Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

製造業とは、他の職業とどう違うのでしょうか。応募する際に製造業の自己PRを記載する必要がありますが、かなり悩むことでしょう。そんな時にこの記事を見て、製造業の自己PRを書くためのヒントになればと思います。難しく考えるのではなくポイントをついて記載することです。

自分の事を客観的に評価してみることで製造業に対する自己PRができます。その為には、他の人に色々聞いてみるのも良いです。

他の人からみた場合の自分の製造業に対する自己PRポイントなども聞いても面白いです。エージェントは就職・転職のサポートのプロで、企業の人事と同じくらい多くの人を見ているので、チェックしてもらうならおすすめです。

それらの中でこれは使えると判断できる内容を製造業の自己PRにしてみることです。普通のやり方では、他の人と同じ自己PRになります。

視点を変えて考えれば、事務職の経験をいかして製造業の仕事につくことも可能です。自分で可能性を無くすのではなく、広げる方向で考えると色々と自己PRは見つかります。採用担当側は、そのような自己PRをみて、他の人と違うと感じるでしょう。そう思わせたら書類審査を通過する可能性も高いです。

あくまでも採用担当者側の視点で、柔軟性をもって自己PRを考えれば内定につながる自己PRが見つかるvはずです。

製造業の仕事に応募する際の自己PRの書き方

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

製造業を志望する人はかなりいるので、他の人と違う自己PRを記載する必要があります。自分だけの自己PRを記載できて、効果的に自分をPRできれば応募した会社の書類審査に通るでしょう。

書き方としては、自己分析をしっかりしていくところから始まります。自分をしっかりと見つめることで、今まで見えなかった自分を発見できます。

具体的には、いくつか自分の長所と呼べるものを列記します。それらのうちから書類審査や面接で効果を発揮するものを数個選びましょう。

そして、その長所を応募書類用に具体的にまとめてみます。一度記載してみた自己PRを製造業として問題がないか確認します。できれば、面接などで想定される質問に関しても考えてみることです。

してはいけない製造業の自己PR

製造業の特徴をしっかりとらえないで、自己PRを記載することはやめましょう。製造業では、一つ一つの製品を責任をもって生産する必要があります。

ですので、集中力がない人や、長続きしない人は向いていません。そのあたりを理解しないで、集中力が途切れる時があることなどを文章の中に記載するのはマイナスです。

たとえ直接的に言わなくても、関節的に相手に勘違いされるような文章もやめましょう。このような間違った自己PRを記載しない為には、製造業というものを良く理解するのと、その会社の事をできる限り知ることです。

求人広告などである程度情報収集できますが、その会社のホームページを見て会社概要と事業内容などは最低限おさえておいた方が良いです。

製造業の自己PRの例文

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

製造業の一般的な自己PRは、「幼少の頃からものづくりが好きで、製造の現場で憧れていました。製造現場で、毎日コツコツと勉強して品質の高い仕事をします」などがあります。これは普通に聞こえるかもしれませんが、採用側からした場合、納得できる内容です。製造現場に憧れていたと言うことは、多少きついことが現場であっても耐えられると企業側は考えます。

また、コツコツ勉強する姿勢は、どの現場でも必要で商品を製造する為に基本となる姿勢です。常に、新しい情報を入手してより良い製造現場にする考え方は認めてくれます。さらに、この位の短い文章が理想です。あまり長くしても意味がなく採用担当者も最後まで読んでくれません。

製造業ならではの自己PRとは

製造業ならではと言えば、体力を使う仕事であることです。自分の体力に自信のある方は、積極的に自己PRで体力に自信があると記載しましょう。

また、ものごとを正確におこなうことができる人も、その内容を書いても効果的です。採用側は、特に製造業におけるあなたの資質を見てきます。製造現場で一人であなたが商品を生産していることをイメージして問題がないか確認してきます。

その他には、製造現場では人とコミュニケーションをとりながらスムーズに仕事を進める必要がありますので、人と話すことが苦にならない人を探しています。

製造業を希望する人の中には、人とまったく話すことがないので製造業を希望している人もいます。ですが実際には違っていて、様々なセクションの人と話しをしながら業務を遂行します。

