Search

検索したいワードを入力してください

「最後に一言」と言われた時の答え方・回答例・アピール方法

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接などで「最後に一言」と言われることは結構あります。何も準備していないとどうして良いか分からない人もいます。最後に一言と言われた時に、とまどうこと無く自分をアピールする方法を記事にまとめてみました。この記事を参考にしてもらって面接でアピールできると良いです。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

状況別面接で「最後に一言」と言われたときの答え方

状況別面接で最後に一言と言われた時の答え方としては、事前に準備しておくのも一つの手です。これは、状況に合わせて最後の一言の内容を変えることはあるとしても、事前に考えておくと緊張しなくて済みます。

何も準備をしないで面接で最後に一言と言われた場合、人によっては何も言えない方もいます。答え方としては、面接の状況を考えて一番よいと思われる内容を大きな声で元気よく発言すれば良いでしょう。

転職

転職の面接で最後に一言と言われたら最後に自分をアピールできる時だと思って良いです。面接官もこの人にチャンスをあげようと考えて最後に一言と言ってくれている場合が多いです。

転職の時は、実際にあなたが仕事をして自分の能力を発揮している姿を想像させるような内容の最後の一言が言えればとても良いでしょう。例えばそれが、自己PRと同じ内容でもあなたを印象付ける内容が同じであれば、問題ないです。

就職

就職における最後に一言の答え方としては、事前に準備しておくことがポイントです。就職活動ではさまざまな会社を受けるのが普通であって、受ける会社ごとに最後に一言の内容を変えるのは大変です。

そのため、事前に良く考えて自分らしい最後に一言の内容を用意しておくと複数の会社でも使えます。他の会社でも同じような事を言っていると、違和感がある方もいるでしょうが、考え方によっては最後に一言の答え方はどの会社も統一できるものです。

新卒

新卒の就職活動の面接で最後に一言と聞かれた時は、他の人には負けない何かを答えれば良いでしょう。それが、毎日運動をしている事でも、学生の間に賞を受賞したことでも良いです。

新卒の就職活動の面接の最後に一言は、最後にできる自己PRです。その事を念頭にいれて十分にPRできたと思えるような内容で答えましょう。また、新卒らしい元気良さなども評価の対象になるので、元気よく答える練習などもしても良いでしょう。

大学受験

大学受験の時の面接の最後に一言は、大学に対する強い思いを答えると良いです。これは、たくさん受験者がいる時に、他の受験者とは違った何かを言えれば面接官もあなたの事を覚えてくれるでしょう。

一番してはいけないことは、大学受験の面接の最後に一言を特にないので、発言しないで終わらせてしまうことです。言い換えれば、何か自分をPRできる内容を少しでも良いので相手に伝えることが大切です。

高校受験

高校受験の時の面接の最後に一言では、高校に入学してからしたいことなどを答えれば良いでしょう。これは、面接の中で同じような内容の事をすでに発言していても再度言っても問題ないです。面接では、重要なことは複数回言うのも普通のことです。

あまりこのような細かいことに注意していると何も発言できなくなるので、常に自分をPRするつもりで発言する習慣を付けましょう。

昇進

昇進の時の面接における最後に一言は、自分を強くPRするように言った方が良いです。昇進することに対して色々考えている事があっても会社にPRすることがポイントです。

後でもっとPRしておけば良かったと思わないためにも、昇進の面接では普段の自分よりも強めにPRすることです。自分が昇進すればどれだけ会社に貢献できるかを具体的に言えるとなお良いでしょう。

職業別面接で「最後に一言」と言われたときの答え方

職業別で最後に一言と言われた時の答え方としては、共通している点は自分が入社した場合どれだけ会社にプラスになるか説明できると良いでしょう。最後に一言では色々な事をいう事ができますが、自分が入社した場合会社にどのように貢献できるか具体的に言える人は強いです。

会社も自分を売り込もうとする人は歓迎してくれます。最後に一言の長さとしては、あまり長くなり過ぎないようにしましょう。このあたりは一般常識的に考えて良いです。

警察官

警察官の面接で最後に一言と言われた時は、自分が考えていることを率直に言えると良いです。それが、市民のために常に全力で業務に励むことでも良いです。警察官として重要なのは、とにかく元気のあることです。

最後に一言で元気のないような発言をした場合、印象はあまり良くないでしょう。できれば、元気な声ではっきりと自信をもって市民を守ることに全力で取り組みますと言えるくらいが丁度良いです。

公務員

公務員の面接で最後に一言と言われた場合、何か一つでも発言しておくと良いでしょう。公務員は地味な仕事に見えますが、実際には自分をPRすべき時はしっかりできる必要があります。

また、そのような人に対しては色々な仕事がまわってくるのが公務員でもあるので、面接で最後に一言と言われたら自分の長所でも良いので発言しましょう。

看護師

看護師の面接で最後に一言と言われたら、看護師の仕事で必要とされる能力について自己PRするのが良いでしょう。その内容としては、体力に自信があって夜勤も含むシフト勤務も積極的にやっていきたい時は、そのように素直に発言すると印象も良いです。

看護師の仕事は、正確さも要求される仕事でもあるので、手先が器用であることなども自己PRとして最後の一言で言えればなお良いです。

面接での「最後に一言」と言われたときの回答例

面接で最後に一言と言われた時の回答例としては、「私は粘り強く物事に取り組むことができます。この力を発揮して御社に入社しても粘り強く営業に取り組み御社の売り上げに貢献します」となります。

これくらいはっきりと最後に一言で言えれば面接官も好評価でしょう。また、最後に一言で重要なのは、面接を受けている会社が何を必要としているか情報収集して明確にしておくことです。

面接の「最後に一言」と言われたときにアピールする方法

最後に一言と言われてアピールする方法としては、その会社がどのような人材を必要としていうかによって違ってきます。求人内容やホームページを見れば、必要とされている人材をイメージすることができます。

その必要とされている人のイメージに近いような内容を最後の一言で言えれば会社とのマッチ度が上がります。むりやり会社の必要としている人材になろうとするのではなくて、自分の持っている力をどのようにして会社に貢献できるかが重要であって、その結果会社の必要としている人材に近くなれば良いでしょう。

熱意

面接で最後に一言と言われた時に熱意をアピールするには、普段からの自分の取り組みが重要になります。もしもその会社に入社することが目標で色々努力してきたのであれば、その事を最後に一言で言えれば良いでしょう。

熱意とは、発言の仕方でもだいぶ変わってくるので、面接官の目をしっかりと見て自分の本当の熱意を伝えるつもりで発言することがポイントです。

面接で「最後に一言」と聞かれなかった場合の対策

面接で最後に一言と言われなくても言った方がPRになると判断した場合は、自分から「最後に一言よろしいでしょうか」と質問しましょう。

大体の会社は、質問に対して「どうぞ」と言ってくれます。ここで注意すべきことは、あまり長い内容を最後の一言で言わないことです。あくまでも一つのことを簡単にまとめて話すことで十分です。

「最後に一言」で好印象をアピール

「最後に一言」と言われた時の答え方・回答例・アピール方法
※画像はイメージです

面接では、最後に一言でかなりの部分を印象付けてしまうことがあるので、本当の自分を知ってもらうためにも十分にアピールしたいものです。大切なことは、これが自分の力を表現する言葉だと思うことを最後の一言で言えば後悔なないでしょう。

また、より具体的に自分の能力を表現するエピソードも言えるとなお良いです。面接では、他の人と自分はどれだけ違って、自分を採用すれば会社が得をすることを言えるかどうかがポイントとなり好印象かどうかも決まります。

Latests