Search

検索したいワードを入力してください

「なんですか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年03月02日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

意味を理解することができていない時に、使うことのできる必要がある敬語表現は「なんですか」になります。どのようなフレーズで「なんですか」を使いこなすことができるのでしょうか。この記事から「なんですか」の敬語表現について詳しく理解することができるでしょう。

「なんですか」の敬語表現とは?

「なんですか」というフレーズを普段の会話の中で無意識のうちに使ってしまうことがあります。もちろん、この言葉の使い方に精通することができていれば、何の問題もなく周りの人とコミュニケーションを図ることができるでしょう。

それでも「なんですか」が敬語表現として正しいのかどうかしっかりと理解していないのであれば、職場の上司が取引先の人と会話をしている時に、相手を不快にさせてしまうような言葉遣いをしてしまう可能性があります。

言葉遣いが原因で周りの人との人間関係でトラブルを抱えた人は誰も考えませんので、この機会に「なんですか」の敬語表現と、そのフレーズの使い方について精通することは非常に重要ということができるでしょう。

では、これから「なんですか」の敬語表現について詳しく紹介します。普段の会話の中で役立つ実際的な情報を見つけることができるはずです。

「なんですか」も敬語になる

結論から言いますと「なんですか」というフレーズも敬語になります。そのため、職場の上司と会話をしている時にも「なんですか」と言う敬語を使うことができるでしょう。

「この封筒の中身はなんですか」という敬語表現を使うことによって、封筒の中身にあるものが、どのようなものであるかを説明するように求めていることになります。非常に実用的なフレーズたと感じることができるのではないでしょうか。

場合によっては「なんですか」というフレーズが使われていることによって、不敬だと感じてしまう上司がいるのも事実です。なぜ、そのように感じてしまうことがあるのでしょうか。

「なんですか」だけでは使わない

「なんですか」という敬語表現だけを使ってしまうことがあるからです。例えば、職場の上司の1人があなたに近づいてきたとします。

そして、その職場の上司はあなたに何かを質問したいと感じているものの、なかなか質問しようとしません。「早く質問をしてくれ」と誰もが感じる場面と言えるのではないでしょうか。

ある人たちは、早く用件を終わらせたいと感じているために「なんですか」と職場の上司に対して質問をしている人たちがいます。

しかし、このような場面の「なんですか」という敬語表現だけを使うことは避けるべきと言えるでしょう。なぜなら、相手に自分が怒っているような印象を与えてしまう可能性がありますし、実際に上司を怒らせてしまう可能性もあるからです。

簡単に言うのであれば「なんですか」は他のフレーズを使う方が敬意を示すことができる、と考えることができるでしょう。

「なんですか」の敬語での使い方

「なんですか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「なんですか」というフレーズ自体が敬語表現だということがわかったとしても、他の敬語表現に精通する必要もあるでしょう。

1つの敬語表現だけでは、自分の言葉の表現に幅を持たせることができませんし、言葉のバリエーションを持つことによって、相手に良いイメージを与えることも可能になるということができるでしょう。

では「なんですか」を敬語の言い方でどのように入れるのか考えてみましょう。

「なんですか」の別の敬語の種類

「なんですか」 は敬語表現ですか、他の言い方が存在しているのも事実です。そのため「なんですか」という敬語表現を覚えたいのであれば、他の敬語表現も一緒に覚えてしまうことができるでしょう。

そのようにして、普段の生活の中で、職場の上司と会話をしている時であったとしても、心配することなく敬語表現を使うことができるようになります。

なんでしょうか

「なんですか」以外の別の敬語表現の1つに 「なんでしょうか」というフレーズがあります。このフレーズも非常に実用的ということができるでしょう。

なぜなら「言及されている案件とは、なんでしょうか」という実際的な敬語表現を作成することができるからです。

このフレーズを使うことによって「言及されている案件について、説明してくれませんか」というニュアンスの考えを相手に伝えることが可能になります。

そのため、自分が何かの内容を理解することができないために、相手に対して 説明を求めなければならないのであれば「なんでしょうか」という敬語表現を使うことができると考えることができるでしょう。

相手に説明を求めるのは簡単なことではありません。相手の労力を奪ってしまうことになるからです。それでも「なんでしょうか」という敬語表現を使うことによって、上手にお願いをすることができます。

使い方

「なんですか」という言葉の敬語表現について理解することができていたとしても、実際にこの言葉を使うのは簡単なことではありません。

しかし、普段の自分の会話の中に「なんですか」の敬語表現を使いたいのであれば、使い方について精通しておく必要があるでしょう。

つまり「なんですか」の敬語表現が使われている例文を知ることによって、例文をそのまま自分の会話の中に取り入れることができる、という意味です。

では「なんですか」の敬語表現が使われている例文について詳しく紹介します。実用的な例文だと感じることができるようであれば、例文をそのまま暗記することができるでしょう。

疑問に思われている点はなんでしょうか

取引先の人やお客さんが何かの疑問を持っているとします。その疑問はクレームの可能性もありますので、言葉遣いに注意しながら相手と会話をしなければならないことになります。

それでも、相手の人の話が必要以上に長かったり、話している内容が全く理解できないようなこともあるでしょう。そのような時に役に立つのが「疑問に思われている点はなんでしょうか」という敬語表現です。

この敬語表現を使うことによって「疑問に思っている内容を教えてください」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。

もちろん、相手が疑問に思っている内容を既に話しているにもかかわらず「疑問に思っている点はなんでしょうか」という質問をしてしまうのであれば、相手を不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

そのため、相手が疑問に思っている内容を、まだ言及できていないのであれば、このフレーズを使うことができると言えます。

メールでの使い方

「なんですか」や敬語表現を使いたいと感じていたとしても、メールの中で使うのは難易度が高いこととみなされています。

なぜなら「なんですか」の敬語表現をメールの中で使いたいと感じていたとしても、普段の会話の中とは違う言葉遣いをしなければならない場合があるからです。

では「なんですか」はメールの中でどのようにして使うことができるのでしょうか。

納得されない事とは何でいらっしゃいますか

例えば「納得されない事とは何でいらっしゃいますか」という質問をメールの中で使うことができるでしょう。

このフレーズを使うことによって「納得することのできない事について説明してください」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。

例えば、取引先の人とメールをしているとしましょう。あることが原因で取引を成立させることができません。しかし、相手からのメールからは、何かに納得することができていないものの、何に納得することができていないのか理解することができません。

どうしても取引を成立させたいという気持ちから「納得されないこととは何でいらっしゃいますか。ぜひ、対応させていただきたい次第でございます」というフレーズお取引先の人に対して送ることができるでしょう。

しっかりとした敬語表現なので、このフレーズを見ることによって不快に感じてしまう取引先の人はいないことでしょう。

「なんですか」を敬語表現するときの例文

Latests