転職・未経験・新卒それぞれの場合の自己PR

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

転職の場合の自己PRとしては、経験が多少でもある時は次のような内容が良いです。「今まで工場で培ってきた、電子機器の製造に関する知識と経験をいかして品質の高い業務をします。」となります。これは、簡単で分かりやすいのと自分の経験も含まれているので良いです。未経験の場合は、「製造以外の仕事で身に付けた、仕事に対する姿勢をいかして毎日向上心をもって製造業務をします。」などです。

これは、やる気を全面に出す意味で効果があります。また、新卒の場合は「学校で学んでいくうちに興味がわいてきた製造業に関して、現場で一から勉強して将来現場を管理することもできるスタッフになります。」と書けます。大学などで何を勉強してきたかも重要です。

製造業の経験がある人と、ない人の自己PRの差について

考え方にもよりますが、求人内容に未経験者も応募可能と記載がある場合は、経験者と未経験者の差はそれほどないと考えて良いです。言い換えれば、経験者は経験者の仕事があり、未経験者にも別の仕事があると言うことです。

実際に応募する時に、自分は未経験なので他の人と差があると考えがちです。そのような事は考えないで、未経験であればそれなりの自己PRを思いっきり企業側にぶつけることです。

その気持ちが採用担当者に理解してもらえれば、面接の機会もあります。面接では、未経験であっても自分らしい自己PRと志望動機をもっていれば面接が終わるまで、自信をもって話すことができます。大切な事は、未経験者であっても自分が入社することでのメリットをしっかり伝えることです。

協調性を自己PRすると良い?

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

製造現場における協調性とは、とても大切なことです。協調性が無ければ、仕事ができない現場もあります。ものづくりの基本である協調性を自己PRすることは採用担当者を納得させるには丁度良いです。現場でなぜ協調性が必要とされるのでしょう。それは、全員で協力して取り組むことで一つの製品を作り上げるからです。一人でも駄目なら商品は出来ません。

特に品質管理の人などは、軽視しがちですが商品の価値を決めてしまう重要なセクションです。自己PRで協調性を言う場合は、自分に協調性がある具体的なエピソードがあると良いです。より具体的に説明できれば面接の場でも盛り上がります。また、書類審査の段階でも他の人よりも、良い点数が付けられるでしょう。

会社が求めている自己PRの内容

それでは、会社側はどのような自己PRを望むのでしょうか。それは、その人のオリジナリティーがあって、現場で使える能力を自己PRで表現していることです。例えば、それが細かい作業が得意でも良いです。意外と探せば、製造業に向いている要素はあるものです。製造業は色々な仕事内容がありますが、極端に難しい仕事は少ないです。

その関係もあって、未経験者でも応募できます。逆に会社側が嫌がる自己PRとは、他の人とあまり変わらい内容で最後まで読みたいと思わない自己PRです。これは、学生の時の就職活動でありがちですが、社会人になってからも経験が浅い場合、転職などでも人と同じような自己PRを記載してしまいます。

内定をとる為の製造業の自己PRについて

製造業への自己PRの書き方と例文|転職/未経験/新卒の場合

企業側が最後まで自己PRを読みたいと思えるような内容の自己PRが理想的です。文章が立派であれば、それで良いわけではありません。

その人の持っている能力を上手に表現した、その人だけの自己PRを企業側は待っています。そのような自己PRを製造業の応募で記載出来れば多くの企業から内定をもらう事も可能です。

もちろん多くの企業から内定をもらえればそれで良いわけではありませんが、少なくとも良い結果は出ます。内定をとる為の自己PRは、1日で考える必要はありません。何日もかけて自分らしい納得のいく製造業の自己PRを書けばよいのです。さらに、内定をもらう為には面接なども考慮して、問題の無い自己PRを記載して応募しましょう。

書類審査は通っても面接で落ちては意味がありません。ポイントとしては、自己PRで面接官につっこまれても大丈夫な内容にすることが大切です。

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Latests