Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

就活の面接が早く終る理由・合格?落ちる?・早く終るケース

緊張感のある面接ですが、時には拍子抜けするぐらいに早く終わることがあります。早く終わると不合格な気がするという人も多いですが、そうとは限らず合格である場合もあります。面接時間と合否はどのような関係にあるのか、今回は面接が早く終わることの理由などをご紹介します。

就活の面接が早く終わる理由

就活の面接が早く終る理由・合格?落ちる?・早く終るケース

就活の選考で最も緊張を強いられるのが面接です。面接は事前の準備が大切でどんな質問がくるのか、それに対する答えなどをある程度想定して臨む必要があります。しかしいざ面接が始まってみれば思っていたよりも早く終わるということもあります。

緊張しているため早く終わるように感じたのか、それとも本当に早く終わったのか。ほとんどの場合は後者です。面接では予定時間が決まっていることが多く、実際に早く終わるということもあります。それではなぜ面接が早く終わるのか、それには理由があります。

面接の設定時間

多くの場合で面接をする時間が設定されています。それは個人の面接にかける時間もそうですが、その日一日の面接時間なども企業は考えています。思いのほか話が弾んでしまったり、学生が遅刻や何らかのトラブルがあった時に備えて予備の時間も設定されています。

面接時間が30分と設定されているのであれば、予備の時間を含めて30分であり、多くの場合で25分や20分程度で終わります。時間いっぱいまで使うこともありますが、その方が稀であると言えます。面接の時間は基本的には通知されている時間よりも早く終わります。通知されている時間と誤差が10分程度であればそれほど面接の時間については気にする必要はないと言えます。

最終的な評価が決定した

面接の目的はその人の本質や本音を探り、採用する価値はあるかを判断することです。評価が確定すればそれ以上面接を続ける必要はありませんので、早く終わるということになります。

評価が確定次第終了するので、面接時間が1時間予定されていてもたった5分で面接が終了することもあります。早く終わるということはそれだけ圧倒的な出来事があったということで、それだけ大きなインパクトを面接官に与えたということでもあります。

瞬間的に力を発揮する必要のある職種

ある一定の職種では瞬間的に周囲を惹きこむ力を発揮する必要があるためあえて面接が早く終わるようにしているという場合もあります。アナウンサーやテーマパークの職員などにこの傾向は強く、一瞬にして相手を虜にすることが出来るかということを求めているためそもそもの面接の設定時間が他の職種よりも短い場合があります。

この場合はもともとそういう試験なので早く終ったからといって何も心配をする必要はありません。勝負は一瞬ですので、しっかりと事前に準備をしてから取り組む必要があります。

早く終わると合格?落ちる?

就活の面接が早く終る理由・合格?落ちる?・早く終るケース

面接が早く終わると面接を受けている人は手ごたえを感じることが出来ず、落ちたと思う人も多いです。しかし面接が早く終わったにも関わらず合格の通知が来たり、かと思えば想像した通り不合格だったりと同じ早く終わる場合でも結果が違い、戸惑う人も多いです。

面接が早く終わるからといって必ずしも不合格というわけではありません。早く終わる場合にはどちらの傾向が強いのでしょうか。

どちらとも言えない

結論から言えば面接が早く終わる場合、合格か不合格かと聞かれればどちらとも言えないというのが答えになってしまいます。前述したように面接が早く終わるのはその時点でその人の評価が確定してしまったからです。良い場合もあれば悪い場合もあります。

面接が早く終わるからと言って不合格とは限らず、合格の場合もあります。終わってしまったものは仕方がないので、気にせずに次の準備を始める。あるいは大人しく結果を待つより他ありません。

あまりにも優秀だった

面接が早く終わる場合、合格であればその人があまりにも優秀だったということが考えられます。面接が始まってすぐにその人の凄さを感じ、これ以上面接を進めずとも充分に合格ラインに達していると感じた場合は面接は早く終わる傾向にあります。

面接では始まって5分もすればその人への評価は確定していると言われています。それでも面接時間を長く取るのはその判断が間違っていないか答え合わせをするためです。最初の評価が大きく変わることはないものの、面接を通して多少の評価の変動はあります。あまりにも優秀であれば、面接を続けたとえ少しずつ評価が下がっていったとしてもそれを上回って優秀ということであり、かなり能力が認められた状態であると言えます。

あまりにも出来が悪かった

面接が早く終わり、結果が不合格であれば面接の初期段階でかなり大きなミスをしていることが多いです。最初のミスがあまりにも大きすぎたため面接をしてもそれを挽回することが出来ないだろうと判断されればすぐに面接は早く終わる傾向にあります。

面接が早く終わり、結果が不合格、そしてそのことに心当たりがあればそれを改善していけばいいですが、もし心当たりが何もない場合は非常にまずい状態です。その日の面接を最初から思い出して反省しなければなりません。

下手をすると入室の段階などから失敗をしている場合がありますので、基本的なことから振り返る必要があります。不合格で面接が早く終わるのはよっぽどのミスですので、直ちに改善する必要があります。

ボーダーだと長い

前述したように面接での評価は最初の5分程度でほとんど決まっています。にも関わらず予定時間いっぱいまで面接を続けるということは合格にするか不合格にするか面接官がかなり迷っているということになります。

結果がどうあれ圧倒的に評価が決まっていれば早く終わることが多いですが、面接時間が長いのはまだ評価を動かす余地があるということです。現在良い評価の場合でも続ければ悪い評価になる場合もありますし、逆もまた然りです。

早く終わる方がインパクトがあり、結果が気になりますが、長く続くときの方が実は瀬戸際でもあります。どちらの結果でも充分にひっくり返る可能性があるので、最後まで集中を保つようにしましょう。

バイト・転職の面接が早く終わるケース

就活の面接が早く終る理由・合格?落ちる?・早く終るケース

面接があるのは就活だけではなく、バイトや転職の場合も同じです。これらの面接でも同じように早く終わるということがあります。バイトや転職の場合は面接が早く終わることは何を意味しているのでしょうか。

基本的には同じ

バイトにしても転職にしても面接が早く終わる理由は基本的には通常の就活の場合と変わりません。最終的な評価が決定し、これ以上面接を続ける意味がなければ早くに面接が終わることはあります。

結果に関しても同じで評価次第で合格の場合も不合格の場合もあります。よっぽどの失敗をしていない限りはそれほど心配をする必要はないと言えます。

人手不足の場合は採用

バイトにしても転職にしても求人情報に人員大量募集や急募などの記載があれば面接がすぐに終わる場合のほとんどが採用であることが多いです。とにかく人手が足りずに困っているときには一定の水準さえ満たしていればすぐにでも働いてほしいと考えるのが採用者の本音で、その水準がかなり低くなっていることがあります。

面接でありながらほとんど業務についての話だったり実際働くことを前提とした質問ばかりの場合は即採用であることが多いです。面接もそこそこに次の日からでも働いてほしいと言われることもあるので、人員を大きく募集している企業の面接に向かうのであればそこの内定を受けるかどうか、事前に決めておく必要があります。

面接の評価は瞬間的に決まる!

就活の面接が早く終る理由・合格?落ちる?・早く終るケース

30分や1時間と長い時間が設定されることもある面接ですが、基本的には最初の5分程度で合格か不合格かは決まっていると言われています。どれだけ長く話し込んで感触を得たとしても不合格である場合はありますし、すぐに面接が終わり手ごたえを感じれなかったにも関わらず合格ということもあります。

面接が早く終わるからといって結果が必ずしも悪いとは限りません。良い結果がある場合ももちろんあります。面接は最初の数分が勝負なのでそこで好印象を残せるように努力すれば面接時間がどうであれ、結果を心配する必要はありません。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests