Search

検索したいワードを入力してください

「連れて行く」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「連れて行く」という言葉の敬語表現を使うことができなければ、旅行の同伴者や会話をしている人への敬意を示すことができない場合があります。そのような失敗を避けるためにも、この記事から「連れて行く」の敬語表現と使い方について徹底的に調べましょう。

「連れて行く」の敬語表現とは?

家族や友達と行動する機会の多い人は「連れて行く」という言葉を使う機会が必然的に多いということができるでしょう。

なぜなら、もし一人でいつも行動しているのであれば「連れて行く」という言葉を使うような状況に遭遇することはほとんどないと言いますが、団体行動をしているのであれば、常に「連れて行く」というフレーズを使うことのできる状況にいることになるからです。

では「連れて行く」という言葉を今まで無意識のうちに使っていたとしても、正しい敬語表現で使うことができているのかどうか確認することは重要と言えるのではないでしょうか。

そのようにすることによって、自分と一緒に行動している人たちが、自分の発言しようと考えている内容を正確に理解することができるようになり、場合によっては、コミュニケーション能力を向上させることもできます。

これから「連れて行く」の敬語表現について詳しく紹介します。

丁寧語

敬語の中の1つである丁寧語で「連れて行く」をどのように言い換えることができるのでしょうか。

簡単に言うのであれば「連れて行きます」という敬語表現を作成することができるでしょう。この敬語表現を使うことによって「一緒に行く」もしくは「伴って行く」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。

例えば、どこかの遊園地に遊びに行くとします。自分の友達と一緒にその遊園地に遊びに行くことになりましたが、あなたと遊びに行く友達が「子供を一緒に連れて行くの」と質問をしてきたとします。

そのような時に「はい、一緒に連れて行きます」という敬語表現を使うことによって、相手に対する敬意を示すことができるのと同時に、自分の子供を連れて行くという意味も伝えることが可能になります。

過去の敬語

「連れて行きます」という敬語表現は、自制で言うと今や将来のことについて言及していることになります。

そのため、過去の事について言及するための敬語として「連れて行きます」というフレーズは使えないことがわかります。過去について表現したいのであれば「連れて行きました」という敬語表現を使うことができるでしょう。

例えば「先週、遊園地に遊びに行った時に、子供も一緒に連れて行きました」という敬語表現を作成することができるでしょう。意味については説明する必要もなく、すぐに誰もが理解することのできる表現と言えるのではないでしょうか。

日常生活に密着しているフレーズになるので、周りの友達と行動する機会の多い人は、覚えておく必要があるフレーズということができるでしょう。

「連れて行く」の敬語での使い方とは?

「連れて行く」という言葉の詳しい意味家敬語表現での言い換え方法を理解することができました。それでも「連れて行く」の敬語表現を使うのは難しいと感じる人がいるのも無理のないことです。なぜなら、具体的な使い方に精通することができていないからです。


それに「連れて行く」を実際的なフレーズとして、どのように使う事ができるのかを理解できていなければ、会話の中で使うのは非常に難しいことです。

敬語の種類

敬語の中にもたくさんの種類があることをあなたもご存知のことでしょう。そのため、すでに紹介した敬語表現の他にも、別の敬語の種類が存在していることを理解する必要があります。

具体的にどのようなフレーズで「連れて行く」の敬語表現を作成することができるのでしょうか。

連れてまいります

「連れてまいります」という敬語表現を作成することができます。「連れて行きます」と全く同じ意味を伝えていることになります。

しかし「連れてまいります」という言葉の方が深い敬意が示されていることになりますので、目上の人と会話をしているのであれば「連れてまいります」という敬語表現を選択した方が賢明ということができるでしょう。

使い方

「連れて行く」のいくつかの敬語表現について理解することができました。それでも、自分から見てかなり目上の人と会話をしているのであれば、敬語表現を工夫する必要があるのも事実で す。

では、目上の人と会話をしている時に「連れて行く」の敬語をどのようにして使うことができるのでしょうか。実際的なフレーズを紹介します。

目上の人を連れて行くのであれば「ご一緒させていただきます」

例えば、目上の人と一緒にどこかに旅行に出かけるとします。しかし、 旅行する場所について知っているのは自分だけです。つまり、自分が上司を連れて行ってあげる立場にあるということです。

そのような状況にあったとしても「連れて行きます」という敬語を使うことは避けた方が良いでしょう。

このような敬語を使ってしまうと、調子は不快な気持ちになってしまう可能性が非常に高いですし、旅行をする上でのお荷物のように上司をみなしていることになってしまうからです。

そのため「ご一緒させていただきます」という敬語表現を使うことによって、一緒に旅行に行くことを表現することができるようになります。

もちろん、ご一緒させていただくのは上司の方だと考えることもできますが、わざわざ、言葉遣い1つで相手を苛立たせたいという気持ちにはなりませんから、相手が気持ちよく感じる言葉を選択することができるでしょう。

メールでの使い方

メールでの言葉遣いも非常に難しく感じることがあります。普段の会話の中で「連れて行く」の敬語表現を上手に使うことのできる人であったとしても、メールの文章で敬語表現をしっかりと使うことができない人は少なくありません。

会話であったとしても、メールであったとしても、正しい敬語を使うことのできる大人になりたいと感じるのではないでしょうか。具体的にどのような敬語表現を使うことができるのか紹介します。

ご同行してまいります

場合によっては「ご同行してまいります」というフレーズを使用することができるでしょう。この敬語表現を使うことによって「一緒に行く」という意味を周りの人に対して伝えることが可能になります。

しかし、自分と一緒に行く人が、自分よりも目上の立場の人であるのであれば「ご同行してまいります」という敬語表現によって、その人に対する敬意を示すことが可能になります。

「連れて行く」を敬語表現するときの例文とは?

Latests