Search

検索したいワードを入力してください

「合っている」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年02月25日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「合っている」という言葉の敬語表現を知らなければ、目上の人の間違いを上手に指摘することができません。そのため、社会に出ているすべての大人にとって「合っている」の敬語は非常に重要なフレーズです。この記事から「合っている」と敬語表現について徹底的に調べましょう。

「合っている」の敬語表現とは?

「合っている」という言葉は普段の会話の中で使うことはたくさんあります。何かに対する対応が、間違っているのか、それとも「合っている」のか確認しなければならない場面もあることでしょう。

どのような時に「合っている」というフレーズを自然と使いたくなってしまうことがありますが、このフレーズの敬語表現をご存知だったでしょうか。

もし、まだ「合っている」の敬語表現を知らないのであれば、一度しっかりと理解する必要があると言えます。

何かの物事が「合っている」のか「合っていない」のか知りたい時には、正しい敬語を使うことができないと、相手に意味が伝わりにくくなってしまう可能性があるからです。

そのような失敗を避けるためにも「合っている」という言葉をどのようにして正確な敬語表現に言い換えることができるのか知る必要があるでしょう。

では、これから「合っている」の敬語表現を紹介します。

正しいです

「合っている」を他の響きのする敬語表現に言い換えるのであれば「正しいです」というフレーズを使用することができるでしょう。

「合っている」も「正しいです」も相手に伝える意味はほとんど同じになります。そのため、どちらのフレーズであったとしても、同じような文脈で使うことができると言えます。

例えば、学校などでテストが行われることがあります。テストの問題の中にも「は正しいですか。次の選択肢から1つを選びなさい」という問題が出されることがあります。

このような問題がテストの中に出されているのであれば、正しいということのできる選択肢を1つ選ぶ必要があるでしょう。

いい方を変えれば、論理的に考えて「合っている」とされている選択肢の1つを選ばなければいけないことになります。

テストの問題を正確に答えるためにも、意味を理解することは重要と言えます。

「合っている」の敬語での使い方とは?

「合っている」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「合っている」という言葉を敬語でどのように使うことができるのか詳しく理解する必要があります。

敬語表現について知ることができていたとしても、実際にそのフレーズを使えるとは限りません。

なぜなら、敬語表現には意味について深い理解を得ていたとしても、そのフレーズをどのような状況の中で使うことができるかについて精通することができていないからです。

では、これから「合っている」の敬語表現の使い方について詳しく紹介します。普段の生活で必ず役立つ情報を見つけることができるはずです。

「合っている」の他の敬語の種類

「合っている」という言葉を敬語表現で言い換えることができますが、謙譲語でどのように言うことができるのか知るのは非常に大切なことです。

敬語の中には、丁寧語や尊敬語もありますが、謙譲語はそれらの言葉よりも、もっと深い敬意を示すために使われる表現ということができます。

そのため、一度、謙譲語の敬語について理解することができれば、目上の人と会話をしている時にも言葉遣いに心配することなく会話をすることができるようになるでしょう。

そのように非常に便利な謙譲語についてこれから紹介します。

謙譲語

「合っている」という言葉を謙譲語で言い換えるのであれば「合っております」と言う敬語になります。

伝えている意味はほとんど同じですが、相手に与える印象が違うことに気づくことができるでしょうか。

相手が自分に対して「これって本当に合ってるの」と質問してきたとします。どのように応えることができますか。

もちろん、場合によっては「合っています」と単刀直入に応えることもできますが、相手に対する深い敬意を示したいのであれば「合っております」という敬語を使った方が適切ということができるでしょう。

この表現を言われている人も、不快に感じることはないはずです。

使い方とは?

「合っている」という言葉の敬語について精通することが大切ですが、どのような具体的な状況の中で敬語表現を使うことができるのか理解することも大切です。

「合っている」の敬語表現を使うことのできる具体的な状況を紹介します。

「その内容で合っております」

例えば、取引先の人が契約の内容を確認しに来たとします。つまり、簡単に言うのであれば、取引の内容が合っているのが合っていないのかを聞きに来たことになります。

そのような時に、どのような敬語表現を使いながら、返事をすることができるのでしょうか。

1つの選択肢は「その内容で、合っております」です。この敬語表現によって、契約先の人が確認してきた内容が正しいという事実を認めていることになります。

わかりにくい表現が使われていない、簡潔なフレーズになりますので、ビジネスマンとして普段から働いている方は、 このフレーズを覚えておくと良いでしょう。

メールでの使い方

メールの中での言葉遣いは独特なものであることが少なくありません。普段の会話の中でよく使われている表現であったとしても、メールの中の文章では使わない方が良いと考えられているフレーズがあります。

そのため、メールの中でどのような文章を構成することができるのか知るのは非常に大切なことと言えます。

では「合っている」の敬語表現を、どのようにしてメールの中で使うことができるのでしょうか。

間違っていないかご確認ください

お客さんに対してメールを送らなければならないことがあるはずです。そのような時に、契約やサービスの内容が間違っていないかどうか、確認するためのメールを送る企業もあります。

「合っている」という言葉も使うことができますが、より一層、敬意を込めながらお客さんに対してメールを送りたいのであれば他のフレーズを使う必要があるでしょう。

そのような状況でおすすめのフレーズが「間違っていないかご確認ください」になります。このフレーズの良いところは、固すぎて分かりにくい表現が使われていないことにあります。

企業などから送られてくるメールの中には、文法的にはあっているものの、理解するのが難しいと感じられる表現が少なくありません。

しかし 「間違っていないかご確認ください」というフレーズは、ほとんど全ての人が理解することのできる敬語表現ですし、相手に対する敬意もしっかりと示されています。

ビジネスでの使い方とは?

「合っている」という言葉がビジネスな場面で使われることはあまりありません。もちろん、敬語表現に言い換えた形で使われることはありますが「合っている」がそのまま使われることはないという意味です。

なぜなら、重要な会話が含まれることの多いビジネスの場面で言葉遣いに失敗してしまうと、その後、契約を打ち切られたりしてしまう可能性があるからです。

そのような可能性を少しでも抑えるために「合っている」の敬語表現での言い方を詳しく紹介します。

おります

Latests