Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月18日

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人というものはどこにでも存在します。偉そうな人は、どうして偉そうに振る舞ってしまうのでしょうか。偉そうな人の心理的特徴や偉そうな人の態度について考えてみましょう。自分が偉そうな人のように思われていないかどうかもあわせて考えてみてください。

偉そうな人とは

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人はどのような場所にも存在します。職場や学校、ご近所づきあいなどといった場面でも偉そうな人はいるでしょう。偉そうな態度をしている人と付き合っていくのは大変ですが、まったく付き合わないというわけにもいきません。

偉そうな人とはどのような人なのか言動や行動などから考えてみましょう。無意識のうちに偉そうな人になっていないかどうかなどもチェックしてみてください。

偉そうな話し方

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人は、話し方や言葉の選び方も偉そうと思われることが多いでしょう。偉そうな人と思われないようにするためには、偉そうな話し方とは一体どのような言葉を言うのか考えてみる必要があります。偉そうな言い方についていくつかご紹介しますので、チェックするための参考にしてみてください。

「さっきも言ったけど」

「さっきも言ったけど」という言葉をよく使うという方は偉そうな話し方をしてしまっている可能性があります。「さっきも言った」という言葉は同じことは2回も言いたくないというような意味を含んでいます。質問や意見などを聞きにくくなってしまうのではないでしょうか。

「~やっておいて」

「~をやっておいて」という言い方は上から目線の言い方にしか聞こえないでしょう。誰かになにかを頼みたいという場合、お願いする立場であれば「しておいて」のような言葉を使うことはやめた方がよいのではないでしょうか。

「意味が分からない」

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

「意味が分からない」という言葉も偉そうな人は良く使う言葉とされています。理解する気がなく、話をしている相手にとっても良い気持ちで話をすることができないでしょう。相手の話している内容がわからないという場合は「すみません」という一言をつけて聞き返すようにしてください。

「~でいいんじゃない」

「~でいいんじゃない」といったような投げやりな言い方も偉そうな人など思われてしまう話し方に感じるでしょう。何かを相談されたときや話を聞く際には投げやりな返事をしないように「~ならどうでしょう」などのような言い方をすることがおすすめです。

偉そうな態度

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人の偉そうな態度とはどのような態度のことをいうのか考えてみましょう。偉そうな人だと感じる人を見ると、本人の自覚があるなしに関わらず態度から気になることもあります。どのような態度が偉そうな人に見えるのかを理解し、自分ではそのような態度を取らないようにすることが大切ではないでしょうか。

きちんと謝ることができない

偉そうな人はきちんと謝ることができません。自分のミスなどを素直に認めることができないため言い訳などが先に出てしまいます。謝るべき時はきちんとした態度で謝ることで相手に対する申し訳ないという気持ちのあらわれになるのではないでしょうか。

腕組みをよくする

偉そうな人の態度の代表的なものとして腕組みなどがあげられます。腕組みをしている人を見るとどうしても偉そうに見えたりするため、職場などではしないようにすることが無難です。同じように足組なども偉そうな人に見える傾向がありますので、足を組んでしまう傾向にある人は気をつけた方がよいでしょう。

鼻でわらう

人を馬鹿にするような鼻でわらうという態度も偉そうな人はよくする行動になっています。自分が上であると勘違いをして人を見下すような態度になりますので、無意識にでもやっていると自覚した場合、気をつけるように努力しましょう。

偉そうな人の5つの心理

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人の特徴などをご紹介しましたが、偉そうな人は心理としてどのようなものを抱えているのか考えてみましょう。偉そうな人と思われる人の心理的特徴としていえる5つの心理をご紹介しますので参考にしてみてください。

気が小さい

偉そうな人は実は気が小さいという場合も多くあります。気が小さいからこそ偉そうに見せたいという心理的欲求が高まってしまい、そのような態度を取ってしまう事もあるでしょう。気が小さい人は態度だけでも大きく見せたいという気持ちになってしまうのではないでしょうか。

自信がない

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人というのは自信のなさから、わかりやすい偉そうな態度をとる傾向にあります。自信がないからこそ、相手がどう思うかを想像できずに偉そうな態度を取ってしまい、相手を威嚇したり強そうに振る舞ったりしてしまうのではないでしょうか。

プライドを傷つけられることを嫌う

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人はとてもプライドが高く、自分が低くみられたりするような態度を嫌う傾向にあります。偉そうな人は人一倍プライドが高く、自分以上の力を持っている人を嫌ったりすることもあるでしょう。そのような行動は自分のプライドを傷つけられないための自己防衛本能が働いている可能性があります。

自分が中心の存在となりたい

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人は心理的に自分が話の中心でいたいと考える人でもあります。自己中心的な考え方もするため、偉そうな人と思われる傾向にあるでしょう。自分が正しいと思い込むことによって偉そうにし、周りの人間関係を仕切ったりするようなこともします。

人にどう思われているかを気にする

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人は実は人にどう思われているのかを気にする人が多いといわれています。自分に自信がないため、周囲の評価が気になってしまう傾向にあるでしょう。周囲の人に、自分に価値がないと思われていたくないため偉そうな態度を取ってしまいます。

偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人の5つの特徴について考えてみましょう。偉そうな人にはさまざまな特徴があり、わかりやすく「偉そうな人」だとチェックすることができます。偉そうな人と思われないようにするためにも、特徴を知ってそのような行動や言動をしないように注意しましょう。

人を見下す

偉そうな人は自分を下に見られることを嫌い、自分を上に見せるため、周囲の人を見下す傾向にあります。そのような人の中には人を見下すことによって自分の価値があげられると勘違いをしている人が多く、偉そうな態度を取ってしまう人も少なくないでしょう。

他人に合わせることができない

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人は他人に合わせるということができません。プライドが高く相手を自分と同じに扱う事を嫌ったりする傾向にあるため、他人を支配しようと考える事があります。他人に合わせるのではなく、自分に合わせるように相手を動かそうとしてしまうでしょう。

当たり前のように押し付ける

偉そうな人は当たり前のように役割や仕事を他人に押し付けたりすることがあります。自分より下だと感じた人には偉そうな態度を取りがちになるため、当たり前のように仕事や用事を言いつけたりすることもあるでしょう。

人のミスを強く責める

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人は他人のミスに対して強く責めるような態度をすることがあります。ミスを注意しなければいけない立場ではないのにも関わらず、責める言葉や態度で相手を威圧するのが偉そうな人です。責めるだけ責めてフォローをしないような態度でいることは、ただ見下したいだけの態度ですので気をつけましょう。

自分のミスを認めない

偉そうな人はプライドが高く、自分のミスを認めることができません。責任逃れをするような言動をしたり相手のミスであるかのような態度や言動をする傾向があります。自分が悪い訳ではないという空気を作るようなことはやめた方がよいでしょう。

偉そうな人との付き合い方

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人が周囲にいて、どうしても付き合っていかなければいけない場合、付き合い方も考える必要があります。偉そうな人と上手に付き合うためには、まず適度な距離を持つことが大切です。偉そうな人とぶつかっても良いことは何もないため、相手を刺激しないような接し方や距離を保つ必要があるのではないでしょうか。

偉そうな態度をしないようにするには

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

自分が偉そうな態度を取らないようにすることも大切です。笑顔を心掛け、相手に嫌な思いをさせないような柔らかい話し方をするようにしましょう。他にも人の悪い部分ばかりを指摘するのではなく、良い部分も認められるようになることが大切です。

偉そうな人に自分がならないように気をつけよう

偉そうな人の5つの心理|偉そうな人の5つの特徴

偉そうな人の心理や特徴などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。自分が偉そうな人になってしまわないように、今回の記事を参考にして態度や言動を改めて見つめなおしてみてください。偉そうな人が周囲にいる場合には、そのような人とうまく付き合っていくための対策を立てるうえでも参考にしてみると良いでしょう。

Latests