Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月07日

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活はどのように進めればいいかご存じでしょうか?既卒の場合は新卒と就活の方法が違っていることも多く、就活を成功させるのが難しいのではないかと考えている人も多いです。既卒でも就活のやり方次第で成功させることはできますので、その方法を知っておきましょう。

既卒の就活の方法・やり方は?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

就活では学校の卒業時期に合わせて行う新卒の就活の他に、学校などをすでに卒業した後に始める既卒の就活があります。既卒の場合は新卒の就活とは全く別物として考えられていることが多く、就活の進め方ややり方などがわからずに悩んでいる人は多いです。

新卒と既卒では特徴が違いますし、面接などの進め方が違う場合もあります。そのため既卒ならではの視点で準備を進めなければならない場合もあります。新卒に比べると既卒の就活は難しいと考えられている場合が多く、実際に難易度が高くなってしまっている場合もあります。

しかしそれも就活のやり方次第で解決することはできますし、方法をしっかりと学ぶことが大切です。既卒の就活の進め方としては、どんなものが考えられるでしょうか。

新卒と同じ

既卒の就活は新卒とは全く違うものとして考えられていることが多いですが、実際にはそうではありません。既卒であっても新卒であっても就活の根本的な部分は同じであり、基本的には新卒と同じと考えても問題はありません。

新卒と既卒の大きな違いは学校を卒業しているかどうかであり、それ以外の点ではほとんと同じです。企業としても同じと考えられている場合も多いですし、特別視せずに就活の準備を進めていくことが大切です。

既卒の就活は確かに難しい場合もありますが、新卒よりも難しいとイメージしているあまりに、余計に難易度が高いように感じてしまっている場合もあります。既卒の就活は特別なものではありませんので、新卒と同じ気持ちで取り組んでいきましょう。

自己分析

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活を進めるためには、まずは自己分析を徹底して行わなければなりません。自己分析は就活を進める上で最も重要なものであり、それは既卒であっても新卒であっても、また転職であっても同じです。

就活での立場の違いはあれ、自己分析は共通して重要なことですので、しっかりと行っておかなければなりません。自己分析をして自身の長所や短所について知るのはもちろん、どのような方向性で就活を進めていくのかを決めることも大切です。

自身の本当の望みを知り、それを実現できる企業に就職することが大切ですので、しっかりと自己分析を行う必要があります。既卒の就活を成功させるためには、就活の軸の設定は欠かすことができませんので、しっかりと自己分析を行って軸を決めていきましょう。

企業研究

既卒の就活では企業研究も重要であり、企業についての知識を深めておかなければ就活を成功させることはできません。企業についてはホームページを参考にするなどで知ることができますが、最もいいのは説明会など企業が開催しているイベントに実際に参加してみることです。

生の情報に敵うものはありませんし、ネットでは知ることができない情報を知ることができる場合も多いです。また企業によっては説明会に参加することを選考の条件としている場合もあり、説明会などに参加しておかなければ選考自体を受けることができない場合もあります。

企業研究は就活を進めていく上では重要なものですし、自身に合った企業を見つけるためにも大切ですので、徹底して行うようにしましょう。

業界研究

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活では業界研究も重要であり、業界についての知識がなければ企業研究も上手に進められないことも多いです。業界研究と企業研究はリンクしていますし、それぞれを一緒に進めることが大切です。

業界研究だけでは既卒の就活は攻略することはできませんが、業界研究を行っていなければ企業研究をより徹底して行うことはできません。業界研究は就活そのものにも役立ちますが、それだけではなく企業研究の理解を深めるためにも役立ちます。

業界について知っておくことで面接などの対策につながる場合もありますし、しっかりと業界研究を進めておきましょう。業界についてのニュースを探し、それらに目をとおしておくことで業界研究は進めていくことができます。

既卒の就活は厳しいのか?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活を進める上で最も問題になるのが、既卒の就活は新卒の就活と比べて厳しくなるのかということです。新卒よりも厳しくなるのであれば、ある程度妥協して新卒のうちに就職を決めた方がいいですし、簡単に投げ出さずに一つの企業で長く続ける選択をした方がよくなります。

しかし既卒であっても新卒の就活とそれほど変わらないのであれば、新卒の就活で妥協せずに既卒になっても本当に合った企業を探したいと考える人は多いですし、転職や退職についても前向きに考えることができます。

既卒の就活は一般的には新卒よりも厳しくなると言われていますが、それはあくまでもイメージだけのことです。実際には既卒の就活は新卒と比較しても厳しいものになるのでしょうか。

大手

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活が厳しくなるかどうかを考える際には、どの企業を受けるかによっても違ってきます。大手を受ける場合では既卒では就活が厳しくなってしまうことが多いので、注意しなければなりません。

