Search

検索したいワードを入力してください

「対応する」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年03月02日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「対応する」の敬語表現を普段の会話の中で使うことができるようになれば、目上の人がしている動作を正確に表現することが可能になります。ビジネスマンとして必要不可欠なスキルと言えるでしょう。では、この記事から「対応する」の敬語表現と使い方について詳しく調べましょう。

「対応する」の敬語表現とは?

「対応する」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

説明書や本などを読んでる時に出てくる単語があります。そのような単語の意味について深く理解することができていなければ、正確な仕方で購入した商品を操作することもできませんし、本の内容を理解することもできないでしょう。

説明書の中で意外と使われている言葉の1つが「対応する」になります。おそらく、どんな人であったとしても、一度は「対応する」という言葉が説明書や本の中で使われているのを見たことがあるはずです。

しかし「対応する」という言葉が使われているのを見たことがあったとしても、自分自身がこの言葉を使うことができるとは限りません。「対応する」を敬語表現で、どのようにして使うことができるのか理解するのは非常に重要なことです。

何かについて説明するときに「対応する」の敬語表現を使用しなければならない場合もあるからです。では「対応する」の敬語表現をどのようにして作成することができるのでしょうか。

ご対応

簡単に言うのであれば「ご対応を」という敬語表現を作成することができます。「対応する」と同じ意味を相手に対して伝えることのできるフレーズになりますが 、最初の部分に「ご」がつけられることによって、深い敬意を示すことが可能になります。

「対応する」とほとんど違いがないように感じられる方もおられますが、実際のところは、たった一文字であったとしても大きな違いを生み出しています。そのため、目上の人と会話する機会が多かったり、相手を不快にさせたくないと感じているのであれば「ご」を付け足して敬語表現を使用することができるでしょう。

「対応する」の敬語での使い方

「対応する」の敬語表現の1つである「ご対応」というフレーズを紹介しました。このフレーズさえ理解していれば「対応する」の敬語表現を普段の会話の中で使用することができるのでしょうか。

それは難しいことと言えます。なぜなら「対応する」の敬語表現を、どのようにして自分の会話の中に取り入れることができるかについては、まだ理解することができていないからです。そのため「対応する」の敬語表現に関する理解を深めることにしましょう。

敬語の種類

敬語にはいくつかの種類があります。そのため「対応する」の敬語表現について、1つだけ理解することができていたとしても、他の敬語表現が使われているフレーズについては理解していない可能性があります。

他にもどのようなフレーズで「対応する」の敬語表現を使用することができるのでしょうか。

対応してくださりありがとうございます

例えば「対応してくださりありがとうございます」という敬語表現を普段の会話の中で使うことができるでしょう。「対応する」という言葉を使いながらも、後半の部分に「ありがとうございます」という感謝を伝えることのできるフレーズが含まれています。

相手が対応してくれたことに対する感謝を伝えたいと感じているのであれば「対応してくださりありがとうございます」という敬語表現を使用することができるでしょう。2つの考えを一度に表現することができるので、非常に便利なフレーズと言えるのではないでしょうか。

このフレーズで表現されている2つの考えを、別々に伝えたいのであれば「対応してくださいました」「本当にありがとうございます」と言い換えることができるでしょう。それでも「対応してくださりありがとうございます」の方が自然な響があるので、この表現を使う方が違和感がないということができるでしょう。

使い方

友達と会話をしている時や、親しい職場の同僚とかやをしている時には、自分の言葉遣いに気を使うことはあまりないでしょう。素のままでいれば良いので、言葉遣いに気を使わなかったとしても、相手が傷ついてしまうことはないでしょう。

しかし、あまり親しくない人と会話をしているのであれば、自分の発言する言葉に気をつけなければなりません。言葉遣いが原因で相手を傷つけることのないようにしたいと感じるからです。

では「対応する」の敬語表現を、どのようにして使うことができるのでしょうか。間違えたまま「対応する」の敬語表現を使ってしまうことのないように気をつける必要があります。

ご対応は相手の動作にのみ使える

大切な点ということができますが「ご対応は」相手の動作にのみ使うことのできるフレーズということができます。つまり、相手が何かをしてくれた時に「ご対応してくださり」という敬語表現を使用できることがわかります。

よくコールセンターのあるで働いている人達は「ご対応」という敬語表現を使っていることが多いですが、間違った意味でこの表現を使ってしまっている人がいるのも事実です。どのような失敗をしてしまっているのでしょうか。

例えば、コールセンターでお客さんの電話を受けているとしましょう。そのような時に「私、山田がご対応いたします」というフレーズを使ってしまっている人がいます。対応しているのは自分なので、自分に対して敬意を示してしまっていることになります。

そのため、自分の動作について研究したいのであれば「私、山田が対応します」のように「ご」を使わない方が適切になります。

メールでの使い方

取引先の人とメールでやり取りをする機会の多い人は、自分が書くメールの文章に気を使うことが多いでしょう。メールの中の文章を間違えて使用してしまうと、相手に対して悪い印象を与えてしまう可能性があるからです。しかも、一度送ってしまったメールの文章を消すことはできませんので、十分に注意する必要があると言えます。

では「対応する」の敬語表現を、どのようにしてメールの中の文章で使用することができるのでしょうか。

こちらで対応させていただきます

例えば、取引先の人とメールでやり取りをしているとします。ある案件について話し合っています。そして、その案件をどちらが受け持つかについて決定しなければなりません。相手側が案件を受け持ってくれるのであれば、相手の返事を待てば良い事になります。しかし、自分の会社側が案件を受け持つことになるのであれば、そのことを相手に対して知らせなければなりません。

その時に役立つのが「こちらで対応させていただきます」という敬語が使われているフレーズになります。簡単に言うのであれば「自分の会社が対応するので、心配しないでください」というメッセージを相手に対して伝えていることになります。

ビジネスマンとしてメールでのやり取りをすることが多いのであれば「こちらで対応させていただきます」という敬語表現を使うことができるようになる必要があるでしょう。

ビジネスでの使い方

「対応する」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

ビジネスの場面での言葉遣いに気を使うこともたくさんあります。自分の言葉遣い1つで相手に対して悪い印象を与えてしまう可能性もありますし、逆に、相手に対して良い言葉遣いをすることができるのであれば、長期的に続く良好な関係を築くことができる可能性もあります。

そのような言葉遣いに敏感なビジネスの場面において、どのようにして「対応する」の敬語表現を使用することができるのでしょうか。

Latests