Search

検索したいワードを入力してください

網戸の目隠しにおすすめのシート・グッズ・DIY方法|夜

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

夏に限らず、暑い時はまず最初に窓を開けて網戸で過ごすものですが、網戸にした時の難点というのは部屋の中が見えやすくなってしまうという事です。住宅事情などでは大問題になるこの問題を解決する方法はないのでしょうか。色々調べてみたいと思います。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

網戸の目隠しにおすすめのシートとは?

夏に近づき花粉症のシーズンが完全に終わると、換気のためや風を入れるために網戸にする人が多くいますが、網戸にしていると外から家の中が見えるようになってしまうのが困ります。この問題を解消する簡単な方法は、レースのカーテンを購入して閉める方法ですが、レースのカーテンだけだと中が見えているような気がして少し落ち着きません。

そこで、網戸全体に貼る事ができるシートがあれば便利なのですが、実は花粉症のシーズンになると販売される花粉防止シートが網戸の目隠しとしても使えます。きちんと網戸を拭き、汚れなどを落としてから貼り付けることがコツになります。これさえちゃんと守っていれば、最低でも3カ月位は網戸の冊子に張り付いたままになっているので、たいへん経済的です。

花粉症のシーズンが終わると花粉症用品は片づけてしまう人もいますが、花粉症シートだけは剥がさないでおきましょう。

100均

100均の商品を使用して網戸に目隠しをする方法ですが、メッシュタイプのカッティングシートを網戸に貼り付ける事でしっかり目隠し効果が得られます。このカッティングシートを使用した網戸の目隠し方法なのですが、まずは網戸をよく拭き内側の汚れを落とし、その後網戸の大きさに合わせてカットします。そしてそれを網戸の貼り付ければ完成です。

また、これ以外にも夏に入ると販売されるようになるすだれも、網戸の目隠しとして使用する事ができ、日陰の効果もあるので部屋の中の温度を下げる効果もあります。このすだれを使用する網戸の目隠しの方法は、面格子がついている窓の人でも紐ですだれと面格子をくくりつける事で使用する事ができる上に、不要な時は取り外す事ができるのでとても便利です。

夜の網戸の目隠し方法って?

屋外に比例して屋内が明るいと外が丸見えになりやすくなるのですが、夜間はこの原理のせいで日中は確実に外からの目隠しとしての機能を果たしているレースのカーテンをしていても中が見えてしまいます。

これを防ぐためには、先に紹介した花粉を室内に入れないようにする時に使う花粉よけシートを網戸に張り、さらに外から見えにくくするタイプのレースカーテンをすると、確実に夜間でも外が見えづらくなる目隠しになります。

もう1つ夜間に見えづらくする方法があり、それは物干し竿に使うタイプの大きめの洗濯バサミを使い、カーテンの下半分を持ち上げて風通しの良さを考えた目隠しにすると言う方法があります。

この方法だと、洗濯バサミが見えるので外から見た時少し残念な見た目になると言う点がありますが、網戸のままでも簡単に目隠しができるので、簡単で非常に有効な手段になります。

網戸の目隠しにおすすめのグッズは?

ところで、網戸だけの状態にしても外から部屋の中が見えにくくなる目隠しの方法は分かりましたが、もっと気軽な方法で確実に目隠しをする方法はないのでしょうか。そこで、網戸の目隠しをするのにとても良い商品を紹介します。

風通しが良い

網戸に限らず目隠しをした時の難点というのは、目隠しとしての機能を優先すれば風通しが悪くなり、風通しを重要視すれば目隠しとしての機能が損なわれる、と言う事にあります。

しかし、やはり道路に面した場所に住んでいる場合、目隠しをしないと言う訳にはいきませんので悩むでしょう。この問題を解消する商品を紹介します。

網戸専用目隠しカバー「アミシェード」掃出しサッシ用

「リビングの窓を開けたいけど、視線が気になって開けられない」と言うお客様の窓の関するお困りを解消するために開発された、スタイリッシュな網戸の目隠しです。特許を取得している独自開発の構造により、昼も夜も中が見えにくく外からの視線が気にならなくなります。

もちろん、室内遠くないの明るさの差による夜間に室内が見えやすくなると言う問題も可能かな限り軽減しています。サイズは幅60cm×奥行き1.2cm×高さ171.5cmから用意されており、最大幅81cm×奥行き1.2cm×高さ201.5cmまで合計8種類あります。組み立て式で組み立てるには大人2人で20分程かかりますが、仕上がりはすごく綺麗な商品です。

おしゃれ

しかし、いくらスタイリッシュな網戸用目隠しがあったとしても、実用性を重要視しているのでおしゃれと言う訳ではありません。どうせだったらインスタ映えしそうな、友達に自慢ができるおしゃれな目隠しを紹介します。

ペンダント付き欧米人気おしゃれレースカーテン

おしゃれな目隠しカーテンを探してらっしゃる方におすすめするのは、こちらの目隠しカーテンになります。とてもロマンチックな感じがするので万人受けはしませんが、これを窓に垂らすだけで部屋が一気に華やぎ、家のインテリアとしても良い目隠しカーテンになります。

しかし、こんなにおしゃれなのに実は遮光性が40%もあり、防カビ加工と断熱効果もあるなかなかの実力派なので、おしゃれなだけで実用性には欠けるのではないのかと言う心配はありません。

