Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

地元就職を考えたことのある方は多いと思います。実際に地元就職するとはどのような事でしょうか。後悔する人もいれば、地元就職で良かったと考える人もいます。地元就職した時に抱える様々な問題を考慮して記事にしてみましので、地元就職の参考になればと思います。

地元就職のメリット・デメリット

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

地元就職とは、就職活動をしている人から考えた場合、理想的な就職に見えます。ですが、地元にどのような会社があるかや様々な状況を考えると決して良い選択と言えない場合もあります。メリットとしては、地元就職の場合友達や両親、親戚などがいる事です。

これは、人生全般を考えた時に非常にメリットがあります。遠方の就職であれば、会う事さえ難しい状況になります。もし何かあった時に親戚や友達の力をかりる事が出来る地元就職はとても魅力的です。

また、デメリットとしては地元で何か問題を抱えている状況があった場合、その問題を抱えながら仕事をすることになる事です。すぐに職場を変えることが困難なので、抱えている問題もなかなか解決できません。

地元就職を希望する人

地元就職を希望する人とはどのような人でしょうか。一つとしては、ある理由があって地元にこだわっている人もいます。それは、両親がそばにいた方が安心すると言った理由です。これは、両親が病気がちで常にそばにいた方が良い状況などです。

他には、もともと地元が気に入っていて離れる理由がない方です。自分の生活が十分に満足なものであって地元が好きな人は多いです。そういった意味では、多くの方が地元での就職を希望しているのかもしれません。ですが、地元に就職先が少なくて都会で就職する人が多いのも現状です。

地元就職でない人との違い

地元就職でない人との違いは、遠方で就職する理由がしっかりとしている点です。言い換えれば、理想的には地元で就職することが良いことだとすれば遠方で就職する人は何ならかの理由があります。それを地元就職と比較することは難しいです。

ものすごく魅力的な企業に内定をもらって遠方に就職する人と、地元の普通の企業に就職する人とを比較することは出来ないです。大切なことは、就職する本人がどのような考え方で就職するかであって、他の人から見てどう感じるかは関係ありません。さらに、もともと遠方での就職を希望する人もいます。

地元で就職する際の志望理由例

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

地元で就職する時の志望動機は、基本的には他の場所での就職と変わりませんが、追加して記載することがあります。それは、なぜ地元での就職を志望しているかも志望動機に入れる事です。そうするとより良い志望動機になります。

具体的な記載の仕方としては、「学生の頃から勉強してきた機械に関する知識と技術を更に勉強して、安心して働ける地元で機械に携わる仕事をしたいと思い御社を志望しました」などがあります。これは、一般的な言い方になりますが、ポイントとしては、なぜ地元就職なのかも含んでいる志望動機であることです。この文章を採用担当者が見れば、一度会ってみたいと思います。

注意すべき地元就職の志望理由

地元就職の志望動機は、採用担当者が理解してくれるようなものである必要があります。それは、難しい内容の志望動機を記載すれば良いのではなくて、人それぞれある事情を上手に説明できるかどうかです。両親の面倒を見ながら仕事をしたいと考えていれば、地元就職の志望動機の一つにもなります。

また、たまたま地元に良い企業があったので地元就職をする人もいるでしょう。採用担当者があなたの志望動機を見て、面接をしたいと思わせる内容とは、簡潔でしっかりとした理由があることです。それがどのような理由であるかも大切ですが、分かりやすい理由にしましょう。

地元就職らしい志望理由とは

地元で就職する際の志望動機として、いったん地元から離れたがやはり地元で仲間などがいる環境で腰を据えて仕事をしたいと言えば説得力のある志望動機です。仕事とは一生を左右するものであり、さらに地元で仲間たちと一緒に仕事を出来ることは非常にプラスに働きます。仕事は時には、とてもつらいものです。助けてくれる人が必要なこともあります。

地元で働いていれば、色々な情報が収集できます。その情報をもとに自分なりに問題を解決していき定年まで働くことが出来ることが地元就職の良い点ですので、そのあたりを志望動機で記載することは好印象です。

地元で就職したら後悔する?

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

地元就職で後悔する可能性は確かにある事はあります。ですが、基本的に自分で最終的に地元で就職すると判断したのであれば後悔はないです。最近では、地元で就職すると言うのも当たり前になっており普通のことです。

もし後悔することがあるとすれば、やはり待遇に関して自分の予想よりもはるかに悪かった時や、仕事の環境が悪すぎるケースかもしれません。確かに、都内の方が仕事の環境なども含め待遇の良い会社は沢山あります。

地方にいけば、その数は減少するでしょう。このような待遇や環境に関しては実際に入社して何カ月か経過してから分かる事が多いです。これは、予想することが非常に難しいです。自分なりの判断基準でその会社を判断して入社するしかないです。

地元就職した後の生活

地元就職した後は、その会社にどれくらいまで馴染めるかが重要です。会社とはとても長期間お世話になるところなので、自分から積極的に慣れるようにすることで仲間も出来ますし仕事を順調にすすみます。

それが出来ない人は環境になれることができずに一人で悩みを抱えて仕事をすることになるでしょう。たとえ地元で就職して学生の頃の仲間がいたとしても実際の職場で上手に人間関係を築くことができなければ色々な問題に発展します。

一日のうちで会社にいる時間は非常に多く、その時間をストレスや問題を抱えながら過ごすことになります。そうなる前に、消極的な性格の人も含めて社内での人間関係を構築するようにすることです。

地元就職で後悔する例

地元就職で後悔する例としては、仕事の内容が自分に合っていなに場合におきます。実際に入社して言われていた内容とは違う仕事だけをやらされるような状況になった場合は、徐々に限界がきます。それでも無理をして仕事を継続できる人もいますが、多くの方は悩む事になります。

ある意味では、地元就職の方が自分に合った仕事を見つけるのは難しいと言えます。無理に探しても待遇が極端に悪かったりします。それを乗り越えようとする人もいますが、大きな問題になるのが事実です。

地元就職とは何を意味するか

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

地元が都会ではない場合は、色々な意味で情報が沢山あるエリアから遠ざかったところで仕事をすることになります。例えば、東京で仕事をしていれば、営業で都内をまわっている時にでも様々な情報が入ってきます。

地方と比較した場合、自然にかこまれた環境は良いですが、それ以外の情報はあまり入ってきません。この事実があなたにとって問題がないか考えることです。特に女性などは、都内で働くことで、帰りにショッピングをしたりと楽しみもあります。ですが、地元就職をした場合は、ストレスの発散方法であるショッピングが出来る環境にないかもしれません。このような問題をかかえる可能性のあるのが地元就職です。

長い人生で考えた場合の地元就職

長い人生を考えた時は、地元就職が良いでしょう。しかし、それには条件があります。入社した会社に問題がない場合です。人間とはただ働ければどこの会社でも良いというものではありません。自分のキャリアや勉強してきた事を含めてどのような会社が自分に合っているか判断していきます。

地元就職では、会社に限りがあるので良い会社にめぐり会う可能性は、都内よりかは低いです。ただし、もし自分に合った会社を見つけられたのであれば、それは一番良い就職であるとも言えます。

家族から見た地元就職

家族から地元就職を考えてみると、それはとてもうれしいことです。それと同時に地元就職した自分自身もうれしいです。できれば、地元就職を実現して仲間のいる場所で長く働きたいものです。これを機会に地元就職を考える良い機会になればと思います。最近では、色々な就職の考え方があるので地元就職も良いものです。

本当に自分にとって良い地元就職とは

地元就職のメリットとデメリット・志望理由例・後悔する?

本当に自分にとって良い地元就職とは、無理をしないで長く勤めることの出来る会社と出会う事です。それは、特に難しい事をして地元就職するのではなくて、自分を分析して自分に合った会社を中心に応募することです。

自分に合った会社に入社できれば、今までの会社と比較して地元就職して良かったと感じるでしょう。冷静になって自己分析して地元就職すれば、ここが一番だと思える会社に入社出来ます。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests