Search

検索したいワードを入力してください

「その時」の敬語表現・その時の使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「その時」の敬語表現は適切に使うことができなければ、自分の話を相手に理解してもらうことは難しいことでしょう。それだけ「その時」の敬語が非常に重要だということがわかります。この記事から「その時」の敬語表現や使い方について徹底的に理解しましょう。

「その時」の敬語表現とは?

信頼関係のある職場の同僚や友達に対しては、楽しかったことや悲しかったことについて、詳しく話すことがあるのではないでしょうか。

そして、そのような経験について話す時に役立つフレーズが「その時」になります。そのため「その時」というフレーズは生活に密着している表現ということができますし、この表現を上手に使うことによって、周りの人に対して正確な意味を伝えることが可能になります。

しかし「その時」の敬語表現を使うことができないのであれば、違和感のある仕方で自分の経験を周りの人に語ってしまう可能性もありまし、場合によっては、無意識のうちに自分の話を聞いている人に対して不敬な態度をとってしまう可能性もあります。

では、そのような失敗を避けるためにも「その時」の敬語表現を詳しく紹介します。普段の生活で役に立つ実際的なフレーズや情報を見つけることができるでしょう。

丁寧語

「その時」を敬語表現で言い換えることは可能です。敬語の中にも丁寧語がありますが、もし丁寧語で「その時」を言い換えれのであれば「その際」というフレーズを作成することになるでしょう。

「その際」という敬語表現が使われることによって「その時」を使う場合よりも深い敬意が相手に対して示されることになります。

また、場合によっては「その際」という敬語表現が使われることによって、このフレーズが表現したい考えに対する敬意を示すことも可能になるでしょう。

「その時」の敬語での使い方とは?

「その時」という言葉を普段の生活の中でたくさん使うには、 敬語表現が重要であることを理解することができました。

1つの敬語表現について理解することができれば、普段の会話する上では支障なく、いつでも自分の考えを自由に表現することができるようになるのでしょうか。

実は、そうではありません。なぜなら、複数の表現を覚えることができていなければ、言葉のバリエーションを持つことができませんし、周りの人に対して正確な意味を伝えることができないからです。

では「その時」の敬語表現についてさらに詳しく調べてみましょう。普段の会話の中に取り入れることができるためです。

敬語の種類

「その時」の敬語が使われているフレーズについてすでに紹介しました。それでも、他にも敬語表現が存在していることをご存知だったでしょうか。

1つだけの敬語表現を習得することによっても、確かに、周りの人に対して自分の考えを伝えることができるようになります。敬語表現を全く知らないよりは良いということができるでしょう。

それでも、欲を言うのであれば、複数の敬語表現を習得することによって、色んな考えを適切な仕方で表現することが可能になります。

上手な言葉遣いをすることのできるようになるためにも「その時」の他の敬語表現に関する理解を深めましょう。

「その折」

例えば「その折」というフレーズを使うことによっても「その時」の敬語表現を作成することができます。「その時」と伝えている意味はほとんど同じになります。

そのため、比較的、使うのが簡単とされている 「その時」というフレーズを使いたいと感じた時には、敬語表現でもある「その折」というフレーズを代わりに使うことができるでしょう。

使い方


「その時」の敬語表現を、まだ、自分の会話の中に上手に取り入れることができていないと感じているのであれば、使い方を学ぶ必要があると言えます。

なぜなら、ある特定の言葉に関する知識を多く入れていたとしても、その言葉をどのように使うことができるのか、という応用を理解することができていなければ、会話の中に「その時」の敬語表現を取り入れることができないからです。

では、その応用を理解することができるように「その時」の 敬語表現の使い方について詳しく紹介します。

「その際には」

例えば「その際には」という表現を使うことによっても「その時」の敬語とすることができます。このフレーズはどのような場面で使うことができるのでしょうか。

「その際には、よろしくお願いいたします」という文章を作成することができるでしょう。当然ながら敬語が使われているので、この言葉を言われている相手も不快に感じることはないはずです。

何かに関する計画を立てているとしましょう。そして、その予定には自分と会話の相手が関係していることになります。

予定を立てた当日にもお世話になるので「その際には、よろしくお願いします」というフレーズを使うことによって、事前に相手に対する感謝を述べていることになります。

メールでの使い方

「その時」の敬語表現をメールの中で使うのは簡単なことではありません。場合によっては、普段の会話で使うことのない表現をメールの中で使用しなければならない場合がありますので注意が必要です。

よくある間違いとしては「その時」の敬語表現を普段の友達との会話のように、メールの中で書いてしまうことによって、相手に対する不敬なる言葉遣いになってしまう場合があります。

そのような失敗を避けるためにも「その時」の敬語表現を、メールの中の書き言葉として、どのように使う事ができるかについて、しっかりと理解しておくことができるでしょう。

普段からメールを送る機会の多い人にとっては、非常に重要な情報を見つけることができるはずです。

「その節は非常にお世話になりました」

例えば「その節は非常にお世話になりました」という表現を作成することができるでしょう。このフレーズも敬語表現に含まれることになるので、目上の人に対して使ったとしても不敬ことにはなりません。

どのような意味が「その節は非常にお世話になりまし」という敬語表現に含まれていると言えるのでしょうか。

この言葉には「ある時点、ある事柄、もしくは、話し手と聞き手が共に関わっている事柄を意味する」と説明されていることがあります。

そのため、自分と話している相手の両方に関係していることがないついて言及したいのであれば「その節」という敬語表現を使うことができると言えるでしょう。

どんな場面でも使うことができる非常に実用的なフルーツと言えるのではないでしょうか。

「その時」を敬語表現するときの例文

「その時」を普段の会話の中で取り入れるためには、例文についての理解を深める必要があるでしょう。

数多くの例文を理解することによって、自分の会話の中に取り入れることのできる言葉のバリエーションを増やすことができますし、場合によっては、自分の考えを適切な仕方で敬意を込めながら表現することが可能になります。

では、具体的にどのような「その時」の敬語表現を使うことができるのでしょうか。

「その節はどうも」

Latests