Search

検索したいワードを入力してください

「くださった」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「くださった」という言葉の正確な使い方や敬意表現を理解すれば、周りの人に対して敬意を示すことができるだけでなく、間接的に感謝の気持ちも伝えられます。そんな、実際的な表現の1つである「くださった」の敬意表現について、この記事から徹底的に調べましょう。

敬語「くださった」の意味とは?

「くださった」というフレーズは普段の生活の中で使うことの多い表現ということができます。「くださった」という表現以外にも普段の会話の中で使うことのあるフレーズはたくさんありますが、このフレーズの使う頻度はもっと多いです。

なぜなら、他のフレーズと「くださった」を組み合わせながら敬語表現を作成する場合があるからです。

そのため「くださった」という言葉の正確な敬語について理解することができていなければ、その後の言葉遣いも不正確になってしまう可能性があります。

では「くださった」の敬語には、どのような意味があるのでしょうか。そして、どのようにして「くださった」の敬語を作成することができるのでしょうか。具体的に紹介します。

「くださった」の敬語

「くださった」は既に敬語表現になっています。そのため「くださった」という表現を使うことに心配な気持ちを抱いておられる方もいますが、安心して使うことのできるフレーズであることがわかります。

基本的には、自分と会話をしている人が、取引先の重要な人物であったとしても、会社の上司だったとしても、 不安に感じることなく「くださった」という敬語表現を使うことができるでしょう。

意味としても「してくれた」という考えを相手に出して伝えることが可能になります。

職場でも学校生活だったとしても、親切を示したり示されたりすることの繰り返しで人間関係が成り立っていることになります。

そのため、自分に対して何かをしてくれた場合には、積極的に「くださった」というフレーズを作成することができるでしょう。

「くださった」は過去の事を表現している

「くださった」と言う敬語表現を聞いて疑問に感じられる方もいるはずです。なぜ疑問に感じるのでしょうか。

なぜなら「くださった、という表現は、将来のことや今のことを表現するために使えるの」と考えているからです。

結論から言いますと「くださった」は過去の事を表現するために使うことのできる敬語表現になります。

そのため、将来のことや今のことについて表現したいのであれば、別のフレーズを使用する必要があると言えます。

例えば「くださった」の後半部分に使われている「さった」という表現によって、このフレーズが使われている会話の中で言及されている事が過去に起きたことになってしまいます。

会話をしている相手に対して、適切な時間帯について伝えることができないのであれば、スムーズなコミュニケーションをとることができません。気をつけましょう。

敬語「くださった」の使い方とは?

「くださった」という言葉が敬語であることがわかりましたが、他にも敬語の種類があるのも事実です。

敬語には種類があることを多くの人は知らずに会話をしています。しかし、それでは周りの人に対して失礼な言葉遣いをしてしまう可能性が生じてしまいます。

これから「くださった」を他の敬語で言い換えるとしたら、どのようにして使うことができるのか詳しく紹介します。

かなり実用的な情報を見つけることができますので、これから出てくる表現を忘れないようにしましょう。

「くださった」の別の敬語の種類


「くださった」という言葉を敬語に変えたいのであれば、敬語には色んな種類があるということを知っておく必要があるでしょう。

そして「くださった」 というフレーズのいくつかの敬語表現に精通することによって、自分の言葉の表現の幅を広げることに成功します。

ビジネスの場面においては、言葉遣いが良いことによって、自分の会社のイメージを向上させることにもつながりますので、これから調べる表現は大切になってくるはずです。

「くれました」は丁寧語

「くださった」を別の敬語表現で言い換えるのであれば「くれました」というフレーズを使うことができるでしょう。

「えっ、くれました、って敬語なの」と感じられる方もおられるでしょうが、この表現は丁寧語になります。

「くださった」と比べてしまうと、相手に対して示されている敬意が少しずつ感じられる可能性もありますが「くれました」もしっかりとした敬語なので、目上の人に対しても使うことができることがわかります。

「くださった」は謙譲語

「くれました」というフレーズが丁寧語であることがわかりました。では「くださった」は、敬語の中のどのような文法になるのでしょうか。

「くださった」は謙譲語になります。謙譲語とは、敬語の中でも深い敬意を示すことが可能な文法の1つになります。

そのため、自分と会話をしている人が社長のような偉い人であったとしても、謙譲語を使用することは可能だと言われています。

「くださった」というフレーズを使い慣れていないために、違和感を感じる可能性があるでしょう。

それでも「くださった」が謙譲語ということは、相手の人がものすごく目上の人であったとしても、自信を持って使うことができると言えるのではないでしょうか。

使い方

「くださった」という敬語表現について詳しく理解することができました。それでも、普段の会話の中で「くださった」というフレーズを使うには不安に感じることがあります。

なぜなら「くださった」の敬語としての正確な使い方に精通することができていないからです。では、どのようにして「くださった」という敬語表現を使うことができるのでしょうか。

くださった贈り物

例えば「くださった贈り物」と言う敬語表現を使うことができるでしょう。このフレーズによって「自分にくれた贈り物」という意味を伝えることが可能になります。

どんな人でも、人生の節目となる事が生じた時に、自分に対して誰かが贈り物をしてくれたことがあるのではないでしょうか。

そして、自分に対して送られた贈り物が何であったとしても「くださった贈り物」というフレーズを使うことによって、自分に対して送られた贈り物について言及することが可能になります。

わざわざ、贈り物の種類について言及することによって、相手の理解を得なくて済むので、非常に便利なフレーズということができます。

敬語「くださった」の例文とは?

「くださった」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現
※画像はイメージです


「くださった」という言葉を、普段の会話の中で自然に取り入れたいと感じている人は少なくありません。

その願いのように「くださった」の敬語表現を自然に自分の会話の中で使うためには、例文について知ることが非常に重要になってきます。

そのようにすることによって「くださった」の英文で表現されている考えを、自分の考えの中でもそのまま表現することができるようになるからです。

では「くださった」の敬語表現を使った、どのような例文を作ることができるのでしょうか。

Latests