Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

19卒の就活状況とは|解禁日・始める時期・就活イベント・対策

就活についての知識に自信がありますか?特に、19卒の方は就活に自信を持っていなければ、就職に不利になります。では、就活で一歩リードするには何をすればよいのでしょうか。まずは、早いうちに就活についての知識を身に着けるのが、成功への近道です。他の就活生と差をつけるために、就活の知識を培っておきましょう。

19卒ってなに?

19卒とは、2019年に卒業を迎える大学生のことを指しています。現在の大学2年生に当たる19卒の皆さんは、もう就活を始める時期を目前としています。中にはもうすでに自己分析をしたり、企業研究をしたりと就活に臨んでいる大学生の方もいるかと思います。この記事では、そんな19卒の方々に向けて、就活についてのあれこれをお教えいたします。

19卒の就活解禁日が変わる?

17卒、18卒の就活解禁日は同じでした。しかし、19卒の就活時期は変更される可能性があります。19卒の皆さんは、変わる可能性のある解禁日に対応できるよう、対策しましょう。

19卒の会社説明会はいつ?

17卒、18卒の会社説明会が解禁される時期は3月でした。19卒の会社説明会解禁日もそのくらいになると考えられていますが、少し前倒しになる可能性があるのです。

ここ2年間のスケジュールで行くと、会社説明会解禁の3月から選考解禁の6月まで3か月しか間がなく、企業と学生の間に勘違いが生じる恐れがあります。

したがって、19卒の会社説明会の解禁を2月中に前倒しする、という案も出ているのです。
ですから、19卒の皆さんは、もし前倒しになった時にも慌てることなく就活ができるよう、早い段階で準備をしておきましょう。

19卒の選考は6月に解禁

19卒の採用面接、選考は過去二年間と同じ6月に解禁になります。19卒の皆さんは、6月の解禁に向けて様々なことをしなければなりません。

会社説明会はもちろん、エントリーシートの書き方や自己PRの仕方など、学ばなければいけないことはたくさんあります。解禁直前になって慌てることのないよう、はやめはやめに準備することを心がけましょう。

19卒の就活時期はいつ?

就活を始める時期は、いくら早くても早すぎるということはありません。就活を始める時期は人それぞれですが、早い人は大学3年生から始めているのが当たり前になっています。最低でも3年生の夏休みには就活を始めるようにしましょう。

夏休みにインターンシップを行う企業は数多くあります。インターンシップに参加することには大きな意味があるので、19卒の方々はぜひとも参加するようにしましょう。

また、自己分析や面接の対策、OB・OG訪問など、選考期間より前にできることはたくさんあります。決して怠ることなく、就活に対して向き合ってください。

具体的なスケジュールは、三年生の7月頃から就活をスタートさせ、インターンシップや学校説明会に参加します。翌年の3月(2月)から説明会やエントリーがスタート、6月から選考が解禁、となります。スケジュールを頭に入れ、自分がどのように動くか考えながら就活を進めましょう。

3月(2月)に説明会が解禁します。3月末には、エントリーシートの締め切りを設ける企業がこの時期に出てきます。4月上旬に、ほとんどの企業がエントリーシートの締め切りになります。ベンチャー企業などの、始動が早い企業はこの時期に面接を始めます。4月下旬は最終的な締め切りになりますが、この時期だと比較的遅い締め切りと言えます。5月に面接や選考を行う企業が多いです。この頃には内定も出始めます。6月は、経団連の定めた面接の解禁です。

選考と本選考

19卒の皆さんが知っておくべきことの一つとして、本選考だけが選考ではないということがあります。先行して面接を行う企業や、インターンシップが選考に直結する企業もあるのです。

19卒の先行解禁日は6月からですが、それ以前から選考は始まっているのです。なぜこのようなことが起こるのかというと、解禁日を決めているのは経団連という組織で、そこに属さない企業もあり、そのような企業は解禁日のルールを無視して募集ができるからです。

また、インターンシップは表向きは選考ではないですが、かなりの企業が選考と同じように就活性を見ています。19卒の皆さんの中には、ベンチャー企業に就職したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、たいていが早いうちから就活を始めることになると思います。

また、インターンシップに参加をを考えている19卒の方は、決して手を抜かず、インターンシップに取り組むようにしましょう。19卒のみなさんにとって、経団連に属さないベンチャーなどの企業や、インターンシップが直接採用にかかわってくる企業は難敵になるかもしれません。

しかし、逆に言ってしまえば、19卒の皆さんにチャンスになるともいえるのです。早い段階で内定が決まれば、19卒の就活生の皆さんに余裕が生まれます。その余裕で他の企業を受けたり、就職してからの自分のために知識を磨いたりできるからです。

ピンチはチャンス、とよく言います。まさしくその通りですので、19卒の就活生の皆さんは早いうちからの就活にも努力できるようにしましょう。

就活イベントについて

19卒の就活状況とは|解禁日・始める時期・就活イベント・対策

夏ごろから各社のインターンシップが始まります。募集期間をよく見て参加するようにしましょう。

また、インターンシップにはいくつかの種類があります。ワンデイインターン、中期インターン、長期インターンの三つです。それぞれ自分がインターンに求めることに合わせて参加するとよいでしょう。

インターン以外にも、グループディスカッションを行う場合もあります。グループディスカッションとは、ある一つのテーマについて、ほかの参加者と一緒に討論し、制限時間のうちに結論を出すというものです。5人以上から10人未満くらいのグループで討論(ディスカッション)をするためこう呼ばれます。