これは既卒というステータスが不利に働くわけではなく、そもそも大手の選考自体の難易度が高いことにも由来します。大手企業は新卒であっても就職するのは難しいですし、なかなか簡単に採用を勝ち取ることはできません。

また既卒の場合は新卒でほとんどの採用枠が埋まっており、そもそも求人が出ていない場合もあれば、求人が出ていてもごくわずかである可能性もあります。既卒の就活どうこうというよりは、そもそも大手の選考自体が難しいものですので、大手だけに絞らずに就活を進めていきましょう。

既卒1年目

既卒1年目の場合は就活はほとんど厳しくなることはありません。基本的には新卒と一緒として考えられますし、既卒だからと評価が変わることもありません。新卒でも就活が成功しなかったために、浪人して翌年に就活をやり直す就職浪人などもありますし、既卒であっても1年目の場合は特に奇異な目で見られることはありません。

もちろん既卒になった理由などについては聞かれることも多いですが、それについても正直な理由を伝えれば問題はありませんし、既卒であることで選考が不利になることはありません。既卒だからと自身で特別視してしまうと余計な力が入ってしまい、就活に失敗してしまうことも多いです。既卒でも1年目は関係ありませんので、新卒と同じ気持ちで就活を進めていきましょう。

既卒2年目

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒で2年目の場合も、基本的には新卒として同じと考えられることが多く、就活が特別厳しくなることはありません。企業によっては既卒扱いとされて別枠で考えられる場合もありますが、募集の形式が違っているだけで、選考自体の難易度が上がるものではありません。

もちろん2年目ともなれば、既卒で就活を続けている理由についてはかなり深堀りされることもありますので、上手に答えられるように回答を準備しておかなければなりません。この質問に対して答えることができなければ、マイナスの印象を与えてしまうことも多いですし、それによって就活が厳しくなってしまう場合もあります。

既卒の理由について答えられれば、基本的には厳しいことはありませんので、理由については上手に回答できるように準備をしておきましょう。

既卒の就活におすすめのサイトは?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活におすすめのサイトとしては、Re就活が挙げられます。Re就活は既卒や第二新卒の就活に特化したサイトであり、若年層の転職支援などに重きを置いたサイトです。未経験であってもさまざまな業界、企業に挑戦することができますし、就活のサポートなども充実しているため、既卒であってもスムーズに就活を進めることができます。

既卒歓迎の求人なども数多く取り扱っていますし、上手に利用すればよい条件の企業に就職することも可能です。既卒の就活はどのサイトを使用するかによってスムーズに進められるかどうかが違っていますので、使用するサイトもしっかりと選ばなければなりません。Re就活は既卒にはおすすめですし、登録も無料ですので、まずは登録から始めてみましょう。

既卒の就活を始める時期は?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活は始める時期にも注意が必要です。就活開始時期によって得られる成果が違ってくる場合もありますし求人情報の数などが違ってくる場合もあります。タイミングを逃してしまうと、なかなか就職先を決められないこともありますので注意しなければなりません。

もちろん時期にこだわらずに年間をとおして就活を進めるのも大切ですし、時期にこだわらずに進めることで良い企業が発見できる場合もあります。しかし就活は大変なものであり、体力のいることですし、年中就活を続けるのは大変であることも多いです。

就活を上手に進めるためには、短期集中で行うのおがおすすめです。既卒の就活を始めるべき時期を知っておき、上手に就活をスタートさせましょう。

新卒と同時期

既卒の就活を始める時期としては、新卒と同時期が挙げられます。新卒の就活の時期に合わせてであれば、企業はたくさんの求人を発表していますし、最も選択肢を広く考えることができる時期です。

周囲でも一斉に就活が行われていますので、既卒であってもまぎれこみやすいですし、浮いているなどの不安を感じることも少なくなります。もちろん新卒と同時期に就活をしているからといって、すべての求人情報に応募できるわけではありません。

企業によってはその年度の新卒者に限定して求人を出している場合もありますし、その場合は新卒と同じ枠では選考を受けることはできません。企業の求人をしっかりと確認し、既卒であっても応募できるかどうかをチェックしておきましょう。

中途採用を狙う

既卒の就活を始める時期としては、新卒の時期をずらして中途採用の時期を狙うという方法もあります。中途採用であれば春以外にも選考が行われていますし、ライバルが少ない分、選考を有利に進められることも多いです。

もちろんライバルが少ない分、採用枠が小さくなっていることも多く、結果的には就職の難易度が高くなっている場合もあります。しかしライバルが少ないことは就活を有利に進めるためには重要なことですので、人が少ない時期を狙って就活を行うのは戦略としてはおすすめです。

