Search

検索したいワードを入力してください

エントリーシートに適切な紙質・サイズ|おすすめの印刷方法

エントリーシートを印刷する際、多くの就活生が悩むのはどんな用紙に印刷したらいいかと言うことでしょう。エントリーシートを印刷する紙質を選ぶポイントは、清潔感があり、鮮明で読みやすい印刷ができるかという点です。

エントリーシートを印刷するのに適切な紙質

エントリーシートを印刷する際、多くの就活生が悩むのはどんな用紙に印刷したらいいかと言うことでしょう。エントリーシートを印刷する紙質を選ぶポイントは、清潔感があり、鮮明で読みやすい印刷ができるかという点です。

その為には、まず白い紙を選ぶことが大前提となります。ここで注意するべき点として、パッケージなどで「自然な白色」等と表記されている用紙を選ばないようにすることです。自然な白色というのは単体で見ると一見普通の白に見えますが、他の上と比べると若干生成がかった白色になっている場合があります。

目に優しいと言う理由からこのような色合いになっているのですが、エントリーシートにおいては他の提出物と違う色合いだと悪目立ちしてしまう上に、真っ白な紙の中に生成がかった白があると不潔な印象に思えてしまう場合があります。

また、印刷用紙には写真の表面のように光沢感がある用紙がありますが、こういった紙質もエントリーシートにはおすすめできません。エントリーシートを印刷するのは、高白色と呼ばれる白の、マット紙を選びましょう。

エントリーシートの印刷に適さない紙質

ではその他で、エントリーシートの印刷に適さない紙質とはどのようなものなのでしょうか。

まず、目立たせたいからといって色のついた紙を使う事は絶対に避けて下さい。薄く模様が入っていたりワンポイントイラストが入っているような紙もふさわしくありません。

エントリーシートを印刷するのに適切な紙のサイズ

エントリーシートの提出方法で印刷を支持される場合、用紙のサイズまでは言及しない企業もあるでしょう。

基本的にエントリーシートの用紙サイズはA4を選べば問題ありません。日本の企業では使用する書類にはほとんどの場合A4用紙が使用されています。また送付する際の封筒もA4用紙を基準に作られているので、封筒に合わせると言う点でもA4用紙が適していると言えます。

他の用紙サイズで印刷をするとエントリーシートを折らなければならなくなり、提出の際に不必要な折り目がついてしまうだけではなく、集まったエントリシートを扱うときに1つだけ用紙サイズが違うと企業側も扱いづらいといった問題が発生します。就活では足並みを揃えると言うことが非常に大切なので、印刷時には一般的に利用されているA4サイズの紙を選ぶようにしてください。

ただし、会社説明会やエントリーシートの提出方法で紙の用紙サイズを指定されている場合には、企業の指示に従った用紙サイズで印刷するようにしましょう。

エントリーシートを印刷するのに適切な紙の厚さ

エントリーシートに使用する用紙は、無地の白色でA4サイズが適しているということはご理解頂けたでしょうか。しかし、エントリーシートの上で気にするポイントはそれだけではありません。

エントリーシートに使用する用紙に必要なのは扱いやすい適度な厚さです。エコノミータイプや再生紙などという表記で販売されている安価なコピー用紙は、大量な書類を印刷する時などに価格を抑えられると言う点は推奨されています。

しかし、値段相応の薄さで作られているため、裏に透けてしまったり文字が滲みやすくなったりし、全体的に安っぽい印象になる可能性があります。また、薄い紙はちょっとした刺激で折れ曲がったりシワが寄りやすくなっています。

エントリーシートのような重要な書類は、なるべく美しい形をキープするために厚手の紙を利用するようにしましょう。とは言っても、まるで厚紙のような分厚い用紙を使うのも考えものです。印刷するのも大変ですし企業側の取り扱いも面倒になるため、使用する用紙は一般的に「厚手」と呼ばれる厚さのものをおすすめします。

エントリーシートを印刷する方法

エントリーシートを印刷するには、主に自宅の印刷環境使用するかコンビニなどに設置されているマルチコピー機を利用するかという2種類の方法があります。

データを入稿することで印刷してくれる印刷会社と言うものも存在しますが、エントリーシートを印刷するためだけに印刷会社に依頼する就活生はほとんどいないでしょう。

Latests