Search

検索したいワードを入力してください

「配る」の敬語表現・配るの使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月17日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2018年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「配る」の敬語表現を使うことができるようになれば、仕事上、何かを配らなければならない場合でも、相応しい仕方で上司に対する敬意を示せます。そのような重要なフレーズになりますので、この記事から「配る」の敬語表現と使い方について詳しく調べましょう。

「配る」の敬語表現とは?

「配る」というフレーズを普段の会話の中で聞くことがあるでしょう。それほど頻度が多くなかったとしても「配る」という言葉は、日常会話の中で使われているフレーズと言うことができます。

そのため「配る」というフレーズを使うことによって、何かを誰かに対して渡すことを表現することが可能になりますが、事実以上のことを伝えなければならない場合もあります。

あなたが何かを渡しているのであれば、渡している相手が自分より目上の立場の人なのかどうかによって、言葉遣いを変えなければならないからです。

職場では敬語表現が必要

もし、自分と会話をしている人が目上の人なのにも関わらず「配る」をそのままの形で使ってしまうのであれば、相手は不快な気持ちを抱いてしまうに違いありません。

それが原因となって、職場の中でのトラブルを抱えた人は誰も感じませんから「配る」の正しい敬語表現を理解することは重要と言えるのではないでしょうか。

それに、最近ではパソコンやスマートフォンが普及しているため、対人関係で適切な言葉遣いをできる人が少なくなっていると言われています。

そのような傾向のある世の中にありながら、どのようにして「配る」の敬語表現を上手に使うことができるのでしょうか。具体的な例文を紹介します。

お配りする

「配る」の敬語表現・配るの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

まず1つ目に上げることのできる「配る」の敬語表現は、「お配りする」というフレーズになります。どのような場面で、このフレーズを使うことができるのでしょうか。

例えば、「チラシをお配りさせていただいております」という敬語表現を使うことができるでしょう。

会社に電車で通勤している人は、駅前でチラシ配りのアルバイトの人を見たことがあるのではないでしょうか。実際にチラシ配りになるバイトをしていた人もいることでしょう。

そのようなアルバイトをしているのであれば、「チラシをお配りさせていただいております」という敬語表現を使いながら働いている人を見たことがあるに違いありません。

もちろん、無言でチラシで配っている人もいるの、いつも聞くフレーズではありません。それでも、この敬語表現を使うことによって「配る」とほとんど同じ意味でありながら、深い敬意を示すことが可能になります。

配布いたします

「配る」を他の敬語表現に言い換えるのであれば「配布」という言葉を選択することができるに違いありません。

この表現を使うことによって「配布いたします」という敬語を作ることができるでしょう。意味としては「配る」と伝えている考えは同じになりますが「配布」は一人一人に対して何かを配っている時に使われることが多いと言われています。

チラシやティッシュ配りをしている人を「配る」という動詞で表現することもできますが、多くの場合、一人一人に対して配布していることが少なくないので、「配布」という動詞が使われることが少なくありません。

配布ください

「配る」の敬語表現である「配布」というフレーズを使いながら、周りの人に対してお願いをすることも可能になります。

例えば、「配布してください」という敬語表現を使うことによって、「配ってください」という意味を周りの人に対して伝えることができます。

何かを配るようにお願いをしたい時に使うことのできる表現になります。それでも、相手を見下しているのではなくて、敬意を示しながらお願いをしているので、このフレーズを聞いている人からしても、従いやすく感じることでしょう。

配る」の敬語での使い方とは?

「配る」を敬語で使うためには、いろいろな敬語の種類に精通しておく必要があるでしょう。そうすることによって、自分の言葉のバリエーションを増やすこともできますし、伝えたい意味を的確に表現することが可能になります。

では「配る」の敬語の使い方について詳しく紹介します。

敬語の種類

「配る」の敬語表現を知ることは重要なことですが、敬語表現が1つだけだと考えている人がいるのも事実です。

しかし、実際には「配る」の敬語表現はいくつか存在していることになり、それぞれの敬語表現の使い方に精通することによって、複雑な考えであったとしても、適切な仕方で表現することが可能になります。

では、具体的にどのような表現で「配る」の敬語を作成することができるのでしょうか。

お配り

1つの方法は「お配り」になります。「配る」という動詞を使いながら直接的に表現するよりも「お配り」という動詞が使われている方が敬意が示されていることになります。

それに「配る」という言葉を使いながら相手に対して命令をされることが少なくありませんが「お配り」という敬語表現を使うのであれば、相手に対して命令をしていたとしても、厳しいイメージを相手に与えることなく意思の疎通を図ることができるようになるでしょう。

実用的な敬語表現になります。

使い方

「配る」の敬語表現を理解することができていたとしても、日常会話の中で使うのは難しいことです。

ある特定のフレーズを自分の言葉として使えるようになるためには、その表現を使うことのできる状況についても知っておかなければならないからです。

そのため、例文や具体的な状況を知ることによって「配る」の敬語表現を上手に使うことができるようになることでしょう。

「お配りしました」を形容詞のように使用する

例えば 、「配る」の敬語表現である「お配り」という言葉を使いながら形容詞のような働きをさせることができます。

例えば、「お配りしました書類」というフレーズを作成することができるでしょう。このフレーズを使用することになって「すでに配った書類」という意味を話を聞いている人に対して伝えることができます。

そのため、このフレーズは実用的ということができます。直接的な仕方で「すでに配った書類」という文章を作成することもできますが「お配りしました書類」という言葉には、もっと深い敬意が含まれていることになりまし、内容も理解しやすいです。

ビジネスマンとして普段から活躍している人にとって、実用的な敬語表現ということができるのではないでしょうか。

メールでの使い方

Latests