Search

検索したいワードを入力してください

「この前」の敬語表現・この前の使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月20日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「この前」という言葉の敬語表現を使えない人が過去の事柄を話している場合、知らない間に周りの人が不快に感じている場合が少なくありません。そのような事態を避けるためにも、この記事から「この前」の敬語表現と使い方についてしっかりと調べてみましょう。

「この前」の敬語表現とは?


「この前」という言葉を職場の同僚などと会話している時に、使ってしまうことがたくさんあるのではないでしょうか。

例えば「この前の休日何した」と友人と会話することはありますし、意識をしなかったとしても「この前」というフレーズを普段の会話の中で使っている人がたくさんいます。

しかし、もしあなたが職場の上司と会話をしているとしたら、職場の同僚と会話をしている時と同じような言葉遣いをするでしょうか。

おそらく、言葉遣いを変えながら会話をするのではないでしょうか。それは、当然のことであり、職場の上司に対する敬意を示す方法ということができます。

それでも「この前」というフレーズを、どのようにして敬語に言い換えるのかを理解することができていなければ、知らない間に職場の上司にとって嫌な存在になってしまう可能性があります。

職場でのトラブルを避けるために「この前」の敬語表現を理解しましょう。

「先日」

「この前」という言葉を敬語表現に言い換えるのであれば「先日」というフレーズを使うことができるでしょう。

先ほどの例文でもありましたように「この前の休日何した」と親しい友人に対して尋ねることはできますが、職場の上司に対して同じフレーズを使うことはできないことでしょう。

そのため、同じ内容のフレーズであったとしても「先日の休日には何をされましたか」というフレーズに言い換えることができるでしょう。当然ながら、正確な英語表現が使われている文章になります。

この敬語表現が使われていることによって不快に感じる上司はいないことでしょう。それに、 友達と話しているような言葉が使われていないので、話を聞いている人も敬意が示されていることをはっきりと感じることができるはずです。

「この前」の敬語での使い方

「この前」の敬語表現を1つだけ理解することができました。そのため、すでに紹介した敬語表現を会話の中で使うことができますが、他にも「この前」の敬語表現があることをご存知だったでしょうか。

これから紹介される敬語表現に精通することによっても、普段の会話の中で「この前」という表現を敬語で使うことが可能になります。

目上の人と会話をしているときには必ず必要な情報になりますので、この機会に、しっかりと敬語を使うことができるように努力しましょう。

敬語の種類

敬語の種類は1つだけではなくて、複数存在することになります。ある人たちは1つの種類しか敬語がないと考えているため、言葉にバリエーションを持たせることができませんし、同じフレーズを何度も使っていることになります。

そのようなことを避けるためにも「この前」の別の敬語表現に精通するのは、非常に重要なことと言えるのではないでしょうか。

「先ほど」

「この前」を別の敬語表現で言い換えるのであれば「先ほど」というフレーズを作成することができるでしょう。

「この前」と相手に伝えることのできる意味はほとんど同じになりますので、どちらの場合でも同じ使い方をすることができるでしょう。

しかし「この前」よりも「先ほど」という敬語表現の方が示される敬意が深くなりますので、自分と会話をしている人が職場の上司なのであれば、何も心配に感じることなくこの言葉を使うことができるでしょう。

自分が言われている側だったとしたら「先ほど」という敬語表現が使われているからといって、嫌な気持ちになることはないと言えるのではないでしょうか。

使い方

「この前」のいくつかの敬語表現に精通することができていたとしても、実際に普段の会話の中で使うことはそれほど簡単なことではありません。

なぜなら、普段の会話の中では早いテンポて意思の疎通が図れていますし「この前」敬語表現に精通することができていたとしても、使い方がわかっていなければ、実用的だとは言えないからです。

では、自分の会話の中で「この前」の敬語表現を取り入れることができるように、実際的な使い方を詳しく紹介します。

「先ほど確認することができました」

例えば「先ほど確認することができました」というフレーズを使用することができるでしょう。どのような場面で、この敬語表現を使うことができるのでしょうか。

あなたが、もし電話の受付をするコールセンターなどで働いていたとしたら、お客さんからの電話を毎日のように対応することになるでしょう。

働いている会社にもよりますが、お客さんが何かの情報を確認するように求めてきたとします。そして、コールセンターで働いているあなたは、お客さんが訪ねた内容について確認しなければなりません。

要望に沿った確認を取ることができたのであれば「先ほど確認することができました」という敬語表現を使うことができるでしょう。

相手に意味が伝わりやすいので、電話受付などをしながら働いている人にオススメのフレーズということができます。

メールでの使い方

普段の会話の中で「この前」の敬語表現を取り入れることができていたとしても、メールの中でも同じフレーズを支えるとは限りません。

あなたは手紙を受け取ったことがありますか。手紙やメールを受け取った時には、話し言葉とは違う仕方で文章が書かれていることに気づかされるのではないでしょうか。

実は、書き言葉にする場合には、相手に与える印象が異なってくるので、独特の文章や言い回しが使われることが少なくありません。

では「この前」の敬語表現をメールの中で使いたいのであれば、どのようなフレーズを作成することができるのでしょうか。ビジネスマンとしても知っておきたい、重要な情報を見つけることができるはずです。

「先日はお世話になりました」

例えば「先日はお世話になりました」という敬語表現をメールの中でも使うことができます。簡単に言うのであれば「この前はどうもありがとうございました」という意味を相手に対して伝えることになります。

取引先の人と飲みに行ったりして、何らかの交流があった後にメールなどで連絡をしなければならない場合には、「先日お世話になりました」という敬語表現を使うことによって、感謝の気持ちを相手に対して伝えることが可能になります。

「この前」起きた事柄について言及するために「先日」という言葉を取り入れた敬語が上手に使われていることがわかります。

ビジネスでの使い方

メールの場合と同じようにビジネスの場面であったとしても、独特の言葉遣いが使われることが少なくありません。

しかも、ビジネスマンとして活躍している人にとって、言葉遣いは非常に重要だと言えるのではないでしょうか。

言葉遣い1つで相手の気分を損ねてしまうこともありますし、言葉遣いが上手な人は、取引を円滑に進めることができるからです。

ビジネスマンとして重要な言葉遣いを正しいものにするためにも「この前」の敬語表現を、どのようにしてビジネスの場面で使うことができるのか詳しく紹介します。

「先日お伝えした件なのですが」

例えば「先日お伝えした件なのですが」という敬語表現を使うことによっても相手に対する深い敬意を示すことが可能になります。

このフレーズの意味としては「この前伝えた内容なのですが」になります。そのため、話を聞いている人からしても、比較的、理解しやすいフレーズということができるでしょう。

取引先を訪問しなければならないことがあるでしょう。そして、取引先を訪問した時に、メールや電話などで事前に伝えていた案件についての話し合いをしたいと考えていたとします。

もし、そのような状況に置かれているのであれば「先日お伝えした件なのですが」という敬語表現で話を切り出すことによって、これから話そうとしている内容を明確に示すことが可能になります。

「この前」を敬語表現するときの例文

「この前」の敬語表現を普段の会話の中で使いたいと感じることがあったとしても、使うのを戸惑ってしまうことがあります。

なぜなら、間違った仕方で敬語表現を使うことを恐れてしまうこともありますし、間違った言葉を使うよりは、普段から使っているいつもの言葉を使うほうが安心だ、と感じてしまうこともあるからです。

そのような恐れを克服するためにも「この前」の敬語表現を使われている例文を詳しく理解しましょう。きっと、普段の生活で使いたいと感じる例文を見つけることができるはずです。

ありがとうございます

例えば、「この前はありがとうございます」という表現を会話の中で使うこともできます。誰もが理解しやすいと感じることのできる「この前」が使われているフレーズになりますので、親しい職場の同僚などと会話をしている時に使うことのできるフレーズです。

しかし、職場の上司などに対して同じようなフレーズを使いたいのであれば「先日はありがとうございました」と言い換えることも可能です。

この敬語表現によって「この前」が「先日」に言い換えられていますから、正式な仕方で感謝を述べていることになります。

この前の日曜日

他にも「この前の日曜日」という便利なフレーズを作成することができるでしょう。後半に付けられる文章によって、敬語になるかどうかが変わってくることになります。

それでも「この前の日曜日、家族と映画を見に行きました」という敬語表現を作成することができます。

自分の動作に関して言及したいのであれば「この前」というフレーズで充分ということができるでしょう。

「この前」の別の敬語表現の例とは?

「この前」の敬語表現・この前の使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「この前」が使われている別の敬語表現の例について詳しく調べましょう。実際的なフレーズを見つけることができるはずです。

ビジネスマンにオススメの表現を1つだけ紹介します。それは「この前の会議の中で話されていた内容なのですが」という敬語表現になります。

このフレーズを使うことによって、一緒に参加していた会議の内容についての話し合いを再び再開することが可能になります。

「この前」の敬語で過去を上手に表現する

「この前」という言葉だけでも過去に起きたことを相手に対して伝えることは可能です。それでも「この前」の敬語表現を習得することができれば、過去に起きたことを敬意を込めながら表現することができるようになります。

そのようにすることによって、過去に生じた事柄に関わっている人や、自分と会話をしている相手に対する敬意を示すことができるようになるので、相手を不快にさせることのないコミュニケーションをとる上で、非常に重要なスキルということができます。

では、これからも「この前」の敬語表現によって、過去と現在への敬意を示すことができるように工夫していきましょう。

Latests