Search

検索したいワードを入力してください

普通郵便が届かない確率・理由・問い合わせ方法|定形外

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普通郵便が届かなかったことは、経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。相手から届いていないよと言われて発覚するケースがほとんどです。どのくらいの確率で普通郵便が届かないことがあるのか、問い合わせの仕方などを紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

普通郵便が届かない確率

普通郵便が届かない経験がある人もいるのではないでしょうか。普通郵便が届かない確率は低いですが、たまにあります。届かない事が分かる場合と分からない場合があります。

送り主からの連絡で初めて届かないという事を知らされることもあるでしょう。気付かない場合は、そのまま紛失にも気付かないです。

楽しみに待っていた郵便であれば届かない時のショックは大きくなるので、紛失も誤配もあってはならないことです。

定形外

現在は、オークションやフリーマーケットサイトへの出品も多く、定形外郵便を利用する人も増えています。普通郵便より定形外郵便の方が、大きく厚みもあり料金も高いので届かない確率は普通郵便よりは低くなると言われています。

送料は定形外の方が高いので、しっかりと届くことが多いのですが、たまに届かないことがあります。実際に届かない場合や届いていない場合には、相手から連絡が来ることでしょう。それで発覚することがあります。

郵便が届かないととても悲しい気持ちになります。

普通郵便が届かない理由

普通郵便が届かない場合の理由は、郵便配達員が違う人の家に届けてしまういわゆる誤配が多いと言われています。誤配の場合は、間違えて投函された家の人が届けてくれたり、郵便局に返してくれると届くことはありますが、放置されたり捨てられた場合には届きません。

その他の理由に、郵便配達員による紛失や、配達先の住所や名前、差出人の住所と名前がしっかりと書かれてないことがあげられます。届くこともありますが、何かあった場合には届かないです。

理由はどうであれ、郵便物が届かないというのは、誰かに見られていることも考えられます。情報が洩れてしまうこともあるので、怖いです。

普通郵便が届かない場合の問い合わせ方法

普通郵便が届かない、あるいは、届いていないと連絡を受けた場合には、最寄りの郵便局に電話をしましょう。届け先の郵便局に連絡をして配達をしたかなどに連絡を取ってくれます。普通郵便は小さいので、配達をしているという事が多いのですが、紛失の手掛かりになるものは出てこないことがほとんどと言われています。

見つかったかどうかは後日連絡をくれますが、どこかで紛失している場合は見つからない事が多いです。

調査

普通郵便や定形外郵便が届かない場合は、最寄りの郵便局に電話をして状況を伝えます。そうすると追跡調査をしてもらえます。最寄りの郵便局と配達先の郵便局の配達記録を探してくれたりします。

郵便局で止まっていたりする場合は見つかるのですが、誤配や郵便配達員の紛失の場合はほとんど見つからない事が多く、届かないので泣き寝入りすることになります。追跡調査と言っても見つかる確率が低いのが郵便物です。

見つかることはほぼないのですが、調査をしましたと2から3回ほど連絡をしてくれます。

フリマサイトでの普通郵便が届かない場合の対処法

メルカリ

今は、メルカリ人口はかなり増えています。普通郵便を利用する機会も多いでしょう。フリマサイトで買ったり売ったりしていると、一度は郵便トラブルに巻き込まれることは覚悟しておいた方が良いです。

メルカリは郵便物紛失の責任を取ってくれないので、売り手と買い手で相談してどうするか決めないといけません。普通郵便で送れる程度だとそれほど高額な商品ではないので、売り手か買い手が負担するのが良いです。

よく相談して解決しましょう。

フリル

フリルもしっかりとした会社ですが、郵便トラブルに関しては一切保証してくれません。なのでもし普通郵便が届かない場合は、受け取り手が届かないと嘘を言っている可能性もあり得るので、郵便局に連絡をして追跡調査をしてもらいましょう。

追跡調査もですが、一応連絡を入れておきましょう。そして取引相手と連絡を取り、しっかりとお互いが納得をするまで話あってから今後どうすることにするかを決めましょう。

フリーマーケットの売買には、郵便トラブルは付き物と言われています。

意外と見つからない普通郵便

普通郵便が届かなくて、郵便局に連絡をしてもなかなか見つかった事例は少ないと言われています。何の保証も付いていない紙ですから見つかる可能性が低いのでしょう。厚みがある物は送れない普通郵便ですから、よっぽど高価な物が入っていることはありません。

現金などを送りたい場合は、必ず現金書留などを使うようにして下さい。普通郵便にお金を入れて届かなかったら大変困りますし、注意しましょう。

覚悟が必要

普通郵便で手紙や薄い物を送る場合は、保証がないから紛失するかもという覚悟を持っておいた方が良いです。もし、紛失されたら困るという物は普通郵便で送らず、ゆうパックなどの追跡をしてもらえるのを利用しましょう。

普通郵便で送った方が安いのですが、保証がないので怖いところです。少し高くても保証付き、受け取り印が必要な方法で送ってください。その方が安心が得られます。自分の郵便は、自分で守ることも大事です。

大切な物を送る場合

大切な物を送る場合は、相手の受け取り印が必要なレターパックプラスやゆうパックを必ず利用してください。普通郵便は、受け取り印などがいらないため安全性が低い商品です。送料が安いので仕方がないところです。

紛失の危険性も秘めているので、本当に大切な物の場合は送り方を選ぶ必要があります。

一番安心できる郵便

自分が送る際には、一番安心できる郵便は何かをまず探しましょう。手紙以外の物を普通郵便で送ろうと思う場合は、必ず他の選択肢も視野に入れてみましょう。少なからず不安がある場合は普通郵便で送るのはやめた方が良いです。

一番安心できる方法で送るのがスムーズに届けるのにぴったりです。

届かなかった場合を考える

大切な郵便を送る場合は、ちゃんと相手に届くかどうかを考えたいです。もし万が一届かなかったことを考えましょう。届かないことを考えると怖くなるようであれば、保証付きの郵便を選んで送るようにしましょう。

頻繁に紛失が起こっているわけではありませんが、もしもの時に備えるということは大切な事です。トラブルはなるべく避けたいところです。

誤配の場合

他の人の郵便物が間違って届くことは、ごく稀にですがあります。その場合は、届くべき人の家に届けてあげるのが一番ですが、家が分からない場合は郵便局に届けるか郵便ポストに再び投函しましょう。

人によっては届けたりせずに、自宅で捨ててしまったり封を開けてしまうこともあります。そうなってしまえば、普通郵便には追跡調査ができないので当たり前ですが見つからないです。

誤配を見つけた場合は、届けましょう。

トラブルなく利用するには

郵便が届かなくてくやしい思いをして、送り方を考えるようになったという人もいるそうです。郵便トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、送る物に適した方法を郵便局で紹介してもらいましょう。

送り先の住所と氏名はきちんと読みやすく書きましょう。そして自分の住所と氏名の書き忘れにも注意しましょう。これを守って利用すれば、郵便局の紛失がなければ、ほとんど届きます。


私たちにできることは、送る手段を選び郵便を守ることです。

Latests