さらに色にまで考慮されており、今回紹介したコーヒー色以外にもグレートパープルを用意しています。同じデザインなのに色だけでとても違いが出ますので、何色か持っておいて気分に合わせて交換すると言う事もできます。

すだれ

ところで、夏になると販売され目隠しとしての効果もあるすだれですが、このすだれに目隠し効果が強いものというのはあるのでしょうか。実は、一般的に販売されている竹枝でできたすだれには、目隠し効果はあまりないと言われています。

では、どのようなすだれを使用すれば目隠しとしての機能を重視する事ができるのでしょうか。それは、今から紹介する商品を含む布タイプの洋風すだれになります。

こちらのすだれですと遮光効果や遮熱効果が付属しているので、目隠し以外にも日よけとして使用する事もでき、事実あるのとないのでは不在にしている間の室内温度が違うので、エアコンも少ない電力で使う事ができるようになります。

防虫サンシェード

一見すると普通のすだれですが、縦糸に防虫剤が練りこんであり小型の虫が嫌がって寄り付かなくなる効果があります。遮熱効果も50%あり、真夏の日よけとしての効果はもちろん、室内の気温が上がり過ぎるのを予防する効果があります。

紫外線を86%もカットするので日焼け予防効果も期待でき、室内でのうっかり日焼けを予防する事ができます。もちろん、通気性と日中の目隠し効果もバッチリなので、すだれに目隠し効果だけなく色々な効果を求めたい人に最適な商品になっています。

遮光

では、洋風すだれが遮光と目隠しの療法の効果を持つのなら、遮光カーテンで目隠しにするという事はできるのでしょうか。普通、遮光カーテンと言うとごく普通のカーテンになりますので、風通しに関しては遮る方になってしまいます。

しかし、遮光カーテンとしての機能がありつつも目隠しにもなり、風通しも良いと言う遮光カーテンはあるのでしょうか。そんなわがままな希望を叶えるカーテンを探していたら、このような商品が見つかりましたので、紹介します。

超薄い目隠し遮光遮熱リビング

紹介用の画像は何枚かを同時に吊り下げた状態なのですが、この時点でもすごく綺麗な色合いになっている半透明のカーテンですが、実はこれが遮光カーテンです。半透明に見える程薄いカーテンなので、一部の強い光を遮るだけと言う遮光カーテンですが、風通しと目隠しとしての効果を両方持ち、色を工夫すれば意外と外がから見えていません。

ちなみに、色は12色あり色が濃ければ濃い程目隠しとしての効果を発揮するのですが、画像を見て目隠しとしての効果を確認する事ができるので、思ったよりも目隠しにならない、と言うようなことをできるだけ回避する事ができます。

網戸の目隠しにおすすめのレース

ところで、網戸の目隠しに使えるカーテンと言うとレースカーテンが一般的ですが、こちらに目隠しの効果が強いと言う商品はあるのでしょうか。目隠し効果が強いレースカーテンと言うのはミラーレースカーテンと呼ばれていて、光を反射する特別な糸を使用して作られているレースカーテンになります。

この特殊な糸を使用しているため全体的に鏡のような構造となっており、日中外から中が見えるのを防ぐ効果があります。しかし、この効果が高いミラーレースカーテンは通気性が悪く、網戸を開けていても風が室内に入ってこないと言う点が残念な所になりますが、この通気性と目隠し効果を両立したミラーレースカーテンと言うのはないのでしょうか。

暖房熱を外に逃さないレースカーテン

そこで、おすすめをしたいのがこの商品になります。日中と比べると目隠し効果が薄くなってしまう夜間でも目隠し効果を維持し、昼夜関係なく網戸を開けたまま過ごせるようにします。もちろん、通気性もしっかり保証されており、目隠し効果を重要視したミラーレースカーテンにありがちな「通気性が悪い」と言う点を解消してます。

さらに紫外線を94%カットし保温効果と断熱効果があるため、室内の冷暖房も効率よく使用する事ができる上に、なんと防炎加工がなされていると言う商品なので、もし万が一火事が起きた場合でも安心できます。

西向きの窓に使用、さほど部屋が暗くならず、外からはかなり見えずらい、艶のある白なので部屋自体が明るくなった様に感じます。
この製品を買って良かった。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E6%9A%96%E6%88%BF%E7%8... |

網戸の目隠しのDIY方法

ところで、網戸の目隠しに良い商品が色々あるのが分かりましたが、網戸の目隠しを自分で作る方法というのはないのでしょうか。最初に、網戸に花粉よけのシートを貼り付けて目隠しにするアイデアを紹介しましたが、これをレースにしても目隠しとしての効果を発揮し、おしゃれな網戸を作る事ができます。

方法はとても簡単で、気に入ったレースがあったら網戸のサイズに切り、よく吹いて汚れを取り除いた網戸に接着剤や強力な両面テープで貼り付けるだけです。たったこれだけで、世界に一つしかないオリジナルの網戸目隠しを作る事ができます。

プライバシーを保ちつつ快適に暮らそう

網戸の目隠し方法を色々紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。節電の事を考えると、暑い時はまず窓を開けて網戸だけにして過ごす事が良いのですが、やはりプライバシーの保持も欲しいです。今回紹介した商品やDIY方法は、そのようなプライバシーの保持をしながら快適に過ごすために役に立ちますのでぜひ試してみてください。

Latests