Search

検索したいワードを入力してください

「これから」の敬語表現・これからの使い方と例文・別の敬語表現

初回公開日:2018年03月06日

更新日:2020年06月01日

記載されている内容は2018年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日常生活でよく使われる「これから」という言葉ですが、ビジネスシーンなどで、敬語に直して使わなければいけないときには、どのような表現になるのでしょうか。今回は「これから」の敬語表現と、使い方についてご紹介します。ぜひご覧ください。

「これから」の敬語表現は何?

「これから〇〇するつもり」や、「これからもよろしく」など、日常生活でもよく聞いたり口にすることがある「これから」という言葉ですが、ビジネスシーンや、目上の人に対して敬語で使いたいときにも、そのまま使ってしまっていいのでしょうか。「これから」は敬語表現では何と言えばいいのでしょうか。今回は「これから」の敬語表現をご紹介します。

「これから」の意味

「これから」という言葉の敬語表現を考える前に、まずは、「これから」という言葉の意味について考えみます。「これから」を調べてみると、今から、今から後、これにもとづいて、ここからという意味がありました。「これから」という言葉は今から後のこと、つまり今後のことに重点を置いて使う言葉です。

言い換えると、その場限りで今後がない場合には使わない言葉です。ビジネスシーンや、日常生活では今後も付き合いが続いていく関係が多数発生します。さまざまな付き合いの中で「これから」という言葉の敬語表現を使い分けて、人間関係をスムーズにしていきましょう。

「これから」の敬語表現

「これから」という言葉は普段友人や親せきなど、親しい間柄でも「これからもよろしく」「これから遊ぼう」など、よく使う言葉です。「これから」は敬語表現ではそのまま使うと「これからよろしくお願いいたします」と後ろに敬語がつきます。

さらに丁寧な敬語表現で表すと、「これから」という言葉の意味である「今後」が一番自然に使われます。一緒にという意味を込めて使いたいときには「今後とも」と使います。普段何気なく使う言葉なので、敬語を意識しにくいですが、目上の方にはこのような表現を使うと良い印象を与えることができます。

「これから」の敬語での使い方は?

日常生活やビジネスシーンなど、色々な場面で使う機会の多い「これから」という言葉ですが、「これから」の敬語はどのようなときに使うのでしょうか。また、どのような敬語表現で使うのでしょうか。敬語の種類や使い方についてご紹介します。

敬語の種類

敬語の種類は尊敬語、謙譲語、丁寧語とあります。尊敬語は相手に敬意を表す表現です。丁寧語は語尾に「です」「ます」をつけて丁寧な表現で表します。謙譲語は2種類あります。謙譲語1は自分をへりくだって相手を高めます。謙譲語2は聞き手に敬意を表します。これらに付け加えて美化語もあります。美化語は表現を美化するために使います。

しかし、「これから」という言葉はそれぞれの敬語に当てはめることが難しいです。「これから」という言葉は、代名詞「これ」+格助詞「から」でできています。「これ」の丁寧語は「こちら」で、「こちらから」となります。「こちらから」という言葉は、ここからという場所やところの意味合いが近いです。

これから先の付き合いなど、今から後という意味の「これから」をより丁寧な言葉で言いたい場合は、一般的には「これから」の意味の中に含まれる「今後」、「今後も」、「今後とも」と使います。

「これから」の敬語表現での使い方

「これから」の敬語表現はさまざまな場面で使われますが、特にビジネスシーンで使われることが多いです。取引先と社内の上司や先輩に対してどのように使うかご紹介します。

取引先に使う場合

では、「これから」の敬語表現での使い方をご説明します。例えば、取引先に対して「これからもよろしくお願いいたします」と伝えたとします。後ろの「よろしくお願いいたします」は敬語表現で、とても丁寧に感じ取ることができます。しかし、「これから」をそのまま使ってしまっていいのか不安になります。

この場合、親しい間柄でしたらそこまで気にならない表現ですが、ビジネスシーンで使うときには違う言い方で言い換えたほうが無難です。取引先に使うときには「これから」ではなく、「今後ともよろしくお願いいたします」と伝えるとより丁寧に感じられます。

上司・先輩に使う場合

会社で先輩社員に使う場合は「これからもよろしくお願いいたします」という表現でも違和感を感じにくいです。しかし、上司に対しては取引先のように「今後ともよろしくお願いいたします」としたほうが敬意を感じます。さらに付け加えると、「今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」とすると、より相手から好感をもたれます。

メールでの使い方

メールでは「これから」の敬語表現である「今後とも」は結びの言葉としてメールの最後に使われます。一般的には「今後ともよろしくお願い申し上げます」と使います。この表現よりさらに丁寧に表したい場合、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」、「今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします」というように、何卒やご愛顧などを付け加えます

「今後ともよろしくお願い申し上げます」はメールの結びの言葉として定番なので、そのまま覚えておくと便利です。普段よく使う言葉なので「これからもよろしくお願いいたします」と文章を作ってもあまり違和感を感じにくいですが、ビジネスの場では「今後ともよろしくお願い申し上げます」としたほうがより丁寧に感じられます。

場所・ところ、こちら側を表す表現

「これから」は「ここから」という意味もあります。敬語表現にすると、「こちらから」という表現になります。こちらの意味の取り方は色々ありますが、場所や、位置、ところを表すことが多いです。例えば「こちらから出発します」「こちらから先へは進めません」などです。

自分のことを指して使うこともよくあります。例えば、お客様から電話がかかってきたときに、すぐに対応できない場合、「折り返しこちらからご連絡いたします」と伝えたり、相手のところへ訪問するときに「こちらから伺わせていただきます」という使い方をします。

「こちらから」と使うときには今後という意味よりも、場所やところ、こちら側の意味を指して使う場合が多いです。

「これから」を敬語表現するときの例文

ここでは「これから」の敬語表現を実際に使った例文をご紹介します。ビジネスシーンや日常生活などで、普段よく使われるものを確認してみましょう。

Latests