Search

検索したいワードを入力してください

「気が向いたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「気が向いたら」という言葉の敬語表現を使うことができるようになれば、周りの友達に深い配慮を示すことができるようになります。強制せずに選択肢を与えることができているからです。そのような言葉遣いするためにも、この記事から「気が向いたら」の敬語表現を学びましょう。

「気が向いたら」の敬語表現とは?

「気が向いたら」という言葉は友人との会話の中でも使うことのある表現ということができます。しかし、興味深いことに友人との会話だけではなくて、職場の上司と会話をしている時にも 「気が向いたら」というフレーズを使うことがあります。

つまり「気が向いたら」はどのような相手の人にも使うことのできる幅広い表現ということができるのではないでしょうか。

そのため「気が向いたら」の敬語表現やこのフレーズの使い方について精通していなければ、コミュニケーションを円滑に図ることができなくなってしまいます。

では「気が向いたら」をどのようにして敬語表現で言い換えることができるのか詳しく紹介します。そして、それぞれの敬語表現をどのように自分の会話の中で使うことができるのか考えながら、これから出てくる例文を読むことができるでしょう。

「気が向きましたら」

「気が向いたら」という言葉は友達に対して使うことができますが、目上の人に対して使うのは難しいということができるでしょう。

なぜなら「気が向いたら、きてね」というようなフレーズは敬語ではありませんし、職場の上司などはこのフレーズが言われることによって「無礼な言葉遣いだ」と感じてしまう可能性があるからです。

そのような、言葉遣いによる失敗を避けるためにも「気が向きましたら」という敬語表現を覚えておくと良いでしょう。

この敬語表現によって「気が向いたら」と同じ意味を伝えることが可能になりますが「気が向きましたら」の方が相手に対する敬意が示されていることになります。目上の人と会話をしている時に、このフレーズを使うことができるように覚えておきましょう。

「気が向いたら」の敬語での使い方とは?

「気が向いたらを敬語で使うことができる」と感じている人はたくさんいるはずです。実際に敬語表現を上手に使うことのできる人もいるでしょうし、しっかりと意味を理解している人もたくさんいるはずです。

それでも「気が向いたら」の敬語表現は1つだけではありませんので、他の表現についても理解することができるでしょう。

もしかしたら、あなたが今までに一度も使ったことのない「気が向いたら」の敬語表現を見つけることができる可能性がありますので、しっかりと理解することができるでしょう。

敬語の種類

「気が向いたら」の敬語の1つに「気が向きましたら」というフレーズがあることがわかりました。しかし「気が向いたらの他の敬語表現を言うことができますか」と誰かに質問されたとしたら、すぐに答えることができるでしょうか。

いろんな言葉のバリエーションを習得するためにも「気が向いたら」の他の敬語の種類について理解することができるでしょう。

気が向くのでございましたら

例えば「気が向くのでございましたら」というフレーズも「気が向いたら」と同じ意味を伝えていますが、別の種類の敬語表現ということができます。

「気が向きましたら」と「気が向くのでございましたら」では、相手に与えるイメージがだいぶ違うのではないでしょうか。

おそらく「気が向くのでございましたら」という表現は、自分よりもかなり上の立場の人に対して使うことのできるフレーズです。

そのため、会社の社長や高い地位についているとみなされている人と会話をしている時には「気が向くのでございましたら」というフレーズを選択することができるでしょう。そのようにして「気が向いたら」の敬語表現を適切に使うことができるようになります。

使い方

「気が向いたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「気が向いたら」のいくつかの敬語表現に精通することができていたとしても、使い方を知らなければ、普段の会話の中で使うことは難しいでしょう。

実際「気が向いたら」の敬語表現を知っていたとしても、失敗するのを恐れて、自分の会話の中で使うことのできない人がいます。

しかし、敬語表現の正確な使い方に関する知識を深めれば、上手な使い方を身につけることができるに違いありません。

気が向いたらご連絡ください

例えば「気が向いたらご連絡ください」というフレーズを普段の会話の中で使用することができます。この言葉を聞いている相手に伝えている意味は「望むのであれば連絡してください」になります。そのため、相手が自分に連絡をするように強要していることになりません。

むしろ、連絡をするのかしないのか、に関する選択肢を提供していることになるでしょう。そのため、相手が自分の意思で何かを行動するように求めたいと感じているのであれば「気が向いたらご連絡ください」という表現を使うことができます。

メールでの使い方

普段の生活の中で「気が向いたら」の敬語表現を使うことができていたとしても、メールの中でも同じ表現を使うことができるとは限りません。

手紙と同じようにメールでは書き言葉が使われることになります。そのため「気が向いたら」の敬語表現を通わの中で上手に使うことができていたとしても、メールの 秋言葉ではその表現が不自然な響きになってしまう可能性があります。

では、メールの中で「気が向いたら」の敬語表現をどのように使うことができるのでしょうか。詳しく紹介します。

気が向いたら返信してください

「気が向いたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

例えば「気が向いたら返信してください」という敬語表現を友達や周りの人に対してのメールで使うことができるでしょう。

少し不敬なフレーズのように感じる可能性もありますが、このフレーズを使う状況によっては、親切な表現になるということをご存知でしたか。

例えば、メールを送る相手が非常に落ち込んでいたとします。そして、励ましのメールを送ると同時に、自分と一緒に遊びに行くかどうか質問しているとします。

相手の友達が落ち込んでいないのであれば、遊びに行くか行かないか返信するのは当然のことですし、わざわざ返信してくれるようにお願いする必要もないでしょう。

それでも、友達を励ましたり、遊びに誘ったりするメールの最後の文章で「気が向いたら返信してください」という言葉を添えることによって「無理して返信しなくてもいいよ」という優しいメッセージを伝えることができています。

目上の人には使わないように注意する

「気が向いたら返信してください」という敬語表現には、優しいメッセージが含まれていることがわかりました。そのため「気が向いたら」を言い換えた上手な敬語表現であることがわかります。

それでも、目上の人には使わないように注意する必要があるのも事実です。もちろん、普段から親しくしている職場の上司などであれば「気が向いたら返信してください」という敬語 使うことができますが、そうでないのであれば不快に感じてしまう上司がいるのも事実です。

そのため、あまり親しくない職場の上司に対してメールを送りたいのであれば「気が向いたら返信してください」は使わないようにする方が賢明な選択ということができるでしょう。

Latests