また企業としても採用を焦っている場合もありますし、合格しやすい場合もあります。企業によって状況は違いますが、運よく良い企業に巡り合える可能性も残っています。

既卒の就活におすすめのスーツは?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒で就活を進めるためには、スーツにも注意が必要です。既卒であっても就活をする以上はスーツを着なければなりませんし、身だしなみの印象次第では就活でも不利になってしまうことは多いです。

就活においては身だしなみは重要視されている項目ですし、面接での評価が高くても身だしなみ次第ではマイナスの印象を与えてしまい、不合格になってしまう可能性もあります。せっかく面接の対策を進めていても身だしなみで台なしにしてしまっては意味がありませんし、非常に勿体ないです。

就活ではただスーツを着ていればいいわけではありませんし、どんなスーツを着るのかを考えておかなければなりません。既卒の就活でおすすめのスーツとしてはどんなものが挙げられるでしょうか。

基本はリクルートスーツ

新卒の就活ではリクルートスーツで参加することが基本ですが、それは既卒の場合も同じです。既卒であっても基本はリクルートスーツであり、それ以外のスーツで参加してしまうと身だしなみの面でマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

既卒でも基本的には新卒と同じとして考えている企業は多いですし、身だしなみについても新卒と同じ、あるいはそれ以上の水準で求められている場合も多いです。リクルートスーツ以外でも派手なスーツでなければOKとされる場合も多いですが、選ぶのが難しいですし、業種によってはリクルートスーツしか認めていない場合もあります。

身だしなみでマイナスの評価となるのは勿体ないので、迷った場合は無難にリクルートスーツを着るようにしましょう。

既卒の就活の面談対策は?

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

就活は基本的には面談を行って進みますし、それは既卒であっても同じです。就活の対策としてしなければならないことはさまざまありますが、最も重要なのは面談の対策です。面談の対策をしっかりと行えるかどうかによって、選考を勝ち進んでいくことができるかが決まりますし、しっかりと対策をしておかなければなりません。

既卒の場合は特に面談の対策が必要になりますし、準備を怠ってしまうとすぐに不合格になってしまいます。すでに就活を進めていて、なかなか成果が得られないようであれば、面談の対策が不十分であると考えられます。既卒の就活攻略のためには面談の対策を欠かすことはできませんので、何をすればいいかを知って、しっかりと対策を進めていきましょう。

既卒で就活をしている理由を明確に

面談の対策として重要なのが、なぜ既卒として就活をしているのか、その理由を明確にしておくことです。既卒だからといって評価が変えられることはありませんが、既卒で就活をしている理由については、ほとんどの確率で聞かれます。

これに上手に答えることができなければ好印象を獲得することはできませんし、選考を攻略することもできません。基本的には正直に答えることが大切ですが、正直に答えればマイナスの印象を与えてしまうことがわかっている場合は、何か別の理由を用意しなければなりません。

既卒で就活をしている理由は絶対に考えておかなければなりませんので、上手に答えられるように準備を進めておきましょう。

アピールポイントを洗い出す

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活では自身のアピールをしっかりと行うことが大切ですので、アピールポイントについても洗い出しておく必要があります。どれだけ自身の魅力を伝えられるかによって評価は違ってきますし、選考の合否も変わってきます。

アピールポイントを洗い出した上で、企業に合わせてどのポイントをアピールするのかを考えていくことが大切です。アピールポイントがたくさんあっても、志望する企業に合わせたアピールができなければ意味はありません。

能力やスキルなどは企業で活かせることが大切ですので、自身のアピールポイントと企業が求める能力を比較して、適切なものを選んでアピールするようにしましょう。

経験や実績があれば伝える

新卒の場合は入社後のポテンシャルによって採用が決まることが多く、既卒もそれに該当する部分もあります。

しかし、既卒の場合はポテンシャルだけではなく、現時点での能力がチェックされていることもありますので、経験や実績があればそれを伝えていくことも大切です。経験や実績を具体的に提示することで、より印象的なアピールをすることができますし、それが好印象に繋がる場合も多いです。

もちろん経験や実績がなければ無理に伝えようとする必要はありません。その場合はポテンシャルを提示すれば問題ありませんので、自身の中にあるものを上手に使い分けてアピールを進めていきましょう。

既卒の就活もやり方次第で成功する

既卒の就活の方法・厳しいのか・始める時期とおすすめサイト

既卒の就活の方法や既卒の就活は厳しいのかなどを紹介しましたが、既卒であっても努力次第で就活を成功させることはできます。就活を成功させるためには、事前の準備が重要になりますので、しっかりと準備を行い、既卒の就活を成功させていきましょう。

Latests