ただ適当に参加すればよいというものではなく、このグループディスカッションにも押さえておきたいポイントがあります。このグループディスカッションで他の就活生に差をつけたいものです。

ワンデイインターン

ワンデイインターンは、読んで字のごとく1日だけのインターンシップです。これは企業分析、及び自己分析をするのに適しています。このインターンシップでやることは自己分析や事業立案などです。そのため、自分以外の就活生の自己分析や事業立案から、自分一人でやるよりも深く企業や自己についての分析ができます。

中期インターン

中期インターンは2週間から1か月かけて行うインターンシップです。このインターンシップでは企業と自分のマッチング、本選考での有利が考えられます。

ワンデイインターンよりも長い期間かけて企業で働かせてもらえることになるので、社風や雰囲気が自分に合っているかわかります。また、本選考で有利になるよう、どんなアピールをするか考えるヒントになります。自分の志望度の高い企業がインターンシップを行っているようであれば、積極的に参加しましょう。

長期インターン

長期インターンは、ほぼ内定に直結すると思っていただいて構いません。インターンの募集、選考の時点でどんな就活生を求めているかしっかり的を絞った選考が行われており、企業も学生もきちんとした心構えで参加することが求められています。

自分の志望する企業がこのようなインターンシップを行っているのであれば、インターンの時点で気を抜かずに参加しましょう。インターンに参加し、どのような体験をしたのか、それは自己PRの時にも大きな武器となります。実際に企業で働いた経験は、即戦力であることにつながるからです。

インターンで作った実績があれば、ほかの就活生よりも一歩進んだ人材になれるのです。

グループディスカッションの対策

19卒の就活状況とは|解禁日・始める時期・就活イベント・対策

グループディスカッションは多くの企業で採用されています。このグループディスカッションに対して苦手意識を持っている19卒の方もいらっしゃると思います。

しかし、ある程度のポイントを押さえておけばグループディスカッションは苦手に思うほどのものではなく、むしろ楽しいものになるのです。

グループディスカッションで求められているもの

これからグループディスカッションに参加しなければならない19卒の方は、以下の5つのポイントを押さえておくべきでしょう。

1.論理性…論理的にわかりやすく自分の意見を述べることです。
2.積極性…積極的に、他の人より先に意見を出すことです。
3.協調性…ほかの参加者の意見をしっかり聞くことです。
4.リーダーシップ…グループディスカッションで出た意見をまとめ、結論を導き出すことです。
5.マナー…態度や反対意見を言うときの配慮などを指します。

以上5つのことに気を付けてグループディスカッションに参加しましょう。

19卒の就活は氷河期?売り手?

19卒の就活は売り手市場になると考えられています。類まれな売り手就活市場だった17卒、それを引き継いで就活生に有利となりそうな18卒、と売り手市場が続くとみられているためです。

売り手市場でも油断しないように!

19卒の皆さんに忘れないでいただきたいのは、売り手市場ではあっても、だれでも内定がもらえるというわけではないということです。きちんと就活を頑張った就活生だけが内定をもらえるのです。企業はいつでも優秀な人材を欲しています。そんな企業のお眼鏡にかなうよう、早いうちから就職というものに本気で向き合ってください。

就活の期間中は、自分の将来について本気で考える期間です。これからどんな会社で働いて、どんな人生を送っていくのか、何をして社会に貢献するのか、よく考えてみましょう。

就活用ノートを活用しよう

19卒の就活状況とは|解禁日・始める時期・就活イベント・対策

19卒の皆さんには、就活ノートを作っていただきたいです。現代の若年層の傾向として、日頃からメモを取る癖が無くなってきています。ほんの一部ではメモを取らないというルールを定めている企業もありますが、ほとんどの企業ではこれからも手書きでメモを取ることが重要であり続けます。

どうやって作るの?

説明会やグループディスカッション、面接で受けた質問など、就活で耳にしたすべての内容をノートに書き留めます。メモは、記憶が正しいうちに残すようにしましょう。

メモをつけることで話をしっかりと聞くように意識ができるので、話を聞ける人材になることができます。また、自分が何を聞き取れていないかを把握できるので、さらなるスキルアップにつなげやすいのです。

就活に向けて準備しよう!

19卒の就活状況とは|解禁日・始める時期・就活イベント・対策

19卒の解禁日は3月、あるいは2月ですが、就活はもうすでに始まっています。解禁日よりも前でも、できることはたくさんあるのです。19卒の皆さんが挑む現在の就活は、短期決戦だとしばしば言われます。自己分析や業界研究などは、今のうちから始めておくことをお勧めします。

就活の準備は早ければ早いほど有利になります。さらに、就活において無意味なことはありません。何事もまずは始めてみることが重要なのです。着手すれば案外やっていけるということもたくさんあります。やる気を出して、就活を始めましょう。

自分の強み、 求められる職種がわかる

就活は情報戦です。
そこで、あなたは
就活情報をネット中心で集めている
エントリーしたのは有名企業ばかり
行きたい企業しか見ていない
という就活をしていませんか?
そこで、内定をぐっと近づけるために今回就活のプロに相談できるキャリアチケットをご紹介します。

キャリアチケットの実績
・内定率80.4%※
・就活相談実績60,000人以上
・独自の有料企業200社以上
※ サービスからの主要企業内定率(2017/04~2017/09)

キャリアチケットでできること
・人事目線のアドバイス
・適正のあった企業にあなたを推薦
・マンツーマンでの手厚い選考対策

キャリアチケットを使って、他の人と情報で差をつけませんか。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests