Search

検索したいワードを入力してください

「声をかける」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

初回公開日:2018年02月22日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「声をかける」の敬語表現を使うことができないのであれば、周りの人に上手な仕方で依頼をすることができなくなってしまいます。ビジネスマンとして活躍しているのであれば、正しい敬語表現を支える必要があるでしょう。この記事かな「声をかける」の敬語を詳しく理解できます。

「声をかける」の敬語表現とは?

周りの人と上手なコミュニケーションをとる上で必要不可欠なことは、会話ということができるでしょう。実際のところ、周りの人達と会話をすることができなければ、自分の意思を相手に対して伝えることができませんし、相手の医師を理解することも不可能になってしまいます。

それだけ会話が重要なのことがわかりますが、会話を楽しんでいる時に「声をかける」というフレーズが使われていることに気づかれたことはありますか。無意識のうちに「声をかける」というフレーズを使いながら生活をしていることがあるでしょう。

「声をかける」の敬語は大切

そのため「声をかける」の敬語表現を使うことができないのであれば、知らない間に周りの人を傷つけてしまう可能性もありますし、場合によっては、それが原因となり人間関係の面でのトラブルを抱えてしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためにも「声をかける」の敬語表現をしっかりと理解することが大切になります。これから「声をかける」の敬語表現を詳しく紹介します。

お声

簡単に言い換えるのであれば「お声」というフレーズによって、敬語表現を作成することができるでしょう。「声をかける」と相手に伝えることのできる意味は同じになりますので、比較的、簡単に使用することのできるフレーズと言えます。

そうではあったとしても「お」という言葉が最初に付けられることによって「声をかける」よりも、深い敬意を示すことのできる敬語になっています。目上の人と会話する機会の多い人は「お」という言葉を足した「お声」という敬語を使うことができるようになる必要があるでしょう。

「声をかける」の敬語での使い方

「声をかける」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現
※画像はイメージです

「声をかける」というフレーズの敬語を理解することができたとしても、実際に自分の会話の中で使うことは非常に難しいこととされています。なぜなら、すでに理解している単語であったとしても、場合によっては使い方に精通していないことがあるからです。

理解した言葉を普段の会話の中に取り入れることができるためにも、使い方について詳しく紹介します。普段の生活で使ってみたいと感じる、実際的な敬語表現を見つけることができるはずです。

敬語の種類

ある人たちは敬語には1つの種類しかないと考えていますが、実際のところはそうではありません。敬語にはいくつかの種類があることになり、場合によっては、それなの種類を使いこなすことによって、相手に対する深い敬意を示すことが可能になります。

では「声をかける」の敬語表現をどのようにして作成することができるのでしょうか。具体的な敬語表現を紹介します。

声をかけさせていただきます

簡単に敬語表現を作成するのであれば「声をかけさせていただきます」になるでしょう。職場なのでお客さん対応しているときにも使うことのできる、実際的なフレーズと言えます。この文章によって誰が声をかけることになっているのでしょうか。

すでに理解することができている人も多くいるでしょうか「声をかけさせていただきます」という敬語表現を使うことによって、自分がある特定の人に対して声をかけることになります。そのため、このフレーズによって表現されている動作の子は自分になるということです。

相手が声をかける時には、このフレーズを使うことはできませんので、十分に注意することができるでしょう。そのようにして、正しい敬語表現を取得することができるはずです。

使い方

「声をかける」のいくつかの敬語表現を理解することができていたとしても、実際の使い方に精通していないのであれば、普段の会話の中に敬語表現を上手に取り入れることは難しいことでしょう。

そのため、これから「声をかける」の敬語表現を、どのようにして使うことができるのか詳しく紹介します。敬語表現を使うことのできる具体的な状況も理解することのできるに違いありません。

後ほど声をおかけしますので

例えば「後ほど、声をおかけしますので」というフレーズを普段の生活の中で使うことができるでしょう。この敬語表現を簡単に変えるのであれば「後で声をかけますので」になります。どんな場面でも使うことのできるフレーズと言えるのではないでしょうか。

何かの用事があるものの、その用事を後で果たさなければならない場合があります。そして、その用事を果たしたことを誰かに伝えなければいけないのであれば「後ほど、声をおかけしますので、少々お待ちください」という敬語表現を使うことができるでしょう。

この敬語表現を使用することによって、相手に対して待ってもらえるように促していることになりますが、不快感を与えずにお願いをすることができるようになります。使われている言葉が正しい敬語なので、お願いされている人も快く待ってくれるに違いありません。

メールでの使い方

普段の会話の中で正しい敬語表現を使うことのできる人に会ったとしても、メールの中の文章を作成するときに間違いを犯してしまう人がいます。なぜなら、メールの中の文章に使う必要のあるフレーズは、普段の会話の中では使うことのできないものもあるからです。

そのような、比較的難しいとされているメールの中の文章を作成するときにも、どのような敬語表現を使うことができるのでしょうか。詳しく紹介します。

お声をかけていただくことによって

場合によっては「お声をかけていただくことによって」という敬語表現を使うことができるでしょう。どのような状況でこのフレーズを使えるのでしょうか。

例えば、誰かが自分に対して声をかけてくれるようにお願いをしたいとします。そのような依頼を目上の人に対してしなければならないのであれば、少しだけ気が引けてしまうように感じる人もいます。

そのような場面で使うことのできるフレーズが「お声をかけていただくことによって、迅速に対応することができます」という敬語表現になります。簡単に言うのであれば「声をかけてもらえれば、すぐに助けに行きます」という意味を伝えていることになります。

この敬語表現を使うことによって、相手が自分に声をかけるように依頼することができるだけでなく、そうしてもらった時のメリットも強調することができています。

Latests