Search

検索したいワードを入力してください

オセロを強くなるコツ|初心者/中級者/上級者

更新日:2022年08月22日

子供でも遊べる簡単なゲーム「オセロ」は、誰でも遊んだことがあるからこそ、負けて悔しい思いをした人も多いのではないでしょうか。強い人はどうして強いのか、それは勝つためのコツを知っているからです。今回は初心者でもオセロで勝てるようになるためのコツを紹介します。

オセロが強くなるコツって?

子供にもわかりやすい単純明快なルールで認知度も高く、さまざまな場面で遊ばれるゲーム、それがオセロです。誰でも一度は遊んだことはあるのではないでしょうか。

オセロが2名で遊ぶゲームである以上、勝者と敗者が存在します。オセロで負けた時に悔しい思いをした、次は勝ちたい、そう感じた人もいるはずです。今回はそんな方のために、初心者にオセロを強くなるコツを紹介していきます。

オセロが強い人はなぜ強いのか、それは勝つための「コツ」を知っているからです。オセロには必勝法はありませんが、このコツを知っているかどうかで勝負の行方は変わってきます。局面ごとのコツを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事内の盤面表記について

なお、この記事内ではオセロの盤面の位置を下の図のように左から順にa、b、c、d、e~、上から順に1、2、3、4、5~として表していきます。たとえばd3ならば、盤面の左から4番目、上から3番目を指すという具合になります。

abcd
1
2
3
4

オセロの基本ルールって?

上達のコツを紹介する前に、最初にオセロの基本ルールについて確認していきましょう。

オセロとは、2人用のボードゲームです。8×8の盤面に黒と白の石を交互に打っていき、挟んだ石をひっくり返していって、最後に石が多く残っていた方が勝ちになります。このような単純なルールながら奥が深い戦略性をあわせ持っていることが、オセロというゲームの魅力の1つでしょう。

最初の石の置き方は?

cdef
3
4
5
6

上の図のように、盤面の中央になる4つのマスにd4とe5に白、e4とd5に黒となるように石を置きます。交互に置くようなイメージで右下が白と覚えておくコツです。

先手と後手どっちが有利なの?

オセロでは先手が黒、後手が白と決まっています。どちらがより有利であるかは断言できません。交互に相手の石をひっくり返していくというゲームの性質上、パスがなかった場合に最後に石を置ける白が有利だとも言えますし、定石選択の主導権を握りやすい黒が有利だとも言えます。

ゲームの流れは?

ご存知のとおり、オセロは黒と白が交互に石を打っていき、最後に石が多いほうが勝者となります。石を打てる場所については条件があり、「必ず相手の石を挟むように」置かなければなりません。相手の石を一つもひっくり返せない場所には打つことができません。

しかし、上の条件を守ろうとするとどこにも石を打てないという場面も出てきてしまいます。その場合は「パス」となり、自分は石を置かずに手番を終了し、相手が続けて打ちます。パスの使用回数に制限はありませんが、使えるのはあくまでどこにも石を置けない場合のみです。一箇所でも打てる場所があったならば、たとえ打てば不利になる状況でもパスを使うことはできません。

このように交互に打ち、互いの石を取り合い、時にはパスをしながら最後まで続けていくことがオセロの基本的な流れになります。

次のページ:初心者にオセロを強くなるコツは?

初回公開日:2018年04月27日

記載されている内容は2018年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests