Search

検索したいワードを入力してください

「どうすればいい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月10日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「どうすればいい」という言葉は友達との会話でたくさん使うことができます。でも、職場の上司と会話をしている時には、他の敬語表現を選択する必要があります。この記事から「どうすればいい」をどのように敬語に言い換えることができるのか学びましょう。

「どうすればいい」の敬語表現とは?

「どうすればいい」という言葉を無意識のうちに会話の中で使ってしまうことがあるのではないでしょうか。誰でもそんな経験したことがあるはずです。

しかし「どうすればいい」という表現が周りの人に対して不快感を与えてしまうような言葉なのであれば、敬意を込めた表現を使うことができるようにならなければなりません。

そうしなければ、結果として長い年月をかけて築いてきて友情であったとしても、言葉遣いによってその友情にヒビが入ってしまう可能性があるからです。

そのような不必要なトラブルを避けるために「どうすればいい」の敬語表現を学ぶのは大切といえます。

あなたは「どうすればいい」というフレーズを使いたいと感じた時に、どのような敬語表現を使うようにしていますか。

「どうすればいい」の敬語表現について詳しく紹介します。

基本的にビジネスでは控えるべき表現

「どうすればいい」という言葉をビジネスの場面でも使ってしまうことがあります。普段の会話の延長として「どうすればいい」という言葉を使ってしまっていますが、その言葉遣いは本当に正しいのでしょうか。

結論から言うのであれば「どうすればいい」はビジネスの場面で使うことはあまりお勧めすることはできません。

なぜなら「どうすればいい」と言う敬語ではない表現が使われていることを聞いて、不快に感じてしまう取引先の人がいるのも事実ですし、馴れ馴れしい雰囲気を相手に対して伝えてしまう可能性があるからです。

ビジネスでは言葉遣いに十分に気をつけなければなりません。自分の言葉遣い1つで、 新しい契約を取ることができれば、今まで長年交わした契約を打ち切られてしまう可能性もあるでしょう。

どのようにいたせば

「どうすればいい」という言葉をどうしてもビジネスの場面で使いたいのであれば、このフレーズを敬語表現に変える必要が生じるでしょう。

では、どのようにして、不敬な意味に伝わってしまう可能性のある「どうすればいい」というフレーズを敬語表現に言い換えることができるのでしょうか。

もし、言い換えるのであれば「どうすればいい」は「どのようにいたせば」 と言う敬語表現にすることができるでしょう。

確実に「どうすればいい」というフレーズよりも「どのようにいたせば」というフレーズの方が敬意が示されていることになるので、実用的ということができるでしょう。

「どうすればいい」の敬語での使い方とは?

「どうすればいい」は他にも敬語で言うことが可能です。では、どのようにして「どうすればいい」を敬語で言うことができるのでしょうか。

例文について理解することは重要ですが「どうすればいい」の例文を、具体的にどのような状況で使うことができるかについての理解を深めなければなりません。

実際のところ、普段の会話をしている時に特定の単語を使うためには、そのフレーズを使うことのできる状況についても精通していなければなりません。

では「どうすればいい」の敬語での使い方について詳しく紹介します。

他の敬語の種類の言い方

敬語と一言に言ったとしても、色んな敬語があります。そのため、それぞれの敬語の種類によって、どのように「どうすればいい」を言い換えることができるのか理解する必要が生じてくるでしょう。

敬語の種類によって、表現することのできる敬意の幅がだいぶ変わってきます。そのため、自分の生活で実用的なフレーズを見つけることが大切と言えます。

そのままでも丁寧語になる

「どうすればいい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

例えば「どうすればいい」というフレーズを「どうすればいいでしょうか」と言い換えたとします。ほとんど違いを感じることのない言い換え方になりますが「どうすればいいでしょうか」というフレーズは敬語になります。

特に、敬意が示されている敬語の中でも丁寧語に値することがわかります。そのため、周りの人に敬意を示したいと感じているのであれば「どうすればいいでしょうか」というフレーズを使いながら質問することができるでしょう。

間違っても「どうすればいい」だけでは使わない

普段の友達との会話に慣れすぎてしまって「どうすればいい」という言葉を何度も使ってしまう人がいます。しかし「どうすればいい」を使うことが多いのであれば注意してください。

なぜなら、取引先の人は職場の上司に対して「どうすればいい」というフレーズを無意識のうちに使ってしまったとしたら、相手はどのように感じるのでしょうか。

おそらく「この人言葉遣いがわかっていないな」もしくは「常識知らずな人だ」と周りの人に感じられてしまう可能性があります。

その時に言葉遣いについて注意されなかったとしても、その言葉遣いをすることによって不快感を抱いてしまうことがあるので「どうすればいい」は目上の人と話してる時には、特に使ってしまうことのないように注意するべきです。

もっと深い敬意は「よろしいでしょうか」で示せる

「どうすればいい」という表現であったとしても「どうすればいいでしょうか」という表現であったとしても、会話をしている相手によっては、いつでも使うことができるフレーズになるでしょう。

それでも「どうすればいいでしょうか」というフレーズに敬意が含まれていたとしても、他の表現で、もっと深い敬意を示したいと感じる人もいることでしょう。

そのような人におすすめなのが「よろしいでしょうか」というフレーズを使うことです。この表現は当然敬語ですし「どうすればいいでしょうか」よりも、もっと深い敬意が示されていることになります。

そのため「どうすればよろしいでしょうか」というフレーズを作成することができるでしょう。しっかりとした敬語として成り立っている文章になります。

使い方とは?

「どうすればいい」という言葉や言い換えた敬語表現について理解することができたとしても、実際に使うのは簡単なことではありません。

なぜなら、普段の生活の中で「どうすればいい」を言い換えた敬語表現を使うためには、それなりに例文や具体的な状況に精通していなければならないからです。
 
では、具体的にどのようにして「どうすればいい」を言い換え敬語表現を使うことができるのでしょうか。これから出てくる例文をそのままおぼえましょう。

そのようにすることによって、例文に出てくる同じ状況に直面した時に、記憶しておいた例文をそのまま使うことができるようになるでしょう。

いかがいたしましょうか

「いかがいたしましょうか」というフレーズを聞くと「どうすればいい」という言葉と全然違う響きがあるのではないでしょうか。

そのため、ある人たちは「どうすればいい」の敬語表現が「いかがいたしましょうか」であることに気づいていないことがあります。

しかし、実際のところ表現されている考えは、どちらのフレーズであったとしてもほとんど同じなので「いかがいたしましょうか」は「どうすればいい」の敬語表現ということができます。

お客さんに対して使える

例えば、あなたがお客さんを相手に仕事をしているとしましょう。つまり、簡単に言うのであれば接客業をしているということになります。

接客をしてる時には、お客さんの意見に耳を傾けなければならない場合も訪れるはずです。しかし、質問の仕方を知らなかったら、失礼な言葉遣いでお客さんに対して質問してしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためにも「いかがいたしましょうか」という敬語表現を使うことは非常に重要なことと言えます。

具体的な状況

例えば、お客さんがいくつかある商品のうちの1つを購入しようとしています。でも、それぞれの商品を魅力的に感じているので、どの商品を購入したら良いのか非常に迷っています。

そのような時には、お店で働いている店員として、それぞれの商品のメリットとデメリットについて紹介する必要があるでしょう。

メリットとデメリットについて紹介することができたとしても、最終的に決定するのはお客さん自身になります。

では、商品について詳しく紹介した後で、お客さんの意見を聞きたいのであれば、どのような質問をすることができるでしょうか。

この場面でも「いかがいたしましょうか」というフレーズを使うことができます。この敬語表現によって「どの商品にしますか」という質問を投げかけていることになります。

言われているお客さんも不快な気持ちになることはないでしょう。深い敬意が示されているフレーズだからです。

メールでの使い方とは?

メールの中であったとしても「どうすればいい」という表現を使うことは避けるべきです。たとえ「どうすればいいでしょうか」という敬語に言い換えたとしても、あまりお勧めできるフレーズではありません。

このようなフレーズを使うのではなくて「いかがでしょうか」という質問を使うことができるでしょう。

例えば「をしたいと考えているのですが、いかがでしょうか」という質問することによって、言葉遣いではなくてないように集中することのできる、敬意の示された質問を構成することができています。

「どうすればいい」を敬語表現するときの例文とは?

「どうすればいい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「どうすればいい」を敬語表現で使うために例文を学ぶことは重要です。ここまでで学ぶことができていない、敬語表現にはどのような例文があるのでしょうか。

どうすればいいですか

例えば「どうすればいいですか」 という言葉を使うことによっても、敬語表現で相手に対して質問することが可能になります。

「どうすればいいですか」という敬語表現を使うことによって、直接的な仕方で質問していることになります。

そのため、要件について担当直入に話を聞きたいと感じている時に「どうすればいいですか」という敬語表現を使うことができるでしょう。

「どうすればいい」の別の敬語表現の例

他にも「どのようにしたらよいでしょうか」というフレーズを作成することができます。この表現を使うことによって「どうすればいい」と同じ意味を伝えることができているものの、深い敬意を含ませることが可能になっています。

そのため、大事な取引先の人と会話をしている時であったとしても、職場の人と会話をしている時であったとしても「どのようにしたらよいでしょうか」と質問することができます。

あまりにたくさんこの質問を使ってしまうと「自分で考えて」と上司に怒られてしまうこともあるので、使う頻度はほどほどにしましょう。

「どうすればいい」の敬語表現は重要

ビジネスマンとして正しい言葉遣いをすることは当然のことです。言葉遣いが正しくなければ周りの人を不快な気持ちにさせてしまう可能性があるからです。

そのような言葉遣いに気をつける必要のある場面で仕事をしているのであれば「どうすればいい」の敬語表現を理解することは非常に重要ですし、これらのフレーズを使うことができなければなりません。

取引先の人や職場の上司の意見や見解について理解することは非常に重要です。そして、もし意見を聞きたいのであれば「どうすればいい」というフレーズの敬語表現を上手に使うことができるでしょう。

Latests