Search

検索したいワードを入力してください

将来像の書き方と例文・面接/就活での将来像例・質問への答え方

初回公開日:2017年09月25日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2017年09月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

採用試験で将来像の質問をされたとき、何を答えるべきか曖昧でピンと来ない方も多いのではないでしょうか。将来像という言葉のニュアンス、期待される資質、具体的な年数を指定されたときの考え方などをまとめました。実際に働く姿がイメージできないという人にもおすすめです。

そもそも将来像とは

将来像といわれてもピンとこない

将来像とは何でしょう。何かしら未来のことについて聞かれているようですが、それだけでは漠然としたイメージです。就活の採用試験ではコミュニケーション力が大切といわれます。その中には相手の考えや求めるものを察知し、理解することも含まれます。では、採用担当者が期待する将来像とは何でしょうか。

言葉を置き換えてみる

まずは将来像という言葉のニュアンスをはっきりさせましょう。言葉のニュアンスを知りたい場合は、他の国の言葉に置き換えることがおすすめです。今回は漢文に置き換えてみましょう。

将来の将の字は、再読文字という文法表現です。「まさに〜せんとす」というフレーズを高校時代に習った方も多いのではないでしょうか。意味は「今、まさに〜しようとしている」というものです。これを踏まえると、将来という言葉には「今まさに、来ようとしているもの」というニュアンスが含まれています。

将来像という言葉の持つニュアンス

将来像という言葉を「今まさに、来ようとしているもの」として捉えた場合、そのニュアンスからは、単に理想や憧れだけではない説得力や根拠を求められることが分かります。採用試験で将来像の質問に応える場合は、そうした裏付けを事前にしっかり準備しておくことが大切です。

将来像への質問で期待されているもの

将来像の質問に答えるには順番があります。まず未来の理想像を提示し、その後に裏付けとなる情報や根拠を述べます。この質問、経験者の方であれば、それまでの経験や知識を元に具体的な説明をすることができるので比較的簡単に思えます。

しかし、そうした蓄積がない学生さんや業界未経験者の方にとっては難しく、回答の質に差が出てしまいます。そうした意味では少し不公平な感じもする質問です。果たしてこの質問の意図とは何でしょうか。

採用試験の種類による評価の違い

ここで改めて採用試験そのものに注目しましょう。業界知識や専門スキルを評価したい場合、会社は中途採用やヘッドハンティングという形をとります。その方がスペシャリストを集めやすく、即戦力としての活躍が期待できるからです。そうした観点からすると新卒・第二新卒の方を対象にした採用試験の場合、スキルや専門知識とは別な観点が評価対象になると考えられます。

新卒・第二新卒者が期待されている項目

経験者を採用する場合、将来像では専門的な知見に評価のウェイトが置かれます。そうでない方へ将来像の質問をする場合は、採用担当者は内容以上に以下の観点を評価していると考えられます。

・ポジティブな理想像
・業務への知識と勉強量
・熱意と責任感
・説得力

将来像とはいいますが、実際は人柄やロジックの運び方などに比重が置かれていることが分かります。さて、これらの評価項目ですが、どこかで聞き覚えはないでしょうか。

将来像の書き方

将来像で問われる資質

近年、リーダーシップに関する議論が注目を集めています。そして会社が求める人材として、社員一人一人にリーダー意識を求める風潮が強くなってきています。実際、先にあげた将来像の質問の評価項目は、実は全てリーダーシップに必要とされる資質と共通しています。項目ごとに確認していきましょう。

ポジティブな理想

将来像を描く上では理想の設定が大切です。というのも、目標とする理想への思い入れの強さが、その後のリサーチへの情熱を左右するからです。実際、リサーチの作業はかなりのエネルギーと労力を費やします。掲げる理想は、挫けそうなときに何度でも自分を奮い立たせられるようなポジティブなものにしましょう。

試行錯誤を繰り返し練り上げられた理想は、付け焼き刃ではない本物の情熱がやどります。そうした隠れた努力や熱意は知らないうちに相手にも伝播します。採用担当者とは言い換えれば、これから仕事をする会社の仲間たちを代表している存在です。彼らが自分から参加し後押したくなるような将来像を考えてみましょう。

業務への知識と勉強量

将来像を描くためには理想像だけでは不十分です。これを事業計画に置き換えた場合、アイデアだけが先行している状態になります。計画の詳細が穴だらけでは会社を間違った方向に導きかねません。そこで大切になるのが知識と勉強量です。

これらを加えることで主張に客観性と現実性が生まれ、相手に具体的なイメージと安心感を与えることができます。将来像についてもそれは同様で業務への知識を深め、理解を示すことで、会社の一員になる姿勢を強調できます。

熱意と責任感

魅力的な理想と裏付けとなる根拠で、頭の中の将来像にかなり信憑性がでてきました。次にアピールすべきは実行力です。とはいえ、難しいことや大きなことをアピールする必要はありません。アイデアを形にするため一番始めに着手することや入社した後の心構えなどを具体的に述べましょう。理想を実現するための着実さや堅実さが大切です。

Latests