Search

検索したいワードを入力してください

音楽再生ソフトのおすすめ10選

更新日:2020年07月08日

音楽をパソコンやスマホでもっと簡単に再生したい。そんな願いを叶えてくれるのが音楽再生ソフトです。特に音楽再生ソフトはさまざまな音楽ファイルに対応したソフトがおすすめです。この記事では、おすすめの音楽再生ソフト一覧や選び方などをご紹介しています。

おすすめの音楽再生ソフト10選

パソコンやスマホなどで音楽を再生するには、単独ではなく、専用のソフトが必要になります。音楽再生ソフトはたくさんの種類がありますので、実際にどの音楽再生ソフトを選んだら良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、無料で使えるフリーソフトを中心におすすめを紹介します。

「JRiver Media Center」

「JRiver Media Center」(ジェイリバー・メディアセンター)は、有料の音楽再生ソフトです。音質の良さには定評があり、通常パソコンでの音楽再生の裏側では、多くの処理がなされているため、ノイズなどが発生し原音の質を損なってしまうことがあります。

JRiver Media Centerでは、再生時にノイズの発生原因となる処理を行わせないようにすることで、データの損失を防ぎ、本来の音質をうまく引き出してくれますので、高音質な音楽再生ソフトを求めている方にもおすすめです。

有料の音楽再生ソフトですが、Amazonでも購入可能なので、初心者の方はAmazonでの購入をおすすめします。

いつもデフォルトのまま使用しています。
明らかに変わったのが画質。
今までのライブ動画の画質がくっきり明瞭になっているので驚きました。
音質は言われてみれば、より輪郭が明確になったような感じですかね。
もう少し検証してみます

出典: http://amzn.asia/bsFjKpj |

「Audirvana Plus」

「Audirvana」は、Mac専用の音楽再生ソフトで有料です。高音質のファイル形式であるハイレゾに対応しています。

ハイレゾは高音質であるがゆえに、ファイルサイズが大きくなるという欠点があります。Audirvanaはハイレゾの音質を保ったまま容量を圧縮できる「MQA方式」に対応し、次世代の音楽再生ソフトとしておすすめのソフトです。

これら2つは無料ではなく有料ソフトです。

「Bug head」

「Bug head」は、日本人が制作した無料の音楽再生ソフトです。パソコンのスペックを利用し音源の質を上げる性格を持っており、パソコンのスペックが高ければ高いほど音質の幅が広がります。

一方で、言語が英語で日本語化のパッチがないため初見での使用がしづらいことや、設定項目が多いため初心者向きではないです。

「Clementine」

「Clementine」は、音楽再生だけに留まらない機能を多く搭載する、総合音楽再生ソフトです。

すっきりとしたシンプルなデザインで、初心者にも扱いやすいです。総再生数などを自動的に分析し、プレイリストを作成してくれる機能や、DropboxやGoogleドライブなどのオンラインストレージ上に保存している音楽ファイルの直接再生にも対応しています。

再生機能だけでなく、世界中のインターネットラジオが聴けるなど、インターネットとの連携に力を入れている音楽再生ソフトです。

「GOM Audio」

「GOM Audio」は動画プレイヤーの「GOM Player」から派生した専用の音楽再生ソフトです。

無駄な機能をそぎ落としているため動作は軽快で、Podcastの再生やインターネットラジオにも対応しています。再生している楽曲の歌詞が同時に流れる「シンク歌詞」機能も搭載し、楽しく音楽を聴くことができます。

「Music Center for PC」

「Music Center for PC」は、WALKMANなどで知られるソニーが制作していた音楽再生アプリ「X-アプリ」「Media Go」の後継となるアプリです。

ソニーのパソコンであるVAIOやWALKMANでの音楽管理では必須のソフトでもあり、直感的に使用できるため、初めてCDから音楽を取り込む方にもおすすめの優秀な音楽再生ソフトといえるでしょう。

音質もハイレゾ相当の音質まで擬似的に引き上げるFLAC形式に対応しており、音質重視の方にも嬉しいスペックとなっています。

バックアップ機能も搭載しているので、新しいパソコンに音楽を移動させたい時も、バックアップしたファイルからワンタッチで設定なども含め復元可能ですので、うっかりデータを消してしまったということもなく、安心です。

「foobar2000」

「foobar2000」は人気の無料音楽再生ソフトです。2002年に初登場以来アップデートを繰り返しており、定番形式のMP3やAAC、高音質形式のFLACなどにも対応し形式が幅広いのがおすすめポイントの音楽再生ソフトです。

公式サイトから「Component」をダウンロードすることで、ソフトの外見を気軽に変更したり、対応形式の追加など設定面での追加も行えるなど、自らの好きなタイプのソフトにアップデートできる所がおすすめです。

英語形式なので使用する際は、日本語パッチをあてて日本語で使用できるようにすることをおすすめします。

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests