手に対して好感を持ってもらうことができ、良好なコミュニケーションが図れるようになります。

「勉強になりました」について興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

「勉強になりました」の意味

社会人として働く人なら、「勉強になりました」を一度は使ったことがあるのではないでしょうか。
「勉強になりました」は、目上の方や上司から指導を受けた際に、感謝の気持ちを示す意味として使われます。

ここでは、「勉強になりました」の敬語についても説明していきます。

「勉強になりました」は敬語では丁寧語

「勉強になりました」は、敬語では「勉強になった」の丁寧語です。
「勉強」にも「なりました」にも尊敬語や謙譲語の要素は含まれていないため、丁寧語と考えられます。

「勉強」は、「役に立った」「良い経験になった」という意味合いがあり、ポジティブな表現として使われています。
目上の方や上司に対して、尊敬語や謙譲語を使用するのがマナーではありますが、ビジネスシーンで使用しても失礼にはなりません。

「勉強になりました」の使い方・例文

敬語「勉強になりました」の意味とは?使い方・例文・謙譲表現を解説

「勉強になりました」と一言で言っても、その時のシーンに合わせて使い方が異なります。
それぞれの使い方を知っておくことで、どんな相手にも好感を持ってもらえるでしょう。

ここでは、「勉強になりました」の使い方や例文について、解説していきます。

自分にとって利益があった場合

「勉強になりました」は自分にとって利益があった場合にも使われます。
「自分にとって、とても良い結果をもたらすことができました」という、ポジティブな結果とともに用いられることが多いです。

  • 「有意義なアドバイスをいただき、非常に勉強になりました。今後ともよろしくお願いいたします。」
  • 「ご教示いただいた内容は、今後の検討を進めるうえで、大変勉強になりました。」

新たな知識などに接した場合

以下の例文は、上司などから新たな知識を教えてもらったときや、新たな出会いなどで使用できます。

様々な新しい事柄に接した場合にも、「勉強になりました」は有用です。

  • 「大変勉強になりました。どうもありがとうございます。」
  • 「短い時間ではありましたが〇〇さんと一緒に仕事をができ、大変勉強になりました。ありがとうございました。」

有益な情報などを得た場合

ビジネスシーンなどで有益な情報などを得た場合にも、「勉強になりました」を使うことができます。

以下の例文のように得た情報について具体的に感謝を伝えると、より相手に気持ちが伝わります。

  • 「先日のお話、非常に勉強になりました。勧めてくださった書籍を購入して読みましたが、おっしゃる通り素晴らしかったです。」

メールで用いる場合

次のページ:「勉強になりました」を敬語として用いるときの注意点

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests