Search

検索したいワードを入力してください

「ご紹介」の使い方と例文・敬語の種類・ご紹介の別の敬語表現

初回公開日:2018年02月08日

更新日:2020年05月27日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「ご紹介」の敬語「ご紹介していただく」は間違った敬語だとご存知でしたか。普段当たり前のように使っていた敬語が、上から目線の表現になっていたら恥ずかしいです。「ご紹介」を用いた文を通して敬語の仕組みや間違いを見ていきます。

敬語「ご紹介」の意味

敬語「ご紹介」は名詞の「紹介」に接頭辞「ご」が付いた形になります。「ご紹介」の意味は2つあります。

①知らない人同士の間に入って引き合わせること仲立ちをすること
②知られていないことを世間に広く知らせること

どちらも日常的に見られるシーンです。

敬語「ご紹介」の使い方

敬語の種類

日本語の敬語はいくつかの種類があります。3つに分けるときは「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」になります。もっと細かく分類すると謙譲語の中に「丁重語」があり、丁寧語の中に「美化語」があります。

尊敬語は、行為の主体が話し手よりも上位であることを表す敬語です。謙譲語は行為の及ぶ相手が話し手よりも上位であることを表す敬語です。丁重語は話し手よりも聞き手の方が上位であることを表す敬語です。

丁寧語は話し手よりも聞き手の方が上位であることを表す敬語です。美化語は美しいとされる言葉遣いを表す敬語です。

敬語の例

「ご紹介」の敬語の例を見てみましょう。尊敬語は「ご紹介になる」「ご紹介なさる」「紹介される」になります。謙譲語は「ご紹介する」「ご紹介いただく」です。丁寧語では「ご紹介します」となります。

「ご紹介」の敬語

「ご紹介」の「ご」は「丁寧語」の敬語です。さらに「丁寧語」の中の「美化語」という敬語の種類になっています。名詞には「ご」か「お」を付けることができます。音読みには「ご」を訓読みには「お」を付けることが多いです。

使い方

「ご紹介」は「紹介する側」と「される側」に分かれます。自分が紹介するときは「ご紹介する」などの謙譲語を使います。謙譲語は行為の主体よりも行為の及ぶ相手の方が上位である場合に使われ、行為の及ぶ相手を高める意味合いが強くなります。

行為の主体が話し手よりも上位であるときにも敬語を使うことができます。相手が紹介するときは「ご紹介になる」などの尊敬語が使われ、行為の主体を高めることができます。

敬語「ご紹介」の例文

ご紹介します

「ご(お)~する」という謙譲語の形に当てはめて「ご紹介する」となり、「する」を丁寧語にし「します」となります。「自分で紹介します」という意味の謙譲語で丁寧な言い方になります。

「ご紹介します」の例文

「新入社員をご紹介します」
「選抜メンバーをご紹介します」
「皆さんに私の家族をご紹介します」

ご紹介いたします

「ご(お)~する」の謙譲語の形から「ご紹介する」の「する」を謙譲語の「いたす」に変えます。「いたす」を丁寧語にし「いたします」となります。「自分で紹介します」という意味の謙譲語になり「ご紹介します」よりも相手を高める意味合いが強くなります。

「ご紹介いたします」の例文

「営業部に配属になった○○さんをご紹介いたします」
「業務の流れをご紹介いたします」
「こちらの製品をご紹介いたします」

ご紹介いただく

「ご紹介いただく」は相手に「紹介してもらう」という意味です。「ご紹介」だけを切り離して構成を見ると、名詞「紹介」の前に「ご」という美化語が付いた形です。「いただく」だけを見ると「食べる」「もらう」の謙譲語です。全部合わせて「ご紹介いただく」の文になると構成や意味が変わります。

「いただく」は補助動詞として「食べる」「もらう」のような独立した動詞としての意味を失い、付属するだけの謙譲語になります。「ご紹介いただく」の名詞「紹介」は「紹介」+「する」として動詞化されます。

「ご+サ変動詞の語幹+いただく」の形は、動作の及ぶ相手に恩恵となる行為を他者から受ける意味の敬語になります。この場合は「紹介する側の人」に敬意が表されます。

Latests