Search

検索したいワードを入力してください

「覚えている」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2018年02月13日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「覚えている」という言葉の敬語をしっかりと使うことができますか。大人として、言葉遣いに十分に注意して他の人と会話をしなければなりません。この記事を読めば「覚えている」の敬語表現や具体的な使い方に精通することが可能になります。

「覚えている」の敬語表現とは?

「覚えている」という言葉は友達との会話の中でもよく使われることのあるフレーズと言えます。

なぜなら、友達がなにかのことについて忘れてしまっているのか、それとも、しっかりと「覚えている」のか知りたくなることがあるからです。

小さいできることであれば忘れてしまったとしても問題はありません。しかし、それが仕事になると重大な失敗と繋がってしまう可能性があります。

何かの仕事をしている時に、ある人が仕事をしっかりと果たしていないことに気づいたとします。その時には「覚えている」という言葉を使いたくなるのではないでしょうか。

でも「覚えている」の正確な敬語としての使い方を把握していなければ、周りの人を不快にさせてしまう言葉遣いをしてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるためにも「覚えている」をどのようにして敬語で言うことができるのか詳しく紹介します。

尊敬語で言う

尊敬語でどのようにして「覚えている」を言うことができるのか気になる人も多いでしょう。なぜなら、敬語の中でも尊敬語では、比較的深い敬意が示されているとされているので、この言い方が重要になってきます。

結論から言うのであれば「覚えていらっしゃる」ふという敬語表現で尊敬語になります。そのため「覚えている」というフレーズを使うよりも「覚えていらっしゃる」という言葉の方が敬意が示されていることになります。

目上の人と会話をしている時であれば「覚えていらっしゃる」という敬語の尊敬語を使うようにしましょう。

そのようにして、不必要なトラブルを避けることができるでしょう。

「覚えている」の敬語での使い方とは?

「覚えている」という言葉の敬語の表現について、すでに紹介しました。しかし、敬語の表現は1つだけではないという事実を多くの人は知っています。

つまり「覚えている」や「覚えていらっしゃる」と言う尊敬語だけではなくて、他にも敬語表現があることになります。

では、具体的にどのような敬語表現を普段の会話の中で使うことができるのでしょうか。

「覚えている」の敬語の種類

「覚えている」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです


尊敬語でもは相手に対する敬意を示すことは可能ですが、もっと深い敬意を示すために学ばなければならないのは謙譲語になります。

謙譲語は敬語の中でもかなり深い敬意が示される文法の1つになりますので、相手の人が特別の役職についている人であったとしても、謙譲語を使いながら会話することが可能になります。

では、そのような便利な敬語とされている謙譲語によって、どのようにして「覚えている」を言い換えることができるのでしょうか。

謙譲語

謙譲語で「覚えている」という言葉を言うには「覚えていただく」というフレーズを作成することができるでしょう。

すでに紹介したように、この言葉は敬語の中の謙譲語にあたりますので、他の敬語よりも敬意が示されていることになります。

そのため、相手に対する深い敬意を示したいと感じる時には「覚えていただく」というフレーズを積極的に使うことができるでしょう。

例えば「覚えていただくほどの者ではございません」というフレーズを使うことによって「覚えてもらうような重要な人物ではありません」という意味を周りの人に対して伝えることが可能になります。

このような実用的な敬語ではあるものの「覚えていただく」と言う謙譲語を使う際には注意が必要なのも事実です。

動作主は自分

間違えた仕方で言葉を使ってしまう人はたくさんいますが、そのような失敗に陥らないために理解しておかなければならない謙譲語についての事実があります。

例えば、謙譲語は基本的には自分の身分を低くみなして、他の人を上に見て敬意を示すことのできる文法なので、他の人の動作に関して使うべきではありません。

もし、謙譲語を落とされている言葉を他の人の動作に使うのであれば、その人の身分を下げてしまっていることになりますので、注意しましょう。

もちろん、敬語の謙譲語に詳しい人でなかったら、そのような細い言葉遣いについて不快に感じたり注意してきたりすることはないですが、重要な場面で発言をしなければならない時には、このような細い言葉遣いについて注意する必要があるのも事実です。

使い方について

「覚えている」という言葉の敬語の言い方を理解したとしても、会話の中で使うことのできない人はたくさんいます。

なぜなら、実用的なフレーズを学ぶことができていないからです。そのようなことを避けるためにも、これから「覚えている」や敬語表現の使い方についてしっかりと学びましょう。

今後の生活で必ず役立つ知識を見つけることができるはずです。

「覚えていることがあれば」


「覚えていることがあれば」というフレーズも「覚えている」と同じように実際的なフレーズの1つということができるでしょう。

例えば、何かの事件が生じたとします。その事件は重大なものだったために、解決するための情報が必要になることでしょう。

そのような時に「覚えていることがあれば、何でも話してください」という敬語表現を使うことができるでしょう。

このフレーズによって、相手に対する深い敬意を示すことができているのと同時に、後半の部分に自分が相手に伝えたい意志を含めることが可能になります。

メールでの使い方とは?

メールの中で使われている文章は独特な言い方がされていることが少なくありません。なぜなら、メールの中では文章の形で意思を伝えなければならないので、手紙を書くときのように、正しい言葉遣いを意識しなければならないからです。

少し難しく感じられるメールの作成だったとしても「覚えている」の敬語表現を使うことは可能です。

しかし、どのようにして「覚えている」の敬語表現をメールの中で使うことができるのでしょうか。

「覚えていらっしゃるでしょうか」

例えば「覚えていらっしゃるでしょうか」と言う敬語表現を使いながらメールを作成することができるでしょう。

しかし、この表現は会話で使われることが多いフレーズなので、馴れ馴れしすぎると考えて、このフレーズを使いにくく感じる人がいるのも事実です。

もし、そのように感じるのであれば「覚えておられますか」と言う敬語表現を使うことができるでしょう。

とにかく、どちらの表現であったとしても、相手が不快に感じることのないフレーズを選ぶことが重要です。

Latests